「映画賞受賞作」映画一覧(4ページ目)

映画賞受賞作タグのついている映画は、アカデミー賞やカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭などで、名誉ある賞を受賞した、歴史に残る優れた作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「わたしは、ダニエル・ブレイク」「ラ・ラ・ランド」「めぐりあう時間たち」などがあります。

映画:クロスレンジ報復の時
クロスレンジ 報復の時の紹介:本作が長編映画デビューとなるグレン・カービー監督によるサスペンス。フランスのアルプスを舞台に、精神が病んだ元軍人の男と彼に復讐心を抱く女性との交流と衝突を描いていく。2016年チェルシー映画祭では、ララ・レモンが助演女優賞を受賞した。2016年イギリス・フランス・アイルランド合作。 ネタバレを読む
映画:地上最大のショウ
地上最大のショウの紹介:セシル・B・デミル監督によるサーカス団の豪華絢爛なショーを描いたドラマ映画。実在したサーカス団、リングリング・ブラザースをモデルにしており、チャールトン・ヘストンがサーカスを束ねる座長を演じた。主役の座を巡る争い、団員同士の三角関係、サーカス団の危機など、様々な物語を描いていく。第25回アカデミー賞では、作品賞と原案賞に輝いた。1952年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:ムービー43
ムービー43の紹介:ヒュー・ジャックマン、ケイト・ウィンスレット、リチャード・ギア、ナオミ・ワッツ、ハル・ベリー、クロエ・グレース・モレッツ、その他大勢。豪華な出演メンバーが、揃いも揃って下品でしょーもないエピソードに出演している、トンデモ大バカ映画です。タグに「映画賞受賞」を付けましたが、「裏アカデミー賞」「サイテー映画賞」とも呼ばれる、その年最も酷かった映画を選出する「ラジー賞」で、ワースト作品・ワースト監督・ワースト脚本・ワーストスクリーンコンボ賞に輝いています。 ネタバレを読む
映画:バルカン超特急
バルカン超特急の紹介:アルフレッド・ヒッチコック監督によるミステリースリラー。エセル・リナ・ホワイトの小説を映画化した作品で、突然姿を消した老婦人の謎を追う若い男女の姿をスリリングに描いていく。1938年イギリス製作。第4回ニューヨーク映画批評家協会賞では、監督賞を受賞した。 ネタバレを読む
映画:荒野の決闘
荒野の決闘の紹介:ジョン・フォード監督、ヘンリー・フォンダ主演の西部劇で、ワイアット・アープがOK牧場の決闘に至るまでの物語を描いた作品。スチュアート・ナザニエル・レイクによるワイアット・アープの半生記を原案としており、宿敵との対決、友情や恋愛の人間ドラマが描かれていく。第18回ナショナル・ボード・オブ・レビューでは、作品賞トップ10に選出された。1946年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:エンジェル見えない恋人
エンジェル、見えない恋人の紹介:姿の見えない少年と盲目の少女の恋物語を幻想的な映像で描いた青春ドラマ。ベルギーのアカデミー賞にあたるマグリット賞では、ヒロインの10代時代を演じたマヤ・ドリーが有望女優賞を受賞した。2016年ベルギー製作。 ネタバレを読む
映画:昼下りの情事
昼下りの情事の紹介:ビリー・ワイルダー監督、オードリー・ヘプバーン、ゲーリー・クーパー主演のロマンティックコメディ―。クロード・アネの小説を映画化した作品で、遊び人の実業家とパリの娘との恋をユーモラスに描いていく。「麗しのサブリナ」、「パリの恋人」に続き、ユベール・ド・ジヴァンシーがオードリー・ヘップバーンのために衣装を製作した。第10回全米脚本家組合賞では、コメディ部門の最優秀脚本賞を受賞した。1957年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:ワイルドクラッシュ
ワイルドクラッシュの紹介:荒廃した世界を舞台にしたカーアクション映画。危険な仕事を引き受けてしまった運び屋の兄弟の冒険を描いていく。2018年のブラッド・イン・ザ・スノウ・カナディアン映画祭では、撮影賞を受賞した。2018年カナダ製作。 ネタバレを読む
映画:フレンチコネクション
フレンチ・コネクションの紹介:ウィリアム・フリードキン監督、ジーン・ハックマン主演のアクションスリラー。ロビン・ムーアのノンフィクション小説を映画化した作品で、ニューヨークを舞台に国際麻薬組織と闘う刑事たちの姿を描いていく。第44回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞、監督賞、脚色賞、編集賞を制した。1971年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:パリの恋人
パリの恋人の紹介:スタンリー・ドーネン監督、オードリー・ヘップバーン、フレッド・アステア主演のロマンティックコメディ。パリを舞台に、モデルとしてスカウトされた古本屋店員の女性とベテランカメラマンの恋模様を描いていく。第29回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞では、トップ10入りを果たした。1957年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:キューポラのある街
キューポラのある街の紹介:浦山桐郎の初監督作で、吉永小百合が主演した青春ドラマ。原作は早船ちよの同名小説で、鋳物工場の煙突「キューポラ」が何本も立ち並ぶ埼玉県川口市を舞台に、貧困にくじけず生きようとする少女の姿を描いていく。第3回日本映画監督協会新人賞では日本映画監督協会新人賞を、第13回 ブルーリボン賞では作品賞と主演女優賞を受賞した。1962年日本製作。 ネタバレを読む
映画:駅馬車
駅馬車の紹介:巨匠ジョン・フォードが監督、クレア・トレヴァー、ジョン・ウェインが主演を務めた西部劇。アーネスト・ヘイコックスによる短編を映画化した作品で、駅馬車に乗り合わせた人々のドラマを描いていく。第12回アカデミー賞では、助演男優賞と作品賞に輝いた。1939年アメリカ製作。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×