「近未来」映画一覧(2ページ目)

近未来タグのついている映画は、近い未来の現実世界を予測した、科学技術の発達した都市やロボットなどを設定とした作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ダイバージェント」「ターミネーター」「20世紀少年」などがあります。

ギヴァー 記憶を注ぐ者の紹介:2014年公開のアメリカ映画。争いなど排除された近未来の管理社会を舞台に、記憶を受け継ぐ使命を与えられた若者が、ある男性と出会って大切なことが何か気づいていく姿を描いている。ロイス・ローリーの児童文学が原作。フィリップ・ノイスが監督を務め、ジェフ・ブリッジス、メリル・ストリープ、ブレントン・スウェイツ、テイラー・スウィフトなど豪華出演で贈る作品。

ネタバレを読む

アンドロイドコップの紹介:2014年制作のアメリカ映画。未来の世界を舞台に、極秘開発されたアンドロイドコップの活躍を描いた作品。犯罪者の集まる無法地帯と化した地域に、警官ハモンドとアンドロイドコップが市長の娘を助けに向かうSF・アクション。

ネタバレを読む

モーガン プロトタイプL-9の紹介:2016年製作のアメリカ&イギリス合作映画。『ブレードランナー』のリドリー・スコットが製作を手掛けたSFアクションスリラー。人工生命体のL-9・モーガンが研究者を襲う事故が発生する。調査のためにリー・ウェザーズが派遣されるが、モーガンが心理評価中に混乱し始め…。

ネタバレを読む

バトルランナーの紹介:1987年のアメリカ映画。数多くのホラー映画の原作者として有名なスティーヴン・キングが、リチャード・バックマンの名義で発表した同名小説の映画化作品。アクション映画スターとしての地位を築いたアーノルド・シュワルツェネッガーの主演により、サスペンス色の強い原作をより娯楽志向なアクション映画として製作された。監督はテレビシリーズ『刑事スタスキー&ハッチ』の主演を務め、同作で監督としてデビューしたポール・マイケル・グレイザー。脚本は
『コマンドー』『ダイ・ハード』などで知られるスティーヴン・E・デ・スーザ。

ネタバレを読む

VR ミッション:25の紹介:2016年公開のイギリス映画。何者かの陰謀によって、バーチャル・リアリティの中での出来事と現実がリンクする恐ろしいゲームに参加する事になった男女の運命を描くSFサスペンス。『イントゥ・ザ・ストーム』のマックス・ディーコンや『高慢と偏見とゾンビ』のモーフィッド・クラークら期待の若手俳優たちがゲームの参加者役を演じる。

ネタバレを読む

アフター・アースの紹介:2013年製作のアメリカ映画で、M・ナイト・シャマラン監督によるSFヒューマンドラマ。物語の原案はウィル・スミスによるもので、息子のジェイデンとともに主演も務めている。31世紀の宇宙を舞台にした物語で、伝説の戦士である父親とその息子が謎の惑星に不時着し、そこから脱出するために奮闘する姿を描いていく。

ネタバレを読む

素敵な相棒 ~フランクじいさんとロボットヘルパー~の紹介:2012年制作のアメリカ映画。元泥棒の老人と最新型のロボットが、絆と友情を育んていく姿を描いている。ジェイク・シュライアー監督の異色のコメディドラマで、フランク・ランジェラ主演で贈る作品。

ネタバレを読む

トラベラーズ 次元警察の紹介:2013年制作の日本映画。次元警察官を主人公に、セクシーなヒロインたちが火花を散らす姿をハードに描いた作品。監督は坂本浩一が務め、主演は長澤奈央、木下あゆ美で贈るSFアクション。セクシーなヒロインたちの熱いバトルは見もの。

ネタバレを読む

マッド・ガンズの紹介:2014年公開。近未来を舞台に、砂漠で暮らす家族に起こった悲劇と復讐を描いた作品。監督・脚本・制作は「恋愛上手になるために」のジェイク・パルトロー。豪華な出演陣は「テイク・シェルター」のマイケル・シャノン、「アバウト・ア・ボーイ」のニコラス・ホルト、「マレフィセント」のエル・ファニング、「モールス」のコディ・スミット=マクフィー。

ネタバレを読む

グシャノビンヅメの紹介:百層超の階層都市に住む女子高生ルキノが乗り込んだ大型高速エレベーター”移動機筒”が事故により停止、護送中の囚人により瞬く間に崩壊、”愚者の瓶詰”に成り果てる…という2003年製作のSF・ホラー。監督/脚本は「血まみれスケバンチェーンソー」「少女椿」で知られる山口洋輝。撮影当時22歳の現役大学生で本作が劇場デビュー作。自主制作作品「深夜臓器」で第2回インディーズムービーフェスティバルのグランプリを受賞したことから助力を得て、劇場公開用インディーズ作品として製作された。特殊メイクは「ナルニア国物語」「エイリアンVSプレデター」などで知られるAKIHITO。美術は宮下忠也、音楽は岡田修、no.9、サカタマコトなど。

ネタバレを読む

インフェクション/感染の紹介:2014年制作のアメリカ映画。生物兵器によって感染が広がる世界を舞台に、3組の男女の運命を描いている。フランク・ランジェラ、ジョシュ・ハートネットなど実力派が出演した作品。原題はPARTS PER BILLION。

ネタバレを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年)の紹介:2017年に公開されたアメリカ映画。1980年代に刊行され、その後の数多くのSF作品に多大な影響を与えた日本の漫画家・士郎正宗の『攻殻機動隊』の初の実写映画化作品。1995年にアニメ映画として製作された押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』にも大きな影響を受けている。監督はイギリス出身で『スノーホワイト』でハリウッドに進出したルパート・サンダース。主人公・公安9課の「少佐」役を『アベンジャーズ』で人気となったスカーレット・ヨハンソン、その上司役をビートたけしが務めている。メインキャラクターの日本語吹き替えには、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』やテレビアニメシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』と同じ声優が起用されている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。