「近未来」映画一覧(9ページ目)

近未来タグのついている映画は、近い未来の現実世界を予測した、科学技術の発達した都市やロボットなどを設定とした作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ダイバージェント」「ターミネーター」「20世紀少年」などがあります。

ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕の紹介:2005年公開のアメリカ映画。アメリカン・コミックの『ファンタスティック・フォー』を原作としたSF映画、アクション映画である。ある日突然、超能力を身に付けた4人の活躍を描く。

ネタバレを読む

2001年宇宙の旅の紹介:木星探査に向かう宇宙船のクルーが見舞われる事件、そしてその先に待つ地球外の存在との接触を描いた映画です。高品質なSFXで描かれるリアルな宇宙空間、難解なストーリーなどが特徴でSF映画の古典とされる名作です。

ネタバレを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの紹介:2012年公開の日本アニメーション映画。一世を風靡したテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版全4部作の第3弾。前作よりもオリジナル要素が強く、渚カヲルを迎えクライマックスに向け話が展開する。

ネタバレを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の紹介:2009年公開の日本アニメーション映画。一世を風靡したテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版全4部作の第2弾。今作品以降は既存のストーリーを基盤にしつつ新たな機体やキャラクターが登場する。

ネタバレを読む

モモ(1986年)の紹介:1986年公開の西ドイツ&イタリア映画。ミファエル・エンデの不朽の名作(児童文学)『モモ』を、ヨハネス・シャーフ監督が映像化した。生きることの喜び、時間の大切さなどを描いたファンタジー映画。

ネタバレを読む

アバターの紹介:戦争で足が動かなくなった主人公(地球人)が双子の兄弟が死亡し代理としてアバターになる。アバターとは異星人の体を遠隔操作すること。異星人の星には大量の有用資源が眠る。アバターを操作し現住民(異星人)と交渉にあたる。しかし地球乱暴なやり方に不満を持つ主人公はやがて反抗していく。

ネタバレを読む

ターミネーター4の紹介:2009年公開のアメリカSF映画。ターミネーターシリーズの第4作にあたる。前3作で断片的に語られていた、核戦争後の世界で生き残った人類とそれを絶滅しようとするスカイネットの機械軍との全面戦争を描く。

ネタバレを読む

ターミネーター3の紹介:2003年公開のアメリカSF映画。『ターミネーター』(1984年)、『ターミネーター2』(1991年)から続くシリーズの第3作にあたる。シリーズ中初の女性の容姿をしたT-Xという型のターミネーターが登場する。

ネタバレを読む

ターミネーターの紹介:1984年のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロンが監督を務め、ボディビル出身の俳優アーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げ、続編が3つシリーズ化されたSF映画として知られる。

ネタバレを読む

ハンガー・ゲームの紹介:2012年公開のアメリカのアクション映画。スーザン・コリンズの同名のシリーズ小説(三部作)を原作としている。翌2013年に続編「ハンガー・ゲーム2」も公開され、映画も小説同様、三部作(3は二部構成)になる予定である。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。