「オカルト/心霊」映画一覧(2ページ目)

オカルト/心霊タグのついている映画は、悪魔や幽霊といった出演者が登場し、心霊現象など超常現象を設定としており、夏の夜を涼しくするストーリー展開の作品が多く、どちらかと言えば大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「悪魔の棲む家」「デスフォレスト 恐怖の森」「リーピング」などがあります。

映画:ゴーストオブマーズ
ゴースト・オブ・マーズの紹介:「ハロウィン」や「遊星からの物体X」などを手掛けた、ジョン・カーペンター監督によるSFアクション・ホラーです。人類が移住を始めた火星で、火星に住み着いていた「邪悪な存在」と対決することになるヒロインとその一行の激闘ぶりを描いています。「トランスポーター」に出演する前のジェイソン・ステイサムが出演しているのも見どころのひとつです。 ネタバレを読む
映画:パラダイム
パラダイムの紹介:「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで有名なジョン・カーペンター監督が手がけた、1987年製作のオカルトホラーです。教会が長い間秘密裏にしていた謎の物体を解析しようと試みた研究チームが、予想もしない恐怖に見舞われる・・・!という物語で、悪魔的な存在を科学で実証しようという設定が珍しいオカルトものになっています。 ネタバレを読む
映画:ヴァンパイア最期の聖戦
ヴァンパイア/最期の聖戦の紹介:「ハロウィン」「遊星からの物体X」などで知られるジョン・カーペンター監督の手がけた、ヴァンパイアとその「始末人」との死闘を描いた作品です。始末人のリーダーを演じるジェームズ・ウッズ始め、ダニエル・ボールドウィン、マクシミリアン・シェル、「ツイン・ピークス」のローラ・パーマー役で有名なシェリル・リーなど、豪華キャストが揃ったヴァンパイアものになっています。 ネタバレを読む
映画:SHOOT X ~霊撮ゲーム~
SHOOT X ~霊撮ゲーム~の紹介:2018年に公開された日本のホラー映画です。藤江れいな、桃咲まゆ、古野あきほの3人の女性芸能人が実名で登場するモキュメンタリーホラーとなります。そのため全編通してハンディカメラの映像で物語は進んでいきます。さらに主演女優の3人以外はほとんど名前が出てこず、詳細な説明もあまりないため、どういう役柄かも作中ではほぼ明らかにされていません。ですので役名もなく、数人の名前はよく分からないという状態になっています。 ネタバレを読む
映画:ドントヘルプ
ドント・ヘルプの紹介:イーライ・ロス監督の「ノック・ノック」の脚本などを担当した、ギジェルモ・アモエド監督・脚本のメキシコ産オカルトホラーです。裕福な家に強盗に入った3姉妹が体験する、恐ろしい一夜・・・という物語で、ベースは「エクソシストもの」なのですが、かなりヒネった筋書きになっているのが特徴です。 ネタバレを読む
映画:アナベル死霊博物館
アナベル 死霊博物館の紹介:2019年9月20日公開のアメリカ映画。ジェームズ・ワンが監督を務め、シリーズ化されたホラー「死霊館」に登場する、呪いの人形“アナベル”の恐怖を描いたシリーズ第3弾。超常現象を研究するウォーレン夫妻の自宅に封印されたアナベルの呪いが解かれたことで、一家は恐ろしい現象に見舞われる。前2作の脚本を手掛けたゲイリー・ドーベルマンが監督と脚本を担当し、「死霊館」シリーズのパトリック・ウィルソン、ベラ・ファーミガ、『キャプテン・マーベル』のマッケナ・グレイスらが出演。 ネタバレを読む
映画:ゆがみ。~呪われた閉鎖空間~
ゆがみ。~呪われた閉鎖空間~の紹介:2014年に公開された日本のオムニバスホラー映画です。閉鎖空間で起こる霊現象の数々をテーマとした8つの短編ホラーから成る作品で、様々なバリエーションでストーリーが展開されていきます。これら8つのオムニバスホラーは8人の主演と4人の監督の手によって制作されており、それぞれ違う特色を出しているのも特徴の1つだと言えるでしょう。なお本作には今ブレイク中の相楽樹氏が出演しています。 ネタバレを読む
映画:アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所
アミティヴィル・シアター 悪魔が棲む場所の紹介:2015年に公開されたホラー映画です。実話を映画化したという「アミティヴィルの恐怖」を原作とした話になっていますが、家が劇場になっているなど、いろいろと違う部分もあります。さらに本作は「悪魔の棲む家シリーズ」としては13作目に当たる作品ですが、内容そのものは独立しており、前作との関連性もありません。なおジョン・R・ウォーカー監督はスチュワート役として出演しています。 ネタバレを読む
映画:こっくりさん 恋獄版
こっくりさん 恋獄版の紹介:2014年に公開された日本のホラー映画です。「こっくりさん」をきっかけに次々と人が死んでいくというストーリーで、ホラーとミステリーの要素が合わさった作品となっています。ただし「こっくりさん」の要素はそこまで強くなく、ただ単に名前を借りているだけといった感じです。さらに本作はホラー映画ではありますが、オカルトなシーンはほとんどなく、そのうえ怖いシーンもあまり多くはありません。 ネタバレを読む
映画:セーラ少女覚醒(少女のめざめ)
セーラ 少女覚醒(少女のめざめ)の紹介:2014年製作のアメリカ&ベルギー合作映画。リメイク版『ペット・セメタリー』の監督コンビによるファンタジックホラー。セーラは女優を目指しているが、オーディションは落選続き。夢と才能がそぐわない現実に折り合いが付けられず、彼女の強い願望は恐ろしい力を呼び覚ましてしまう…。 ネタバレを読む
映画:闇刻の宴
闇刻の宴の紹介:2015年に公開された日本のホラー映画です。5人の監督が「女性の怖さ」をテーマとして、それぞれショートホラーを作り上げました。計6編の作品をオムニバスとしてまとめあげたのが本作となります。とはいえもともとはコンセプトが統一されていたわけではなく、「闇刻の宴」を上映するにあたって、選ばれたのがこの5作品というわけです。この5作品を繋がりのあるものにするため、「ひなげし」という話が追加され、1つのまとまった作品に仕上がったというわけです。 ネタバレを読む
映画:エンドレスナイトメア
エンドレス・ナイトメアの紹介:麻薬の使用で刑務所に収監されていた若い女性が、釈放後に立ち直ろうとするものの、陰謀により「邪悪なものを引きつける呪い」をかけられてしまう・・・というホラー映画で、ヒロインを次々襲う「邪悪なものたち」が、モンスターやゾンビなどのクリーチャーから、殺人鬼まで登場するバラエティの豊かさが特徴の作品です。 ネタバレを読む
映画:ひきこさんの惨劇
ひきこさんの惨劇の紹介:2013年に公開された日本のホラー映画です。タイトルからも分かる通り、都市伝説「ひきこさん」をテーマにしています。「ひきこさん」についての取材を進めるに連れて恐怖に引き込まれていくといった内容となっており、いわゆるフェイクドキュメンタリーというジャンルに当てはまります。そのため本当にあった出来事という体で進んでいき、ビデオカメラで撮ったシーンやインタビューシーンがところどころに挿入されています。 ネタバレを読む
映画:ポラロイド
ポラロイドの紹介:悪霊が取り憑いたポラロイドカメラの名機SX-70で撮影された若者が謎の死を遂げる2017年製作アメリカのホラー映画。監督はリブート版「チャイルドプレイ」(2019年)のラース・クレヴバーグ。主演は「僕のワンダフル・ジャーニー」のキャスリン・プレスコット。「THE JUON/呪怨」の老女役グレイス・ザブリスキーが出演している。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。