「オカルト/心霊」映画一覧(4ページ目)

オカルト/心霊タグのついている映画は、悪魔や幽霊といった出演者が登場し、心霊現象など超常現象を設定としており、夏の夜を涼しくするストーリー展開の作品が多く、どちらかと言えば大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「悪魔の棲む家」「デスフォレスト 恐怖の森」「リーピング」などがあります。

映画:ブレインデッド

ブレインデッドの紹介:「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」でアカデミー賞を総ナメにしたピーター・ジャクソン監督が、監督デビューの頃に製作していた「スプラッタ3部作」の3本目にして、スプラッタ映画史にその名を残す、一大スプラッタ祭り映画。マザコン気味の青年・ライオネルの母親が、動物園で違法輸入した凶暴な猿に噛まれてしまい、ゾンビと化してしまう。そこから巻き起こる、空前絶後、前代未聞の殺戮劇を描く。

ネタバレを読む
映画:鬼月

鬼月の紹介:中国人富豪の屋敷に住込み家政婦として雇われたアメリカ人女性が、中華圏内の風習”鬼月”のタブーを知らずに侵し怪異に巻き込まれるという、2009年制作のアメリカのホラー映画。監督/製作/脚本は「ターミネーターX」のダニー・ドレイヴン。

ネタバレを読む
映画:アダムスファミリー

アダムス・ファミリーの紹介:チャールズ・アダムスが生みだした一コマ漫画「アダムス・ファミリー」を原作とした映画です。アニメ版やドラマ版で人気を博したことがきっかけで、CGをフルに使った映画が制作されました。1991年当時の最新技術がふんだんに使われており、現実と虚構が入り混じったような演出になっているのが特徴的です。本作最大の特徴とも言えるのが、ゴシック様式を導入していることで、独特な雰囲気を持ったホラーコメディ映画となっています。

ネタバレを読む
映画:ブレインダメージ

ブレインダメージの紹介:1980年代初頭に、カルトホラーとして話題を集めた「バスケット・ケース」のフランク・ヘネンロッター監督が作り上げた、「バスケット・ケース」と同じく「異形のクリーチャー」が登場し、人々を翻弄していく作品。何百年もの間、人の脳みそを食らいながら生きてきた謎の生物・エルマーと、エルマーに出会ったことで人生を狂わせてしまった主人公の青年・ブライアンの苦悩を描く。

ネタバレを読む
映画:バスケットケース3

バスケット・ケース3の紹介:1980年代初頭にカルトホラーの名作として話題になった1作目、その8年後に製作されたパート2に続き、パート2の2年後に作られたシリーズ3作目、監督は前2作同様、フランク・ヘネンロッターが勤める。前作で、異形の者を匿う屋敷に住み始めたベリアルとドゥエインの兄弟が、また新たな惨劇に巻き込まれていく様を描く。

ネタバレを読む
映画:バスケットケース2

バスケット・ケース2の紹介:1980年代初頭にカルトホラー映画として注目を集めた1作目の「バスケット・ケース」から、8年ぶりに製作された続編。前作と同じく、フランク・ヘネンロッターが監督を勤める。前作のラストで死んだと思われていた異形の兄とその弟がまだ生きていたという設定で、2人は生まれつき異形の姿を持って生まれた者に理解のある人々と暮らし始めるものの、また新たな惨劇が生まれてしまう悲劇を描く。

ネタバレを読む
映画:ミューズ悪に堕ちた女神の魂

ミューズ 悪に堕ちた女神の魂の紹介:2017年製作のアイルランド&スペイン&フランス&ベルギー合作映画。『REC/レック』のジャウマ・バラゲロ監督が贈るサスペンスホラー。大学教授のサミュエルは教え子と交際していたが、ある日彼女が自殺してしまう。その後、女性が殺される夢を見るようになった彼は、夢に出て来た人物が犠牲となった事件を知る。

ネタバレを読む
映画:えじき

えじきの紹介:南北戦争時代のアラバマ。広大なトウモロコシ畑に佇む豪邸の廃墟に立ち寄った強盗団が屋敷に潜んでいた魔に襲われるという2004年制作のホラー映画。監督は「レッド・サンズ 呪われた兵士たち」のアレックス・ターナー、脚本は同作でもタッグを組んだサイモン・バレット。出演は「すべての美しい馬」のヘンリー・トーマス、ドラマで知られるニッキー・エイコックス、イザイア・ワシントン、「BUG/バグ」のマイケル・シャノンなど。

ネタバレを読む
映画:シルク(2006年)

シルク(2006年)の紹介:日本の天才物理学者が、反重力を作り出し幽霊を捕獲できる物質を開発するが、”死”に魅入られ暴走するという2006年公開の台湾のホラー映画。監督/脚本は「ダブル・ビジョン」のスー・チャオピン。出演は「レッドクリフ」「ブエノスアイレス」のチャン・チェン、「GOEMON」「戦国自衛隊1549」の江口洋介、「恋の風景」のカリーナ・ラムなど。美術は「キル・ビル Vol.1」「不夜城」の種田陽平。

ネタバレを読む
映画:インシディアス4最後の鍵

インシディアス 最後の鍵の紹介:2018年製作のアメリカ&カナダ合作映画。「ソウ」シリーズのリー・ワネル脚本・出演による、人気映画『インシディアス』の第4弾。超常現象の専門家・エリーズの下に仕事の依頼が入る。昔、彼女が暮らしていた家で起こる不可解な現象について相談され、エリーズは依頼を引き受けるが…。

ネタバレを読む
映画:オキナワノコワイハナシ2013

オキナワノコワイハナシ2013の紹介:2004年スタートの沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ。2012年以降は特番化され夏の風物詩となり、本作はその2013年夏放送分。盆に海に入ってはいけない禁忌「嵐声(あらしぎー)」、元屋(むーとぅや)の廃屋での怪異「屋敷神」、事故死した少女の怨念「てるてるぼうず」の3作品。

ネタバレを読む
映画:ブラックウィッチ

ブラック・ウィッチの紹介:2018年製作のカナダ映画。『ウィッチ』のプロデューサーが贈る、不気味な魔女の恐怖を描いたダークネスホラー。父が亡くなり情緒不安定となった母から異常な束縛を受けるリア。母からの干渉に耐えられなくなったリアは、黒魔術で魔女を召喚する儀式を行ってしまう…。

ネタバレを読む
映画:黒看 -クロカン-

黒看-クロカン-The Exorcist nurseの紹介:病院に渦巻く怨念を引き受ける看護師通称”黒看”を描いた2018年公開のホラー映画。原作は黒木あるじの「黒看」(「怪談実話傑作選『弔』」収録)。監督/脚本は「コープスパーティー」シリーズの山田雅史。主演は本作が映画デビューとなる”AKB48”の山田菜々美、クロカン役は”全力少女R”の百川晴香。

ネタバレを読む
映画:ミテハイケナイ都市伝説

ミテハイケナイ都市伝説~闇に葬り去られた人間失格者達~の紹介:「口裂け女2」「境界カメラ」などの映像メディアで知られる寺内康太郎が監督/脚本/編集を務める2013年制作のホラー・オムニバス。共同脚本は佐上佳嗣。ネトゲ廃人の闇「廃人生活」、とある山村の悲劇「占いの村探し」、自殺志願者への警鐘「殺人マニア」など10本を収録。出演は元SDN48のたかはしゆい、「おとぎ話みたい」の趣里など。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。