「オカルト/心霊」映画一覧(5ページ目)

オカルト/心霊タグのついている映画は、悪魔や幽霊といった出演者が登場し、心霊現象など超常現象を設定としており、夏の夜を涼しくするストーリー展開の作品が多く、どちらかと言えば大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「悪魔の棲む家」「デスフォレスト 恐怖の森」「リーピング」などがあります。

映画:ペイルライダー
ペイルライダーの紹介:クリント・イーストウッド監督、製作、主演の西部劇ドラマ。ゴールドラッシュに沸くカリフォルニアを舞台に、牧師風の謎の男が悪徳経営者に苦しめられる開拓民を救う姿を描いていく。タイトルのペイルライダーは、ヨハネの黙示録に登場する死を司る騎士を意味する。1985年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:霊界の扉ストリートビュー
霊界の扉 ストリートビューの紹介:2011年に公開された日本のホラー映画です。ストリートビューにまつわる都市伝説をテーマに据えた作品となります。本作に登場するストリートビューの写真は、実際のストリートビューでも閲覧できるそうです。まさにネット時代を反映したホラー映画だと言えるでしょう。ちなみに監督の古賀奏一郎氏はホラー映画を数多く手掛けている人で、主演の小野まりえ氏はホラー映画が大の苦手だそうです。 ネタバレを読む
映画:死霊の罠2ヒデキ
死霊の罠2/ヒデキの紹介:「日本初の本格スプラッター映画!」として1988年に公開された「死霊の罠」の、続編にあたる作品です。本作が公開された同時期に、テレビドラマ「ずっとあなた好きだった」の「冬彦さん」役でブレイクした佐野史郎が、本作でもインパクトのある狂気の演技を見せています。 ネタバレを読む
映画:道化死てるぜ!
道化死てるぜ!の紹介:悪ガキたちのイタズラにより死んでしまったピエロが墓場から甦り、高校生に成長した悪ガキに復讐をするというコメディタッチのホラー映画です。コメディ要素も含んでいますが、悪ガキが復讐される様は相当に過激なスプラッタ描写になっていますので、観賞には十分ご注意下さい。 ネタバレを読む
映画:ザヴォイド変異世界
ザ・ヴォイド 変異世界の紹介:死んでしまった家族を蘇らせるため、禁断の魔術に手を染めてしまった者と、その驚異に立ち向かう主人公を描いたホラー映画です。ヌメヌメした触手を持つクリーチャーも登場し、「オカルトもの」にクリーチャーホラーを加えたような作品になっています。 ネタバレを読む
映画:エブリデイ
エブリデイの紹介:2018年にアメリカで公開された恋愛映画作品。日本では劇場未公開だったが、Amazonプライムビデオで配信されている。「君への想い」で監督を務めたマイケル・ルーシーが監督を務めている。ヒロインのリアノンを演じたのはマーベル・シネマティック・ユニバース版の「スパイダーマン」シリーズでベティ役を演じて一躍知名度を上げたアンガーリー・ライス。「スパイダーマン」シリーズでライスと共演しているジェイコブ・バタロンも出演している。 ネタバレを読む
映画:テラーハウス
テラーハウスの紹介:巨大なアミューズメント施設のような大規模なお化け屋敷を舞台に、悪霊が地獄の門を開けて現世に蘇ろうとする物語です。舞台となるお化け屋敷内にあるダミーの死体の出来が良く、こんなお化け屋敷があったらちょっと行ってみたいという気にさせてくれます。 ネタバレを読む
映画:生き人形マリア
生き人形マリアの紹介:事故死した少女を模した3体の人形がそれぞれの家族に襲い掛かるという2014年製作のフィリピンのホラー映画。原案/監督はフィリピン映画界屈指のヒットメーカー、ウェン・V・デラマス。脚本はケイコ・アキーノ。日本ではカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019で上映された。 ネタバレを読む
映画:憑依
憑依の紹介:2005年にリリースされた「恐怖のシネマ館」シリーズ第3作。取り憑いた者を次々と自殺に追い込む何かに取り憑かれた女性たちの悲劇を描く「妖怪奇談」「私の奴隷になりなさい」の亀井亨監督による「憑依」、自殺した元カレの悪霊につきまとわれる恐怖を描く長崎みなみ監督による「自縛霊」の2本収録。 ネタバレを読む
映画:ワン・ミス・コール
ワン・ミス・コールの紹介:2008年に公開されたホラー映画です。ジャパニーズホラーの「着信アリ」をハリウッドでリメイクした作品で、一から設定を練り直しています。とはいえ基本的な部分は同じであり、細かいところを海外向けにアレンジしているといった感じです。海外だからこその「着信アリ」となっており、ハリウッドらしい雰囲気に仕上がっています。なおメインキャストではありませんが、日本でも有名なデーブ・スペクター氏が出演しています。 ネタバレを読む
映画:元カノDeath
元カノ Deathの紹介:2010年に公開されたタイのホラー映画です。映画大国と言われるタイで、ホラー映画興収成績一位を記録しています。主役を演じているのはタイの人気女優ラチャウィン・ウォンウィリア氏です。タイトルからも分かる通り、元カノの霊が今カノに付きまとうといった内容です。「元カノシリーズ」の第2弾でもあり、前作同様ピヤポン・チューペッチ氏が監督です。とはいえ元カノを主題としているだけで、直接的なストーリーの繋がりは一切ありません。 ネタバレを読む
映画:元カノ憑き纏う女
元カノ ~憑き纏う女~の紹介:2010年に公開されたタイのホラー映画です。原題は「MY EX」で、「私の元カノ」といった意味になります。女遊びの激しい主人公の男の周りで、遊び相手の女たちが次々と死んでいくといったストーリーです。ピヤポン・チューペッチ監督の手掛けた作品で、ラブストーリーとホラーの融合を目指した映画のようです。なお主役を演じているのは「バンコック・デンジャラス」などに出演しているシャクリット・ヤムナーム氏です。 ネタバレを読む
映画:ファムファタール憑く女
ファム・ファタール~憑く女~の紹介:2018年製作のアメリカ&カナダ合作映画。旅先で出会った絶世の美女アンバーには、世にも恐ろしき秘密があった。取り憑かれた男は、すべてを捧げなければならない。命ですらも…。 ネタバレを読む
映画:マンディ呪われた人形
マンディ 呪われた人形の紹介:実際にカナダの博物館に保管されているという、「呪いのマンディ人形」を題材にした人形ホラー作品です。マンディ人形を実の子のように思い暮らしている女性の家に、何も知らずに盗みに入った若者たちが遭遇する恐怖を描いています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×