「原作マンガ/小説」映画一覧(107ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:悪の教典
「悪の教典」は原作 貴志祐介のサスペンスホラー小説で、第1回山田風太郎賞を受賞しました。映画化にあたり監督を務めたのは三池崇史、主演俳優は伊藤英明です。映画が公開されるにあたり、初日2日間で興収2億9,894万5,000円、動員21万5,059人を動員し、大成功を収めました。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:悪人
犯罪を描いた吉田修一の話題作を映画化。殺人を犯してしまった肉体労働者の男と、それまで地道な生活を送っていた女との出会いと愛情、そして逃避行を九州の情景とともに切々と描く。監督は、「フラガール」の李相日、音楽は久石譲。 ネタバレを読む
映画:ハンガーゲーム2
ハンガー・ゲーム2の紹介:2012年に公開されたサバイバル・アクションの続編。前回は森であった闘技場の舞台を、今回は島へと変え、24分の1という生存確率の中で繰り広げられる少年少女たちのバトルを描く。 ネタバレを読む
映画:セッションズ
ベンリューイン監督・脚本によるアメリカ映画で、2012年にアメリカで開催された三ダンス映画祭で観客賞(合衆国ドラマ部門)を受賞。映画に出演しているヘレン・ハントは第85回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされている。 ネタバレを読む
映画:ヘルタースケルター
ヘルタースケルターの紹介:2012年7月14日に公開された日本映画。R15+指定。主演・沢尻エリカの5年ぶりの映画出演作。手塚治虫文化賞漫画大賞を受賞している岡崎京子の同名コミックを実写化した、蜷川実花の監督2作目の映画。芸能界で輝くりりこの、繁栄から衰退までを描いている。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:GANTZ(ガンツ)Part2パーフェクトアンサー(後編)
奥浩哉氏による漫画「ガンツ」の映画化作品で、「ガンツ1 前編」の後編となる作品です。マンガとは違うストーリー展開となっていて、原作ファンもそうでない方も楽しめる内容です。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×