「原作マンガ/小説」映画一覧(2ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:怪談新耳袋第1夜

怪談新耳袋 第1夜の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2003年2月に放送された第1シリーズの第1巻。清水崇、三宅隆太、鶴田法男などJホラーの礎となった名監督陣が参加、古旅館の恐怖体験「修学旅行」、渡辺いっけいの一人芝居が冴える「棚さがり」、父娘の珍妙な不可思議体験「背広返し」、ほろりと来る「覆水」など10本を収録。

ネタバレを読む
映画:怪談新耳袋第2夜

怪談新耳袋 第2夜の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2003年2月に放送された第1シリーズの第2巻。清水崇、三宅隆太、鶴田法男などJホラーの名監督陣が参加、若い女性が廃病院に棲むナニモノかに取り憑かれる「第三診察室」、参加した女性記者が怪異に巻き込まれる「百物語の取材」など10本を収録。

ネタバレを読む
映画:25時

25時の紹介:2002年制作のアメリカ映画。スパイク・リーの監督作品で、デイヴィッド・ベニオフの同名小説を基にしている。出演はエドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパーが務めている。日本公開は2004年。

ネタバレを読む
映画:十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたちの紹介:2019年1月25日公開の日本映画。杉咲花、橋本環奈、高杉真宙、新田真剣佑ら若手実力派たちが豪華共演するサスペンス。安楽死を求めて廃病院の密室に集まった12人の未成年の男女が、予期せぬ出来事の連続に疲弊していく…。

ネタバレを読む
映画:ひろしま

ひろしまの紹介:長田新が編纂した文集「原爆の子〜広島の少年少女のうったえ」を原案にした作品で、1945年8月6日の広島原爆投下の惨劇と、それから7年の月日が経った広島に生きる人々の姿を描いていく。原爆投下から8年後に製作された作品であり、約9万人の被爆者や広島市民が撮影協力した。第5回ベルリン国際映画祭長編映画賞を受賞した作品ながら、当時の国内での上映は限定的だった。2017年にデジタルリマスター版が完成し、全国各地での上映活動が行われている。1953年日本製作。

ネタバレを読む
映画:スティーヴンキング8つの悪夢3

スティーヴン・キング 8つの悪夢3の紹介:ホラーの巨匠スティーヴン・キングの短編を原作とした、2007年放映のアメリカのTVドラマの第3巻。生きたまま解剖寸前にまで追い込まれる男の悲喜劇を描いたミカエル・サロモン監督の「第四解剖室」、60’sの世界的ミュージシャンたちが暮らす奇妙な町に迷い込んだ夫妻を描いたマイク・ローブ監督の「いかしたバンドがいる街で」の2本を収録。

ネタバレを読む
映画:スティーヴンキング8つの悪夢2

スティーヴン・キング 8つの悪夢2の紹介:ホラーの巨匠スティーヴン・キングの短編を原作とした、2007年放映のアメリカのTVドラマの第2巻。映画監督の兄が非凡な弟との数奇な運命を語るミカエル・サロモン監督の「争いが終わるとき」、病に侵された人気作家の恐怖を描いたセルジオ・ミミカ=ゲッザン監督の「ロード・ウイルスは北に向かう」、宝の地図を巡る前科者たちの攻防を描いたロブ・ボウマン監督の「第五の男」の3本を収録。

ネタバレを読む
映画:スティーヴンキング8つの悪夢1

スティーヴン・キング 8つの悪夢1の紹介:ホラーの巨匠スティーヴン・キングの短編を原作とした、2007年放映のアメリカのTVドラマの第1巻。冷酷な殺し屋が玩具の兵隊と戦うブライアン・ヘンソン監督の「バトルグラウンド」、新婚夫婦が狂った異世界に迷い込むマーク・ヘイバー監督の「クラウチ・エンド」、30年代の私立探偵と現代の小説家が入れ替わるロブ・ボウマン監督の「アムニー最後の事件」の3本を収録。

ネタバレを読む
映画:エルドラド

エル・ドラドの紹介:名匠ハワード・ホークスが監督、脚本を手掛けた西部劇。ハリー・ブラウンの小説を映画化した作品で、極悪牧場主と対峙するガンマンたちの戦いと友情を描いていく。主演を務めたのは、ハワード・ホークスと名コンビを組んできたジョン・ウェイン。1966年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:華麗なる激情

華麗なる激情の紹介:アーヴィング・ストーンの伝記小説を映画化した作品で、苦悩しながらもシスティナ礼拝堂の天井画制作に臨むミケランジェロの姿を描いていく。監督はキャロル・リードが務め、チャールトン・ヘストンがミケランジェロを、レックス・ハリソンが時の教皇ユリウス2世を演じた。第37回ナショナル・ボード・オブ・レビューではベスト10に選出された。1965年アメリカ・イタリア合作。

ネタバレを読む
映画:ジョーカー

ジョーカーの説明:2019年公開。DCコミックスのキャラクターで、世界的に有名なアメコミ作品である「バットマン」シリーズの最強の悪役ジョーカーを主人公とした作品である。今作はコミックとは異なる、オリジナルのジョーカーの誕生を描く。1989年公開の「バットマン」でジャック・ニコルソンが演じたジョーカー、2008年公開「ダークナイト」で故ヒース・レジャーが演じたジョーカー、2016年公開「スーサイド・スクワッド」でジャレッド・レトが演じたジョーカーとも全く関連性は無く、バットマンも登場しない。新たなジョーカーを演じるのはホアキン・フェニックス。監督は「ハングオーバー!」シリーズでの監督として知られるトッド・フィリップス。今作は第76回ヴェネツィア国際映画祭でアメコミ映画としては史上初の金獅子賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:かげろう(2003年)

かげろうの紹介:ジル・ペローの小説『灰色の目の少年』を映像化したフランス映画。『溺れゆく女』のアンドレ・テシネが監督・脚本を手掛け、第56回カンヌ国際映画祭に正式出品された。R15+指定。戦争で夫を失ったオディールは2人の子供を連れ、ドイツ軍の攻撃から逃げていた。その途中で17歳の青年イヴァンに出会ったオディールは、彼を警戒しながらも共に避難生活を送ることに。次第に心を許し始めたオディールとイヴァンだったが…。

ネタバレを読む
映画:ワーロック

ワーロックの紹介:オークリー・ホールの小説を映画化した西部劇。ワーロックという町を舞台に、保安官として雇われた男とその相棒、郡保安官、無法者一味の緊迫した関係を描いていく。監督はエドワード・ドミトリク、主演はリチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ、アンソニー・クインが務めた。1959年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:アパッチ

アパッチの紹介:名匠ロバート・アルドリッチによる初のカラー作品で、アメリカ先住民アパッチ族の戦士を主人公とした西部劇。原作はポール・ウェルマンの小説で、誇り高く生きようとする戦士の戦いと葛藤を描いていく。主演はバート・ランカスターが務めた。1954年アメリカ製作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。