「原作マンガ/小説」映画一覧(2ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

「リンダ・リンダ・リンダ」などで知られる山下敦弘がメガホンを取り、主演を森山未來が演じた一作。金なし、職なし、ロクデナシとなしなし尽くしの男の半生を描く。元は芥川賞受賞の西村賢太の小説になる。本作の役作りのために森山は3畳1間のドヤ街に実際に暮らした。2012年劇場公開作品。114分。 ネタバレを読む
オー!ファーザーの紹介:2013年製作の日本映画。伊坂幸太郎の同名小説を岡田将生主演で映画化したコミカルなサスペンス。年齢も性格もバラバラな4人の父親を持つ高校生が事件に巻き込まれ、父親たちが力をあわせて救出に挑む姿が描かれる。佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳という個性的な俳優たちが4人の父親に扮する。監督は本作が初の劇場用作品となる藤井道人。 ネタバレを読む
誉田哲也の同名小説が原作の、高校で剣道部に所属する2人のヒロインを成海璃子と北乃きいが瑞々しく演じた、青春スポーツ映画です。主役2人の若さ溢れる魅力はもちろんのこと、脇を固める堀部圭亮や板尾創路などの個性的なキャストがいい味を出しています。 ネタバレを読む
山本周五郎原作の歴史小説を長編映画初監督となった小泉堯史がメガホンを取った一作。主演は寺尾聰、共演は宮崎美子、原田美枝子、三船史郎が演じ、スタッフは主に「黒澤組」と呼ばれた故黒澤明監督に従事した「黒澤組」が集結したことでも注目を浴びた。プロデューサーは黒澤久雄、衣装デザインは黒澤和子と黒澤家が一丸となった作品でもある。2000年劇場公開作品、91分。 ネタバレを読む
三浦しをんの原作小説を元に『まほろ駅前多田便利軒』のその後を描いた映画化第二弾。 まほろ駅前で便利屋をしている多田は居候の行天と暮らしている。ある時多田は行天の元妻・凪子に懇願され、娘のはるを預かることになってしまった。子供が苦手な行天ははるを避けていたが、三人は生活を共にするうちに少しずつ打ち解けていく。ところが、ある団体の調査を依頼されたことから、二人は思わぬ事態に巻き込まれてしまう。 ネタバレを読む
2015年公開の日本映画。原作は今野敏の小説シリーズ。ドラマ版からキャストは続行で、内容もドラマからの続きとなっている。監督は佐藤東弥。 主演はドラマ版に続き藤原竜也、岡田将生、共演に窪田正孝、芦名星、志田未来、三宅弘城。 百合根のSTからの異動が決まり、残りあと4日と言う日に護送車を狙うハッキングが起こる。犯人に目星をつけた赤城左門はお得意の単独行動をし、その結果自分が犯人を殺したと自首をするが、すぐに脱走をしてしまう。パニックになる百合根だが、赤城の行動パターンを知り尽くしている百合根は赤城の居場所を突き止め、共に真犯人を探り始める。今回の赤城の全ての行動の元になっている”犯人は許し難いことをした”と言う言葉。その言葉がさす許し難いこととは一体なんなのか?百合根のST最後の4日間が始まる。 ネタバレを読む
青の炎の紹介:2003年製作の日本映画。「黒い家」の人気作家・貴志祐介の同名小説を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が映画化。「(養)父殺し」「17歳の完全犯罪」「インターネット」「美少女ゲーム」「ロードレーサー」など、小説の発売当時はあまり知られていなかった題材が登場し、少年の孤独な内面を描く。 ネタバレを読む
あしたのジョーの紹介:2011年製作の日本映画。ボクシング漫画の金字塔として、幅広い層から支持を受ける「あしたのジョー」を山下智久&伊勢谷友介主演で実写映画化。昭和40年代を舞台に、ボクシングを通して不思議な絆で結ばれていく2人の男の姿を「ピンポン」の曽利文彦監督が描き出す。丈のトレーナー、段平に扮した香川照之の怪演にも注目だ。 ネタバレを読む
直木賞を受賞した三浦しをんの同名小説を瑛太、松田龍平主演で映画化。 まほろ市で便利屋を営んでいる多田は、同級生の行天と偶然再会する。共同生活をすることになった二人は風変わりな依頼人たちの問題や自らの過去に向き合っていくが、あることをきっかけに思わぬ事件に巻き込まれていく。 ネタバレを読む
2012年製作のアメリカ映画。グリム童話『白雪姫』を題材とした作品。 幼い頃、国王である父親を無くした白雪姫は、悪い継母であり女王にお城に閉じ込められて生活していました。白雪姫は、外の世界に憧れを抱くようになっており、ある日お城で開催される舞踏会にこっそりと参加します。そこで過去に森で出会ったある王子アルコットと再会を果たし、お互い惹かれあって行きます。しかし、邪悪な女王は王子の財産を狙って結婚しようと企んでおり…。 ネタバレを読む
2013年のフランス・カナダの合同製作映画。監督は「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ。主演はリメイク版の「ポルターガイスト」などのカイル・キャトレット。共演に「ハリーポッターシリーズ」などのヘレナ・ボナム=カーター。
天才的な頭脳を持つ10歳のT・Sスピヴェット。携帯電話の電波もないような田舎の牧場で育ち、その頭脳を持て余していたが、ある日自分の発明がスミソニアンで賞を受けたと連絡を受ける。年齢を明かさず、受賞式に参加することを決めたスピヴェットは1人ワシントンに向かうことを決意する。しかしその気持ちの影には、亡くしたばかりの双子の弟や、家族への複雑な想いがあった。
ネタバレを読む
「鉄男」や「東京フィスト」などで知られる塚本晋也監督が、大岡昇平による同名小説を映画化した作品です。原作は1959年にも一度映画化されており、これが2度目の映像化となります。本作では塚本監督が主演も務め、第二次大戦末期にフィリピンのレイテ島に出兵していた兵士が体験した、戦争の惨さ・悲惨さを生々しく描き出しています。 ネタバレを読む みんなの感想が7件届いてます
1970年代に一大ブームを巻き起こし、映画化やドラマ化もされた漫画「愛と誠」を、三池崇史監督が独自の解釈で新たに映像化した作品です。物語の舞台はそのまま70年代に据え置き、レトロな雰囲気を醸し出しながら「青春ミュージカル」に仕立て上げるという大胆な試みがなされています。 ネタバレを読む
マイケル・モーパーゴ原作の長編小説を、スティーブン・スピルバーグが映像化した一作。農耕馬として買い取られた一匹のサラブレッドが戦乱に巻き込まれたあとに類稀なる素質を見出される。その後、第一次世界大戦でイギリスの軍馬に抜擢され名馬とされた数奇な運命を描く、146分。2011年劇場公開作品。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×