「原作マンガ/小説」映画一覧(3ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:賭ケグルイ

賭ケグルイの紹介:2019年5月3日公開の日本映画。TVアニメやドラマにもなった河村ほむらの人気コミックが原作の異色学園サスペンスの劇場版。“ギャンブルの強さ”がすべてを決める学園を舞台に、学園を支配する生徒会とそれに立ち向かう生粋のギャンブラーであるヒロインとの対決を描く。

ネタバレを読む
映画:母さんがどんなに僕を嫌いでも

母さんがどんなに僕を嫌いでもの紹介:2018年11月16日公開の日本映画。歌川たいじによるコミックエッセイを「南瓜とマヨネーズ」の太賀主演で映画化。幼い頃から母・光子にののしられ、心身ともに傷つけられてきたタイジ。やがて大人になった彼は、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、母親と向き合っていく…。

ネタバレを読む
映画:七つの会議

七つの会議の紹介:2019年2月1日公開の日本映画。「半沢直樹」「下町ロケット」など数多くの映像化作品で知られる人気作家・池井戸潤の同名作を、野村萬斎主演で映画化したミステリー。万年係長が上司のパワハラを告発したことを機に、会社内で起こる騒動が描かれる。TVドラマ化された池井戸作品の常連である、香川照之や片岡愛之助ら実力派俳優が多数共演している。

ネタバレを読む
映画:ファイヤーフォックス

ファイヤーフォックスの紹介:クレイグ・トーマスの小説をクリント・イーストウッド製作・監督・主演で映画化したサスペンス映画。冷戦時代を舞台に、ソ連の最新鋭戦闘機ファイヤーフォックスを盗み出すという大胆な指令を受けたアメリカ空軍パイロットの奮闘を描く。1982年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:ロミオとジュリエット

ロミオとジュリエットの紹介:フランコ・ゼフィレッリが監督・共同脚本を務め、当時10代のオリヴィア・ハッセー、レナード・ホワイティングが主演したラブロマンス。シェークスピアによる同名戯曲を映画化した作品で、敵対する家同士に生まれた若い男女の悲恋を描く。第41回アカデミー賞では、撮影賞、衣装デザイン賞を受賞した。1968年イギリス・イタリア合作。

ネタバレを読む
映画:青春☆金属バット

青春☆金属バットの紹介:2006年の公開作。古泉智浩の同名コミックを『夏の終わり』『私の男』の熊切和嘉監督が映画化。公開当時はフォークグループ野狐禅として活躍していた竹原ピストルの映画初主演作。高校時代に野球部の補欠だった難馬はコンビニでバイトしながら、究極のスイングを求めて練習に励んでいた。ところが巨乳で酒乱のエイコという女と出会ったことで、難馬はバットを使った強盗を始めてしまう。そんな中、難馬は野球部のエースだった警官の石岡に再会し…。

ネタバレを読む
映画:Bの戦場

Bの戦場の紹介:2019年3月15日公開の日本映画。2016年ノベル大賞受賞の同名小説をガンバレルーヤ・よしこ主演で映画化したラブコメディ。“絶世のブス”の香澄は自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働いていたが、突然、自称“意識の高いB専”のイケメン上司・久世からプロポーズされる…。

ネタバレを読む
映画:骨壺

骨壺の紹介:2012年に公開された日本のホラー映画です。作家・山田悠介氏の小説を原作としており、数多くのホラー映画を撮影している永江二朗氏が監督を務めています。主演を努めるのはAKB48の松原夏海氏、もう1人の主人公はアイドリング!!!の横山ルリカ氏、他にSUPER☆GiRLSの宮崎理奈氏、AeLL.の篠崎愛氏など、いろんなグループのアイドルが一堂に会しています。このように本作はアイドル映画でもあります。

ネタバレを読む
映画:太陽の季節

太陽の季節の紹介:石原慎太郎が芥川賞を受賞した同名小説を長門裕之主演で映画化した青春ドラマ。太陽族をテーマとした作品で、愛情を束縛ととらえてしまう若者と、彼に真剣な思いを寄せる女性との悲しい恋模様を描いていく。原作者の石原慎太郎がサッカー選手役で出演、また、本作がデビュー作となった石原裕次郎は少ない出番ながら主人公の友人役として印象的な演技を見せている。1956年日本製作。

ネタバレを読む
映画:悪夢のエレベーター

悪夢のエレベーターの紹介:2009年に公開されたミステリー映画で、木下半太氏の小説「悪夢のエレベーター」を原作としています。この小説はテレビドラマ化や舞台化などもされているほどの人気作品です。内野聖陽氏、佐津川愛美氏、モト冬樹氏、斎藤工氏などの豪華俳優陣がメインキャストを務めており、予測の付かないストーリー展開が醍醐味の一つだと言えるでしょう。さらに本作には俳優やタレント、放送作家としても活動している堀部圭亮氏が監督として携わっています。

ネタバレを読む
映画:アガサクリスティーねじれた家

アガサ・クリスティー ねじれた家の紹介:2019年に公開されたミステリー映画です。タイトルからも分かるとおり、ミステリーの女王と称されるアガサ・クリスティー氏の「ねじれた家」を原作とした作品となります。「ねじれた家」は1949年に発表された小説ですが、映画化されるのは本作が初めてのことです。この「ねじれた家」は著者自身が最高傑作と謳っているほどの作品なので、今まで誰も実写化に挑戦する人がいなかったのかもしれませんね。

ネタバレを読む
映画:ガルヴェストン

ガルヴェストンの紹介:2018年製作のアメリカ映画。ニック・ピゾラットの犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』を「マレフィセント」のエル・ファニング、「インフェルノ」のベン・フォスター主演で映画化。病に冒された殺し屋ロイは、彼を切り捨てた組織に反旗を翻し、傷ついた娼婦ロッキーを連れて逃避行に出る…。

ネタバレを読む
映画:翔んで埼玉

翔んで埼玉の紹介:2019年2月22日公開の日本映画。埼玉に対する自虐的な笑いが話題となり、1982年の発表から30年以上経った2015年に復刊し、大ヒットした魔夜峰央の同名コミックを実写映画化したコメディ。二階堂ふみ演じる東京都知事の息子・百美が隠れ埼玉県人の麗と出会い、逃避行を繰り広げる。千葉と埼玉の争いや神奈川、群馬など関東の近県を巻き込んだ壮絶なバトルが展開する。

ネタバレを読む
映画:幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆

幽☆遊☆白書 冥界死闘篇 炎の絆の紹介:1994年に公開された「幽☆遊☆白書」の映画です。シリーズとしては2作目にあたり、短編映画だった前作とは違って本作は長編映画となっています。本作は原作には登場しない冥界を主軸に置いたストーリーで、映画オリジナルキャラクターは原作者の冨樫義博氏が手がけています。戦闘描写に重きを置いているのが特徴的で、4人のメインキャラ全員に戦闘シーンがあります。さらにはちょっとだけ幻海の戦闘シーンも描かれています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。