「原作マンガ/小説」映画一覧(3ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

2015年日本で制作されたラブコメディー映画。高校生の松崎はとりは、幼馴染で同じ高校に通う寺坂利太にひそかな恋心を抱いていた。はとりは、利太がほかの女子と付き合ったとしても、最終的に選ばれるのは自分であり、自分は利太の「ヒロイン」だという根拠のない自信を持っていた。しかし現実は甘くなく、利太は地味で控えめな性格の未帆と付き合い始め...。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2012年制作の日本映画。時代は明治11年。緋村剣心という男は「不殺の誓い」という変わった誓いを立て、日本各地を旅していた。そんな彼は、自分のかつての異名「人斬り抜刀斎」を名乗る偽物と戦うことになる。やがて、剣心は重大な選択を迫られてしまう。 ネタバレを読む
海月姫の紹介:2014年公開の日本映画。テレビアニメにもなった東村アキコの同名コミックを、能年玲奈主演で映画化した青春ドラマ。男子禁制の共同アパートのオタクな住人たちと、1人を除いて自分が男であることを隠して同アパートに入り浸る女装男子とのおかしな恋や友情を描く。「仮面ライダーW」で人気となった菅田将暉が、素性を隠し友情を育む女装男子を演じる。 ネタバレを読む
横山秀男原作の長編小説を、堤真一主演で描いたミステリーヒューマンドラマ。1985年8月12日、夕刻。一機の日航機が御巣鷹山に激突した。第一報が入り、北関東新聞社の遊軍記者、悠木をはじめとして記者達は事故直後の状況を「どれだけスクープできるか」という高度な情報戦と、圧倒的な被害に押しつぶされそうになりながら、戦後最大の国内飛行機事故に迫る。2008年公開作品。原田眞人監督、145分。 ネタバレを読む
北海道にある小さな駅「幌舞」には、寡黙だが忍耐強い本物の「鉄道員」がいた。雨の日も、雪の日も、妻や愛娘が亡くなった日にも、彼はホームに立ち続けた...。浅田次郎原作の小説を、降旗康男監督と、カメラマン池田大作が北海道ロケを敢行し撮られた一作。主演は高倉健である。その年の日本アカデミー賞の最優秀賞を総なめにした。1999年公開作品、112分。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
オブリビオンの紹介:2013年公開のアメリカ映画。エイリアンの襲撃で人類が他の惑星に移住した近未来の地球を舞台にした、トム・クルーズ主演のSFサスペンス。地球に居残った主人公が謎の女性と遭遇し、人類の存亡をかけた戦いに巻き込まれていく。謎のヒロインを演じるのは『007 慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコ。監督は『トロン:レガシー』のジョセフ・コシンスキー。 ネタバレを読む
2010年9月公開の日本映画です。 大人気コミック作品を原作に、その実写化はファンに待望されていました。 見た目が暗く、子供の頃からホラー映画のヒロイン”貞子”に重ねて恐れられていた女子高生・黒沼爽子(さわこ)。 そんな彼女が密かに憧れていた”爽やか”男子の風早君と話せるようになったことで少しずつその世界が変わっていきました。 ネタバレを読む
2014年に公開された医療・サスペンス映画。原作は海堂尊による同名小説。フジテレビ系列で6年間放送された「チームバチスタ」シリーズの最終作。東城医大では国際Aiセンター設立に向けて準備が進められていた。同じ頃、医療関係者9名が地下室という密閉空間で怪死するという事件が発生し……。 ネタバレを読む
韓国の鬼才パク・ヌチャクが監督した、「復讐三部作」と言われる作品群の2作目に当たります。日本の同名漫画が原作で、基本的なストーリーは原作と同じですが、主人公が監禁された期間など、設定が変わっているところもあります。クエンティン・タランティーノが審査委員長を務めた第57回カンヌ映画祭で、審査員特別グランプリを受賞しました。2013年には、ハリウッドでリメイク版も製作されました。 ネタバレを読む
2008年製作の日本映画。おしゃれでポップな生活に憧れている根岸崇一は、大学生になると同時に上京。夢のおしゃれな東京生活、大好きな渋谷系音楽もできる!とワクワクした生活が始まった…と思ったら、卒業後、なぜか地下のデスメタルバンド『デトロイト・メタル・シティ(DMC)』のボーカル、ヨハネ・クラウザーII世として大人気となっていた…。 ネタバレを読む
2015年2月公開の日本映画。 長崎県の五島列島にある中学校の合唱部を舞台にして、課題曲であるアンジェラ・アキの”手紙 〜拝啓 十五の君へ〜”を通して綴る青春譚ともいえる映画です。 一人の女性教師と、子供たちがそれぞれに抱えた苦悩や葛藤、それでも見失わない未来への希望を素敵な音楽に載せて描いています。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
2014年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。前作でのセンチネルとメガトロンが引き起こしたシカゴの惨劇から5年後、オートボットたちの協力で地球は守られたが、それでも彼らを否定する人類もいました。そんな時、テキサス州のしがない発明家ケイドは、映画館に眠っていたトレーラートラックを見つけたが…。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2006年公開の日本映画です。 弟の将来を思うあまり取り返しのつかない罪を犯してしまった兄。 その兄の罪が重くのしかかり、生きづらさを抱えて社会の片隅で暮らしている弟。 そんな二人をかろうじて繋ぐのは、兄が獄中から送る手紙だったのです。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×