「原作マンガ/小説」映画一覧(3ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

アンネの追憶の紹介:2009年公開のイタリア映画。「アンネの日記」の著者のユダヤ人少女・アンネの知られざる最期の日々を描いている。アンネの親友のハネリ・ホスラーの証言をまとめたアリソン・レスリー・ゴールドの書籍、『もうひとつの「アンネの日記」』が原作。数々の名作を手掛けたエンニオ・モリコーネが音楽を担当した。

ネタバレを読む

くも漫。の紹介:2017年2月4日公開の日本映画。中川学の同名ノンフィクション漫画を実写映画化。長年のニート生活を経て、ようやく教育現場の職を得た29歳の中川。そんな高揚感から風俗店へと繰り出した彼は風俗嬢ゆのあから最高のサービスを受けるが、絶頂を迎えるその瞬間、くも膜下出血を発症してしまう…。

ネタバレを読む

特捜部Q 檻の中の女の紹介:ノルウェーの人気作家ユッシ・エーズラ・オールスンのサスペンス小説「特捜部Q」シリーズの映画化第1弾。無謀な捜査で同僚を殉死と半身不随に追い込んだとして窓際部署”特捜部Q”に追いやられた武骨な刑事カールが、アラブ系のポジティブな刑事アサドと共に5年前に起こった美人議員ミレーデ失踪事件を追う、2013年公開のクライム・サスペンス。監督はミケル・ノルゴート、脚本は「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニコライ・アーセル。

ネタバレを読む

アンナ・カレニナの紹介:若い士官と出会い恋に落ちた麗しきアンナは、夫も息子も捨て駆け落ちするのだが…。
1935年のアメリカ映画。1927年にサイレント映画として製作した文豪トルストイの悲恋小説を、再びグレタ・ガルボ主演でリメイクした作品。その後も同じ題材で度々映画化されている。

ネタバレを読む

海底二万哩の紹介:1954年にアメリカで製作されたSF冒険映画で、巨大潜水艦ノーチラス号の戦いを描く。ジュール・ベルヌの小説を映画化した作品で、ウォルト・ディズニーが製作に携わった。リチャード・フライシャー監督、カーク・ダグラス、ジェームズ・メイスン主演。第27回アカデミー賞では、美術監督賞(カラー)、特殊効果賞を受賞した。

ネタバレを読む

コーマの紹介:1978年にアメリカで製作された医療サスペンス。ロビン・クックの小説を映画化した作品で、タイトルの「コーマ」は昏睡状態を意味する。昏睡状態に陥る患者が続出する原因を突き止めようと、勇敢な女性医が独自に調査に乗り出す。「ジュラシック・パーク」の原作者として知られるマイケル・クライトンがメガホンを取った衝撃作。

ネタバレを読む

クリスティーンの紹介:気弱ないじめられっ子の高校生が赤のプリムス・フューリーに魅入られ、車に潜む邪悪な意志が彼のために復讐を始めるという、1883年公開のアメリカの車ホラー映画。原作はスティーヴン・キングの同名小説、監督は「遊星からの物体X」「ザ・フォッグ」で知られるジョン・カーペンター。

ネタバレを読む

デストラップ・死の罠の紹介:1982年にアメリカで製作されたシドニー・ルメット監督によるスリラー。アイラ・レヴィンの戯曲をマイケル・ケイン、クリストファー・リーヴ主演で映画化した。低評価続きの劇作家がある文学青年の書いた戯曲を横取りしようと画策する。

ネタバレを読む

フェンスの紹介:2016年にアメリカで製作されたデンゼル・ワシントン監督・主演のヒューマンドラマ。1950年代のアメリカに生きる黒人家庭の愛と苦悩を描く。オーガスト・ウィルソンによる戯曲を映画化した作品で、この舞台版のキャストをそのまま映画版でも引き継いでいる。第89回アカデミー賞では主人公の妻を演じたヴィオラ・デイヴィスが圧巻の演技で助演女優賞を獲得した。

ネタバレを読む

戦場にかける橋の紹介:1957年製作のイギリス・アメリカ合作による第二次世界大戦を舞台にした叙事詩的映画。日本軍の厳しい監視の下、タイとビルマを繋ぐ泰緬鉄道の工事に従事させられる捕虜の姿を描く。フランスの小説家ピエール・ブールの小説を巨匠デヴィッド・リーンが映画化、ウィリアム・ホールデン、ジャック・ホーキンス、アレック・ギネスらが出演した。第30回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞など7部門に輝いた。捕虜たちが口笛で奏でる「クワイ河マーチ」も世界的に有名な楽曲となった。

ネタバレを読む

めぐりあう時間たちの紹介:2001年製作のイギリス・アメリカ合作の女性群像劇ドラマ。異なる時代に生きる女性たちがバージニア・ウルフの小説「ダロウェイ夫人」によって結びついていく姿を描いていく。マイケル・カニンガムの小説を「リトル・ダンサー」で知られるスティーヴン・ダルドリー監督が映画化、ハリウッドきっての実力派俳優たちが出演した。中でも、バージニア・ウルフを演じたニコール・キッドマンの演技は高い評価を受け、第75回アカデミー賞主演女優賞の他、多くの賞を獲得した。

ネタバレを読む

アンナ・カレーニナ (2012年)の紹介:イギリス製作による歴史ロマンス。「つぐない」で監督&主演コンビを組んだジョー・ライトとキーラ・ナイトレイがロシアの文豪レフ・トルストイの小説を映画化した。美しい人妻と若き青年の道ならざる恋を舞台劇さながらの演出で華やかに描いた。第85回アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞した。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。