「原作マンガ/小説」映画一覧(4ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

誰が為に鐘は鳴るの紹介:1943年のアメリカ製作による戦争映画。アーネスト・ヘミングウェイによるスペイン内戦を描いた小説を映画化した作品で、ゲーリー・クーパー、イングリッド・バーグマンがファシストに抵抗するゲリラ組織員を演じた。勇敢なゲリラ組織の女性を演じたカティナ・パクシヌーは第16回アカデミー賞で助演女優賞を獲得した。

ネタバレを読む

エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事の紹介:1993年にアメリカで製作されたロマンス歴史映画。マーティン・スコセッシがイーディス・ウォートンによる同名小説を映画化した作品で、ダニエル・デイ=ルイス、ミシェル・ファイファー、ウィノナ・ライダーら実力派俳優たちが主演を務めた。1870年代のニューヨーク社交界を舞台に、愛し合う男女の情熱と苦悩を描く。第66回アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞した。

ネタバレを読む

あの子を探しての紹介:1999年の中国製作映画で、貧しい村に生きる子どもたちを描いた人間ドラマ。シー・シアンションによる「空に太陽がある」を映画化した作品で、監督はチャン・イーモウが務めた。代用教員の少女が行方不明の生徒を探す旅を描く。実際の中国の寒村に暮らす子どもたちを起用した演出が高く評価され、チャン・イーモウはヴェネツィア国際映画祭で自身2度目の金獅子賞を獲得した。

ネタバレを読む

火花の紹介:若手芸人の徳永と、彼が師匠と慕う先輩芸人の神谷。笑いに魅了されながらも現実に葛藤し、もがき続けた2人の10年間の日々をあたたかに綴った青春物語。
芥川賞を受賞したお笑い芸人又吉直樹の同名純文学作品を、同じ事務所の先輩かつ映画監督でもある板尾創路が満を持して映画化。2017年11月の公開作。

ネタバレを読む

ファング一家の奇想天外な秘密の紹介:2016年製作のアメリカ映画。街で奇行を演じる芸術家の両親を持つ姉弟の姿を描いている。ケヴィン・ウィルソンのベストセラー小説「The Damily Fang」を「ラビット・ホール」のデヴィッド=リンゼイ・アベアーが脚色。主演のニコール・キッドマンがプロデュースにも乗り出し、ジェイソン・ベイトマンが彼女の弟役と監督も務める。クリストファー・ウォーケンやメアリー・アン・ブランケットらも出演した作品。

ネタバレを読む

ハルチカの紹介:2017年3月4日公開の日本映画。テレビアニメにもなった初野晴の人気青春小説シリーズを、Sexy Zoneの佐藤勝利と橋本環奈を主演に迎えて実写映画化。様々な事情を抱えながら吹奏楽でコンクールに挑む部員たちと、橋本演じるヒロインの淡い恋模様がつづられる。

ネタバレを読む

クロイツェル・ソナタ 愛と官能の二重奏の紹介:エリート銀行マンの夫とピアニストの妻。音楽家の妻を理解できない夫に嫉妬の情が湧きおこる…。
2006年のスイス・イタリアの合作で、東京国際映画祭に正式出品された。ベートーベンのソナタより着想を得て書かれた文豪トルストイの小説を現代に翻案し、サスペンスフルに展開していく。

ネタバレを読む

白い闇の女の紹介:2016年製作のアメリカ映画。ミステリー小説『マンハッタン夜想曲』をエイドリアン・ブロディ主演で映画化。未亡人キャロラインと出会った記者ポーターは、家庭を持つ身でありながら彼女の色香に溺れる。亡夫のビデオを見るよう囁く彼女。危険だと知りつつポーターは深みにはまっていくが…。

ネタバレを読む

サクラダリセット 後篇の紹介:2017年5月13日公開の日本映画。河野裕の青春ミステリー小説を野村周平と黒島結菜を主演に迎えて実写映画化した2部作の後篇。住民の半数が特別な能力を持つ閉ざされた街・咲良田を舞台に、その力のせいで死んでしまった同級生を救おうとする高校生たちの物語がつづられる。

ネタバレを読む

サクラダリセット 前篇の紹介:2017年3月25日公開の日本映画。河野裕の青春ミステリー小説を野村周平と黒島結菜を主演に迎えて実写映画化した2部作の前篇。住民の半数が特別な能力を持つ閉ざされた街・咲良田を舞台に、その力のせいで死んでしまった同級生を救おうとする高校生たちの物語がつづられる。

ネタバレを読む

涙するまで、生きるの紹介:2014年製作のフランス映画。フランスから独立運動の真っ只中のアルジェリアを舞台に、殺人を犯した男と教師の男との友情を描いている。文豪アルベール・カミュの短編小説「客」を基にした作品で、ヴィゴ・モーテンセン主演で贈るドラマ。

ネタバレを読む

美しい絵の崩壊の紹介:大親友の女性同士が、互いの息子と恋に落ちる。愛情の裏に生まれる苦悩や戸惑いを描いた濃密なラブストーリー。
2013年のオーストラリア・フランスの合作で、イギリスのノーベル文学賞作家ドリス・レッシングの小説『グランド・マザーズ』を大幅に脚色した。監督は『ココ・アヴァンシャネル』『ボヴァリー夫人とパン屋』のアンヌ・フォンテーヌ。R15+指定作品で、原題は『TWO MOTHERS』。

ネタバレを読む

天国と地獄の紹介:1963年製作の黒澤明監督、三船敏郎・仲代達矢・香川京子主演による犯罪ドラマ。E・マクベインの小説「キングの身代金」を原案に身代わり誘拐をスリリングに描いた傑作。毎日映画コンクール日本映画大賞受賞作。

ネタバレを読む

お嬢さんの紹介:2016年製作の韓国映画。このミステリーがすごい2005年の1位『荊の城』を、設定を変えてパク・チャヌク監督が描いたサスペンス。20世紀初頭の朝鮮半島を舞台に、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢と、その財産を狙う詐欺師、孤児の少女らの思惑が交錯するさまが、複数の登場人物の視点で描かれる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。