「原作マンガ/小説」映画一覧(4ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:ラプラスの魔女

ラプラスの魔女の紹介:2018年5月4日公開の日本映画。著作が日本だけでなく、韓国などでも映像化されるなど、国内外で人気の作家・東野圭吾のデビュー30周年記念作を、三池崇史監督が主演に櫻井翔を迎えて映画化したミステリー。不可解な事件の謎に挑む大学教授がさらなる事件に巻き込まれていくさまが描かれる。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ 神と神

ドラゴンボールZ 神と神の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」18弾となる劇場版作品で、原作における魔人ブウ編とエピローグの間にあったエピソードという立ち位置になっています。原作者の鳥山明氏が初めて劇場版アニメに関わった作品でもあり、基本的なストーリーや敵キャラのビルスやウイスのデザインなどを担当しました。今までの敵を超える最強の敵だけあって、新たなるドラゴンボールの始まりを予感させるストーリーとなっています。

ネタバレを読む
映画:テス

テスの紹介:1979年にイギリス・フランス合作で製作された文芸ドラマ。監督はロマン・ポランスキー、主演はナスターシャ・キンスキーが務めた。トーマス・ハーディによる小説「ダーバヴィル家のテス」を映画化した作品で、悲劇的な運命に翻弄される絶世の美少女の物語を描いていく。第53回アカデミー賞では撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞の三部門を制した。

ネタバレを読む
映画:銀魂2掟は破るためにこそある

銀魂2 掟は破るためにこそあるの紹介:2018年8月17日公開の日本映画。週刊少年ジャンプで人気の空知英秋の同名コミックを小栗旬主演で実写映画化したSF時代劇の続編。パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む“銀さん”こと坂田銀時と仲間たちの身に起きる奇想天外な騒動を描く。

ネタバレを読む
映画:ジュリエッタ

ジュリエッタの紹介:2016年のスペイン映画。原作はアリス・マンローの短編集の中の3編で、『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール〈帰郷〉』の巨匠ペドロ・アルモドバルが映画化。主演のエマ・スアレスの演技は、様々な映画祭の女優賞に輝いた。中年のジュリエッタは娘の親友と再会した途端、激しく心が揺れ動いてしまう。何を隠そうジュリエッタは娘と12年間も音信不通だったのだ。ジュリエッタはこれを機に、今まで封印してきた過去と向き合い始める。

ネタバレを読む
映画:ジョイラッククラブ

ジョイ・ラック・クラブの紹介:1993年のアメリカ・中国合作のヒューマンドラマ。エイミ・タンによる同名小説を映画化した作品で、中国からアメリカに移住してきた4人の女性と、アメリカ人として育った彼女の娘たちの親子愛を描いていく。

ネタバレを読む
映画:フォーエバー・フレンズ

フォーエバー・フレンズの紹介:1988年にアメリカで製作されたヒューマンドラマ。アイリス・レイナー ダートの小説を映画化した作品で、「プリティ・ウーマン」で知られるゲイリー・マーシャルが監督を務めた。海辺で偶然出会った少女二人の友情を感動的に描いていく。主人公の女性二人をベット・ミドラー、バーバラ・ハーシーが演じた。

ネタバレを読む
映画:カリートの道

カリートの道の紹介:1993年にアメリカで製作されたクライムドラマ。エドウィン・トレスによる同名小説、及び「それから」を映画化した作品で、ニューヨークを舞台に裏社会から足を洗おうとする老ギャングの生き様を描いていく。監督&主演は「スカーフェイス」でもコンビを組んだブライアン・デ・パルマとアル・パチーノ。

ネタバレを読む
映画:デイジーミラー

デイジー・ミラーの紹介:1974年にアメリカで製作された文芸ドラマ。ヘンリー・ジェームズの同名中編小説を映画化した作品で、「ペーパー・ムーン」で知られるピーター・ボグダノヴィッチ監督がメガホンを取った。ヨーロッパ社交界で自由に生きるアメリカ人女性と、彼女に惹かれる青年の姿を描いていく。シビル・シェパードが主役のデイジー・ミラーを演じた。

ネタバレを読む
映画:のみとり侍(蚤取り侍)

のみとり侍の紹介:2018年5月18日公開の日本映画。女性をもてなす裏稼業“猫の蚤取り”をするはめになった男の悲喜こもごもを描く、阿部寛主演のユニークな時代ドラマ。お上の逆鱗に触れて左遷させられた男が、猫の蚤取りという仕事に従事するなかで、そこで出会った人々との触れ合いを通して、新たな生きがいを見出していく様がつづられる…。

ネタバレを読む
映画:黙秘(1995年)

黙秘(1995年)の紹介:2度にわたって殺人容疑を掛けられたメイドの母と名うての記者となった娘の確執を描いた1995年米の人間ドラマ。原作はホラーの巨匠S・キングの「ドロレス・クレイボーン」。製作/監督は「愛と青春の旅だち」のテイラー・ハックフォード。主演は「ミザリー」「フライド・グリーン・トマト」のキャシー・ベイツ。共演は「ルームメイト」「マシニスト」のジェニファー・ジェイソン・リーなど。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。