「原作マンガ/小説」映画一覧(4ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:どら平太

どら平太の紹介:2000年製作の市川崑監督による時代劇。山本周五郎の「町奉行日記」を原案とした作品で、市川崑、黒澤明、木下惠介、小林正樹による映画人グループ「四騎の会」が脚本を手掛けた。「どら平太」というあだ名の町奉行がある小藩の悪政を正すべく奮闘する姿を描く。

ネタバレを読む
映画:追憶(1973年)

追憶(1973年)の紹介:1973年製作のアメリカのロマンティックドラマ。アーサー・ローレンツの同名小説を、シドニー・ポラック監督、バーブラ・ストライサンド、ロバート・レッドフォード主演で映画化した。第二世界大戦中からアカ狩りの時代のアメリカを舞台に、衝突しながらも惹かれ合う男女の姿を描く。バーブラ・ストライサンドが歌う主題歌「追憶」は高い評価を受け、第46回アカデミー賞では歌曲賞と作曲賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ハードコア(2018年・日本)

ハード・コア(2018年・日本)の紹介:2018年11月23日公開の日本映画。狩撫麻礼&いましろたかしによるカルト漫画を、同作のファンだったという山下敦弘監督と山田孝之のタッグで映画化した人間ドラマ。廃工場で謎のロボットを見つけたことから運命を狂わせていく男たちの姿を描く。山田演じる主人公・右近と行動を共にする男を荒川良々、右近の弟を佐藤健が演じる。

ネタバレを読む
映画:ガッチャマン

ガッチャマンの紹介:2013年製作のSFアクション。1970年代の人気アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」を映画化した作品で、主演は松坂桃李が務めた。特殊な能力を持つガッチャマンたちと人類を襲うギャラクターとの戦いを描いていく。

ネタバレを読む
映画:死刑台のエレベーター(1958年)

死刑台のエレベーター(1958年)の紹介:1958年製作のフランスの犯罪ドラマ。ノエル・カレフの同名小説を映画化した作品で、エレベーターが想定外の停止をしたことで完璧だったはずの犯罪計画が崩れていく様を描いていく。撮影当時25歳のルイ・マル監督が長編デビュー作でルイ・デリュック賞を受賞したサスペンスの名作。

ネタバレを読む
映画:西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだの紹介:サチ・パーカー主演で2008年に劇場公開された作品で、原作である梨木香歩の同名小説は、児童文学として高い評価を受けています。映画内でも「西の魔女」こと主人公のおばあちゃんが住む家が森の中に建てられており、ややファンタジックな作品の世界観を演出しています。学校に馴染むことのできない少女が魔女であるおばあちゃんと触れ合うことで、生きるために大切なものを見出していく心温まるストーリーです。

ネタバレを読む
映画:ロング,ロングバケーション

ロング,ロングバケーションの紹介:2017年のイタリア・フランス合作のコメディドラマ。マイケル・ザドゥリアンの小説「旅の終わりに」を映画化した作品で、認知症の夫と末期がんの妻の最後の旅路をコミカルに描いていく。主人公の老夫婦をヘレン・ミレン、ドナルド・サザーランドが好演し、第22回カプリ・ハリウッド国際映画祭ではアンサンブルキャスト賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:BLEACH(実写版)死神代行篇

BLEACH(実写版)死神代行篇の紹介:2018年7月20日公開の日本映画。週刊少年ジャンプで連載され、TVアニメにもなった久保帯人による人気コミックを、福士蒼汰主演で実写映画化したバトル・アクション。死神を名乗る謎の少女ルキアから力を譲り受け、死神代行となった高校生の少年・黒崎一護の活躍を描く。

ネタバレを読む
映画:新婚道中記

新婚道中記の紹介:1937年に製作されたアメリカのスクリューボール・コメディ。離婚成立までの90日間で互いへの愛情に気づいてく夫婦の姿を描いていく。アーサー・リッチマンによる戯曲を映画化した作品で、レオ・マッケリーが監督を務め、アイリーン・ダンとケーリー・グラント演じるお騒がせ夫婦を好演した。

ネタバレを読む
映画:大空港

大空港の紹介:1970年アメリカ製作のパニック映画。アーサー・ヘイリーの同名小説を映画化した作品で、記録的寒波、滑走路の閉鎖、爆弾魔の搭乗など、様々なトラブルに見舞われる大空港の一夜を描いていく。オールスターキャストによる演技の評価は高く、ヘレン・ヘイズは第43回アカデミー賞で、モーリーン・ステイプルトンは第28回ゴールデン・グローブ賞でそれぞれ助演女優賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:BORUTONARUTOTHEMOVIE

BORUTO -NARUTO THE MOVIE-の紹介:「NARUTO -ナルト-」を原作とした映画シリーズ第十一作目です。原作者がキャラクターデザイン、脚本、製作総指揮を担当しています。ナルトの息子ボルトが主人公となって活躍する次世代の作品で、親子と師弟の絆が描かれているのが特徴的です。本作はナルトからボルトへの世代交代をテーマとした映画といっても過言ではなく、一話目から追っかけているファンにとっては感慨深い作品でしょう。

ネタバレを読む
映画:マッキントッシュの男

マッキントッシュの男の紹介:1973年のイギリス・アメリカ合作のスパイ・スリラー。「マルタの鷹」で知られるジョン・ヒューストン監督がデズモンド・バグリィ原作の長編小説を映画化した作品で、ポール・ニューマン、ドミニク・サンダが主演を務めた。プロの泥棒がイギリス国内に潜入するスパイとの争いに巻き込まれる姿を描いていく。

ネタバレを読む
映画:センセイ君主

センセイ君主の紹介:2018年8月1日公開の日本映画。別冊マーガレットに連載された幸田もも子の人気コミックを、竹内涼真&浜辺美波主演で映画化したラブ・コメディ。恋に恋するパワフルな女子高生あゆはと、冷徹でヒネクレ者の数学教師・弘光との禁断の恋の行方が、ハイテンションかつコミカルなムードで描かれる。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。