「原作マンガ/小説」映画一覧(5ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:曇天に笑う(実写)

曇天に笑う(実写)の紹介:2018年公開の日本映画。舞台やアニメにもなった唐々煙原作の人気コミックを福士蒼汰主演で実写映画化したアクション時代劇。明治初期の大津を舞台に、世に災いもたらすオロチの復活を阻止するために戦う曇三兄弟や政府直属の組織・犲のメンバーたちの運命が描かれる。

ネタバレを読む
映画:娼年

娼年の紹介:2017年製作の日本映画。直木賞候補になった石田衣良の恋愛小説を、2016年8月の舞台化に引き続き、主演・松坂桃李、監督・三浦大輔のコンビで映画化したセンセーショナルなラブストーリー。会員制ボーイズクラブの娼夫となった20歳の大学生と、彼が出会う女性たちとの物語がつづられる…。

ネタバレを読む
映画:シェーン

シェーンの紹介:1953年にアメリカで製作された西部劇ドラマ。ジャック・シェーファーの同名小説を映画化した作品で、流れ者のガンマンと心温かな入植者一家との交流と、牧場主勢力との戦いを描いていく。第26回アカデミー賞では撮影賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:遺体明日への十日間

遺体 明日への十日間の紹介:2013年に製作された東日本大震災直後の岩手県釜石市を舞台としたヒューマンドラマ。石井光太のルポルタージュを映画化した作品で、死者の尊厳をテーマに遺体と向き合うボランティアの姿を描いていく。

ネタバレを読む
映画:光をくれた人

光をくれた人の紹介:2016年のイギリス・ニュージーランド・アメリカ合作のヒューマンドラマ。M・L・ステッドマンによる小説「海を照らす光」を映画化した作品で、マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィカンダー、レイチェル・ワイズが主演を務めた。二度の流産を経験した夫婦と、彼らの元に突然現れた孤児の赤ん坊を巡る悲劇を描いていく。

ネタバレを読む
映画:バラバ

バラバの紹介:1961年のイタリア・アメリカ合作の叙事詩映画。ペール・ラーゲルクヴィストによる同名小説を映画化した作品で、イエス・キリストの代わりに恩赦で釈放された犯罪者バラバの数奇な人生を描いていく。第34回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞外国語映画トップ5を受賞。

ネタバレを読む
映画:愛しのロクサーヌ

愛しのロクサーヌの紹介: 1987年にアメリカで製作されたロマンティックコメディ。エドモン・ロスタンによる戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」を原案としており、愛する女性の恋愛成就のために陰ながら奔走する中年男性の姿を描く。主演のスティーヴ・マーティンは第13回ロサンゼルス映画批評家協会賞で主演男優賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:シャイアン

シャイアンの紹介:1964年にアメリカで製作されたリチャード・ウィドマーク主演の西部劇。マリ・サンドズのノンフィクション作品に基づいた作品で、1878年から79年にかけて実際に起きたシャイアン族脱出の旅を描いていく。名匠ジョン・フォードが手掛けた最後の西部劇で、アメリカ政府による先住民支配をテーマとして取り上げている。

ネタバレを読む
映画:馬上の二人

馬上の二人の紹介:1961年にアメリカで製作された名匠ジョン・フォードによる西部劇。主演はジェームズ・スチュワート、リチャード・ウィドマークが務めた。ウィル・クックの小説「Comanche Captives」を映画化した作品で、コマンチ族にさらわれた子どもたちを救出する男たちの姿を描く。

ネタバレを読む
映画:大砂塵

大砂塵の紹介:1954年にアメリカで製作された西部劇ドラマ。ロイ・チャンスラーによる同名小説を「理由なき反抗」で知られるニコラス・レイ監督が映画化、主演は名優ジョーン・クロフォードが務めた。風が吹き荒れるアリゾナの街外れを舞台に繰り広げられる女の戦いを描いていく。

ネタバレを読む
映画:ミルドレッドピアース

ミルドレッド・ピアースの紹介:1945年にアメリカで製作された犯罪ドラマ。「カサブランカ」で知られるマイケル・カーティスがジェームズ・M・ケインの同名小説を映画化した作品で、ジョーン・クロフォードが主人公のミルドレッド・ピアースを熱演、第18回アカデミー賞では主演女優賞に輝いた。経営者として成功を収めながら、母親としての道を誤った女性の苦悩を描いていく。

ネタバレを読む
映画:ルイの9番目の人生

ルイの9番目の人生の紹介:2016年公開のイギリス&カナダ&アメリカ合作映画。出生から8年の間に8度も生死に関わる大事故に遭った謎多き少年ルイ。9度目の事故による昏睡状態から彼を救おうとする担当医が少年の秘密に迫っていく姿を描くサスペンス。アンソニー・ミンゲラ監督が生前に映画化を熱望していたベストセラー小説を、息子のマックス・ミンゲラがプロデューサー&脚本家を務め、悲願の映像化が実現。

ネタバレを読む
映画:悪と仮面のルール

悪と仮面のルールの紹介:2018年1月13日公開の日本映画。愛する人を守るため、悪事を重ねる男の葛藤を描いた、芥川賞作家・中村文則による同名小説を映画化したクライム・サスペンス。顔を変え、まったくの別人になりすましてまでも愛する人のために自らを捧げる男を玉木宏がクールに演じる。

ネタバレを読む
映画:悪の教典(序章)

悪の教典-序章-の紹介:2012年公開の日本映画。貴志祐介のベストセラー小説を三池崇史監督、伊藤英明主演で映画化した『悪の教典』のスピンオフ。映画版より少し前の世界。スクールカウンセラーの水落聡子が学園の闇を追う。全4話を収録。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。