「原作マンガ/小説」映画一覧(59ページ目)

シャッター アイランドの紹介:2010年公開のアメリカ映画。精神を病んだ犯罪者を収容する、四方を海に囲まれた刑務所『シャッター アイランド』を舞台にし、ある別の目的を抱えた男が失踪事件の謎に挑む、デニス・ルヘインの同名小説を原作とした作品。

ネタバレを読む

着信アリFinalの紹介:2006年公開の日本映画。携帯電話を通して死の呪いが伝染していく『着信アリ』シリーズ3作目にして、完結編にあたる。韓国へ修学旅行に出かけた高校生たちが、次々に死の予告電話を受けて死を遂げる…。

ネタバレを読む

ファイト・クラブの紹介:1999年制作のアメリカ映画。平凡で生真面目すぎるがゆえに不眠症に悩まされる会社員の男性が、ある男との出会いをきっかけに、次第に暴力と狂気に魅せられていく様子を描いた異色ドラマ。

ネタバレを読む

トランスフォーマー/リベンジの紹介:2009年公開のアメリカ映画。マシンに姿を変えて地球に潜む金属生命体・トランスフォーマーの映画『トランスフォーマー』の続編。悪の軍団・ディセプティコンと正義の軍団・オートボットのその後の戦いを描く。

ネタバレを読む

トランスフォーマーの紹介:2007年公開のアメリカ映画。日本製ロボット玩具の設定をもとにしたSF超大作で、マイケル・ベイ監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮を務めた。好評を博し、シリーズ化されている。

ネタバレを読む

仄暗い水の底からの紹介:2002年公開の日本映画。鈴木光司の短編集の一編「浮遊する水」をモチーフに、『リング』を手掛けた中田英夫・監督が映画化した。「水」をモチーフに身近な恐怖から娘を守ろうと奮闘する母を描いた恐怖の作品。

ネタバレを読む

ウルヴァリン:SAMURAIの紹介:2013年公開のアメリカ&オーストラリア合作映画。アメコミ『X-メン』シリーズの6作目、ウルヴァリンシリーズの2作目にあたる。異国の地・日本を訪れたウルヴァリンが出会った運命の人や、日本での戦いを描く。

ネタバレを読む

ぱいかじ南海作戦の紹介:2012年公開の日本映画。椎名誠の同名小説が原作。放送作家・脚本家として活躍する細川徹が映画監督デビューを飾った大人のためのファンタジー。気分転換で訪れた西表島で全財産を盗まれても、のほほんと生きる男を描いた物語。

ネタバレを読む

里見八犬伝(1983年)の紹介:1983年公開の日本映画。江戸時代後期に滝沢馬琴によって書かれた『南総里見八犬伝』を翻案した鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を深作欣二・監督が映画化。それまでの時代劇にはない斬新なアイデアを盛り込んだ作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。