「原作マンガ/小説」映画一覧(7ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:あのコのトリコ

あのコの、トリコ。の紹介:2018年10月5日公開の日本映画。幼なじみの3人の高校生が恋と夢を追う姿を描き、人気となった白石ユキの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。東京の高校に転校し、芸能活動をする幼なじみの少女と再会した青年が、彼女の付き人となり、人生を切り開いていく姿が描かれる。

ネタバレを読む
映画:ういらぶ

ういらぶ。の紹介:2018年11月9日公開の日本映画。人気コミックをKing&Princeの平野紫耀&桜井日奈子主演で映画化した青春ラブストーリー。好きすぎて、あと一歩が踏み出せない幼なじみの男女と、彼らを見守る親友2人の前に恋のライバルが現れたことから、4人の友情に変化が訪れる…。

ネタバレを読む
映画:アイズワイドシャット

アイズ ワイド シャットの紹介:1999年7月31日公開のアメリカ映画。ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアス・ドラマ。監督・製作は「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」などの巨匠スタンリー・キューブリックで、88年の「フルメタル・ジャケット」以来11年ぶりとなる本作完成直後死去し、本作が遺作となった。

ネタバレを読む
映画:運命のボタン

運命のボタンの紹介:原題「The Box」。2009年にアメリカで公開されたSFスリラー映画です。原作は1970年に発表されたリチャード・マシスン氏の短編小説「死を招くボタン・ゲーム」となっています。この短編小説はその後、世界各国で多くの映像化や翻訳がなされ、オマージュ作品もたくさん生み出されました。ちなみにリチャード・マシスン氏は「アイ・アム・レジェンド」の原作で有名な「地球最後の男」の著者としても知られています。

ネタバレを読む
映画:夜のピクニック

夜のピクニックの紹介:2006年に公開された日本の映画で、キャッチコピーは「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」です。第2回本屋大賞を受賞した恩田陸さんの「夜のピクニック」を原作としており、原作者の母校である茨城県立水戸第一高等学校が撮影場所に使われました。出演者は原作者の「アイドルっぽくない俳優を使ってほしい」との要望に応えたものになっています。なお作中に出てくる「歩行祭」は原作者の母校の名物行事「歩く会」をベースにしたものです。

ネタバレを読む
映画:四十七人の刺客

四十七人の刺客の紹介:1994年製作の市川崑監督による時代劇ドラマ。池宮彰一郎の同名小説を映画化した作品で、忠臣蔵の物語を独自の切り口で描いていく。主人公である大石内蔵助を高倉健が、赤穂浪士を対立する米沢藩の色部又四郎を中井貴一が熱演した。

ネタバレを読む
映画:想影

想影の紹介:2017年公開の短編映画。『女による女のためのR18文学賞』の最終選考候補作である野村実来の小説に着想を得たラブストーリー。監督は若手の加藤慶吾。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016では短編部門で観客賞第1位に輝いた。アーミーナイフを持ち歩いていた初恋相手。彼が結婚すると聞いた由美は、ずっと伝えられずにいた想いが溢れ出し、ある行動に出るのだったが…。

ネタバレを読む
映画:咲-Saki-

咲-Saki-の紹介:小林立の同名漫画を原作とした作品で、麻雀の全国大会出場を目指す女子高生たちの姿が描かれています。本作では全国大会出場のための長野県大会決勝の様子が描かれ、主人公の前に立ちはだかるライバルとして、個性的なキャラクターが多く登場しています。キャストには若手女優やアイドルなど次代を担う注目の俳優が多く出演しており、麻雀をテーマにした映画というだけでなく青春ものの映画としても楽しむことができます。

ネタバレを読む
映画:累かさね

累-かさね-の紹介:2018年9月7日公開の日本映画。イブニングに連載され、累計200万部突破のベストセラーとなった人気コミックを、土屋太鳳&芳根京子のW主演で映画化したミステリアスなドラマ。キスした相手の顔を奪い取ることができる不思議な力を秘めた口紅によって、演技力と美貌を兼ね備えた完璧な女優となった2人の女性が、欲望やお互いへの嫉妬心から数奇な運命を辿る…。

ネタバレを読む
映画:コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちにの紹介:2018年9月21日公開の日本映画。本屋大賞の候補になるなどベストセラーとなった川口俊和の同名小説と、その続編を基にしたファンタジーテイストの人間ドラマ。店内のとある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという喫茶店を訪れる客たちと、謎多き店員たちが繰り広げる物語がつづられる。

ネタバレを読む
映画:ハッド

ハッドの紹介:ラリー・マクマートリーの小説を映画化した作品で、崩壊していく牧場一家の悲しい姿を描いていく。監督は「長く熱い夜」、「ノーマ・レイ」を手掛けたマーティン・リット、自由気ままに生きる主人公をポール・ニューマンが好演した。第36回アカデミー賞では、主演女優賞(パトリシア・ニール)、助演男優賞(メルヴィン・ダグラス)、撮影賞 (白黒)を受賞した。1963年アメリカ製作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。