「原作マンガ/小説」映画一覧(94ページ目)

原作マンガ/小説タグのついている映画は、細部まで練られた、凝ったストーリー展開の作品が多く、学生から年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「火花」「人間失格」「海賊とよばれた男」などがあります。

映画:借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年公開の日本アニメーション映画。メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を下敷きとし、スタジオジブリの米林宏昌が監督を務めた。米林監督最新作『思い出のマーニー』が2014年7月19日から公開。

ネタバレを読む
映画:トランスフォーマー(4作目) ロストエイジ

トランスフォーマー ロストエイジの紹介:前作から五年後の世界。人間との同名が破棄されオートボット狩りがはじまった世界に新しい脅威が迫る。オートボット達は再度人類の為に戦うのか。前作に引き続きロボット達のアクションは必見の映画。

ネタバレを読む
映画:八日目の蝉

八日目の蝉の紹介:2011年公開の日本映画。角田光代のベストセラー小説を、『孤高のメス』の監督・成島出が映像化した深遠な人間ドラマ。不倫相手の子を誘拐し4年間育てた希和子と、彼女に育てられた恵理菜の両者を軸にし、「母性」をテーマにした作品。

ネタバレを読む
映画:孤高のメス

孤高のメスの紹介:2010年公開の日本映画。現役の医師・大鐘稔彦のベストセラー小説を、堤真一・主演で映画化したサスペンス・ドラマ。医療に真剣に取り組む医師の姿を、地方医療問題や臓器移植など現実的な問題を交え描いた作品である。

ネタバレを読む
映画:ガリバー旅行記(2010年)

ガリバー旅行記(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ジョナサン・スウィフトの古典文学を、ジャック・ブラック主演で映画化した。原作を大胆に翻案し、小人の国に流れ着いた旅行記者ガリバーが繰り広げるファンタジー・アドベンチャー作品。

ネタバレを読む
映画:複製された男

複製された男の紹介:2014年公開のカナダ映画。ノーベル文学賞受賞の作家・ジョゼ・サラマーゴの同名小説を、ジェイク・ギレンホール・主演で映画化したミステリー。ある日見た映画の中に自分と瓜二つの俳優を見つけた歴史教師が体験する事件を描く。

ネタバレを読む
映画:少年H

少年Hの紹介:2013年公開の日本映画。テレビ朝日開局55周年記念作品で、妹尾河童が自身の少年時代について描き、国民的ベストセラーとなった同名の小説を、実際の夫婦である水谷豊・伊藤蘭が共演した。戦争の中を必死で生き抜く家族の姿を描いた作品。

ネタバレを読む
映画:硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙の紹介:2006年公開のアメリカ映画。『父親たちの星条旗』につづく、第二次世界大戦においての硫黄島での戦いを、日米双方の立場から描いた「硫黄島プロジェクト」の、日本側の視点からの作品である。

ネタバレを読む
映画:ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島

ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島の紹介:2010年公開のアメリカ映画。C・S・ルイスの児童文学『ナルニア国物語』の第3作『朝びらき丸 東の海へ』を映画化したものだが、原作と大幅に異なる展開がある。

ネタバレを読む
映画:ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛の紹介:2008年公開のアメリカ映画。C・S・ルイスの児童文学『ナルニア国物語』の第2作を映画化したもので、キャストも前回と同じ出演者である。

ネタバレを読む
映画:ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女の紹介:2005年公開のアメリカ映画。C・S・ルイスの児童文学『ナルニア国物語』の第1作を映画化したもので、シリーズ化されている。原作は英米児童文学の中でも、非常に有名な作品である。

ネタバレを読む
映画:ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないの紹介:2009年公開の日本映画。インターネットの掲示板2ちゃんねるの書き込みをもとに新潮社から発売された書籍を原作とする。元ニートの青年がブラック会社に就職して人間的に成長する物語。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。