「パニック」映画一覧(2ページ目)

パニックタグのついている映画は、自然災害や未知の生物からの脅威など、過酷な状況下で出演者が立ち向かう設定の作品が多くなっています。また、ハラハラとドキドキが止まらないストーリー展開の作品も多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ミスト」「ジョーズ」「海猿シリーズ」などがあります。

映画「ポンペイ」はアメリカで制作された作品で、「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督の作品です。歴史的悲劇ヴェスヴィオ山噴火により一夜にして消えた町ポンペイを舞台に、剣闘士マイロと貴族の娘カッシアの運命的な愛を描く歴史スペクタル映画です。紀元後62年、ローマ帝国に滅ぼされたケルト民族、その生き残りのマイロも捕まり奴隷とされてします。17年後、剣闘士となったマイロはポンペイに連れて行かれる途中に貴族の娘カッシアと出会い恋に落ちる…。 ネタバレを読む
バンテージ・ポイントの紹介:2008年製作のアメリカ映画。大統領狙撃事件の意外な真実を映し出すサスペンス・アクション。警護官や観光客らの複数の視点で、事件の前後をリピートして描いた斬新な構成に注目!現場にいたシークレット・サービスのトーマス・バーンズは、事件の裏に隠された真相をたった一人で追い始めるが…。 ネタバレを読む
2010年9月公開の日本映画です。 福岡沖に国際プロジェクトとして建設された天然ガス採掘プラント”レガリア”で火災が発生、第十管区海上保安本部の機動救難士である仙崎大輔はバディの吉岡とともに現場に向かいましたが、作業員の救助中に爆発が起こり、数名が施設内に取り残されてしまいました。 折悪しく天候が悪化する中で、仙崎は全員が無事に帰還できる方法を模索し、奮闘していったのです。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2012年公開のアメリカ映画。リー・チャイルドの全米ベストセラー小説、「ジャック・リーチャー」シリーズの9作目である「アウトロー」(原題: One Shot)を原作としたサスペンス作品。白昼、何者かによって5名の市民が無差別に射殺された。現場に残された証拠から、犯人として逮捕されたのは米軍の元スナイパーであるジェームズ・バー。しかし彼は黙秘を貫き、ただ元米軍憲兵隊捜査官の「ジャック・リーチャーを呼べ」という意思表示をするのみだった。 ネタバレを読む
キャスト・アウェイの紹介:2000年製作のアメリカ映画。ロバート・ゼメキス監督&トム・ハンクスという「フォレスト・ガンプ 一期一会」コンビ再びの作品。長い年月を無人島で過ごすことになる男の苦悩をドラマティックにつづった感動作。 ネタバレを読む みんなの感想が7件届いてます
1980年代にスプラッター映画ブームを巻き起こした「死霊のはらわた」を、2013年にリメイクした作品です。オリジナルを監督したサム・ライミは製作にまわり、ウルグアイ出身の新人監督、フェデ・アルバレスがメガホンを取りました。アルバレス監督は、この後に手掛けたホラー映画「ドント・ブリーズ」も高い評価を受けています。 ネタバレを読む
1998年製作のアメリカ映画。マーベル・コミック作品「ブレイド」の実写映画。 人間とヴァンパイアの混血として生まれた”ブレイド”は、ヴァンパイア・ハンターとして活動していました。地球では、人間の知らない所でヴァンパイアが存在しており、人間に知られる事なく共存していました。ある時、ブレイドは、ヴァンパイアの一人フロストが人間界を滅ぼして、ヴァンパイア達による世界征服を企んでいる事に気がつき…。 ネタバレを読む
「ドゥームズデイ」や2019年版の「ヘルボーイ」を手がけたニール・マーシャルが2005年に監督した作品で、洞窟探検に出かけた6名の女性が、思いもよらぬ恐怖に襲われる様を描いたホラー映画です。主要登場人物が女性だけの洞窟探検ホラーという、斬新な設定が高く評価され、2009年には続編も製作されました。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2013年に公開されたアメリカ映画。 後に『IT/‟それ”が見えたら、終わり。』及びその続編『IT THE END』を監督する事になるアンディ・ムスキエティが、自身が過去に発表した短編映画に引き続いて監督を務めたハリウッドデビュー作。 彼を見出したギルレモ・デル・トロが製作総指揮として加わっている。 ネタバレを読む
1996年制作のアメリカ映画。エイリアン襲撃を描くSFアクション。ある日、月面探査基地が宇宙からの信号をとらえる。テレビ局に勤めるデイヴィッドは、その信号をエイリアンの攻撃カウントダウン信号だと解明し、大統領や海軍のスティーブン大尉らと対策を講じるが…。 ネタバレを読む
「セルラー」は何者かに誘拐され監禁された女性が、電話で偶然繋がった男子大学生に助けを求める、手に汗握るクライムサスペンス映画です。監督は「デッドコースター」や「シャーク・ナイト」のデヴィッド・エリスの作品です。主演は「LA.コンフィデンシャル」でアカデミー助演女優賞を獲得したキム・ベイシンガーと、「アベンジャーズ」シリーズにてキャプテン・アメリカのクリス・エヴァンズです。また「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムが誘拐犯役を演じています。 ネタバレを読む
2010年公開のアメリカ映画。監督は「トップ・ガン」や「ビバリーヒルズ・コップ2」のトニー・スコット。トニー・スコットは、この作品が最後の監督作品となった。主演は「ボーン・コレクター」や「フライト」などのデンゼル・ワシントン、共演に「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン他。 実際にあった貨物列車の暴走事故を基にした物語。無人走行を始めた貨物列車777号には、大量の燃料と共に発火性の強い有毒化学物質が積まれていた。力行(アクセルを踏んだような状態)の列車は加速していく。大惨事を回避するために大ベテランの機関士と、新米車掌が暴走事故の解決に挑む。 ネタバレを読む
2014年のアメリカ映画。 『トレーニング デイ』や『ザ・シューター/極大射程』など、重厚なアクションスリラーを得意とするアントワーン・フークアが監督を務め、『デレーニング デイ』でアカデミー主演男優賞に輝いたデンゼル・ワシントンと再ダッグを組んだ作品。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×