「パニック」映画一覧(38ページ目)

パニックタグのついている映画は、自然災害や未知の生物からの脅威など、過酷な状況下で出演者が立ち向かう設定の作品が多くなっています。また、ハラハラとドキドキが止まらないストーリー展開の作品も多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ミスト」「ジョーズ」「海猿シリーズ」などがあります。

ファイナル・デッドブリッジの紹介:2011年制作のアメリカ映画。『ファイナル・デスティネーション』シリーズの第5弾。製紙会社に勤務する主人公が社員研修のバスに乗った直後に橋崩落の事故を予知して…。今シリーズを知る者には嬉しいラストがある。

ネタバレを読む

「THE LAST MESSAGE 海猿」の紹介:大型天然ガスプラント「レガリア」で発生した事故救助作業中にレガリア設計主任の桜木ら4名と共に施設内に取り残された機動救難士仙崎。大型台風が接近している中、共に取り残された若手潜水士の服部とバディを組み全員を無事脱出させられるか。

ネタバレを読む

「LIMIT OF LIVE 海猿」の紹介:鹿児島の第十管区機動救難隊に所属する仙崎とそのバディ吉岡は鹿児島湾内で座礁したフェリーの救助活動中に要救助者2名とフェリー内で孤立。海上保安庁の海猿たちは果たして全員を無事救助できるか。仙崎は脱出して環菜と再会することができるか。

ネタバレを読む

AUDITION オーディションの紹介:1999年公開の日本映画。村上龍の同名小説を原作とし、三池崇史が監督を手がけた。海外での評価が非常に高いホラー作品。再婚相手を探すために映画のオーディションを開いた中年男性が体験する恐怖の体験を描く。

ネタバレを読む

喰う家の紹介:2005年制作の日本映画。亀井亨・監督と長崎みなみ・監督の短編ホラーオムニバス。格安中古物件を購入した夫婦が数々の怪奇現象を体験し、その後家族全員が行方不明になってしまう表題作「喰う家」のほかに「霊視」を収録。

ネタバレを読む

仄暗い水の底からの紹介:2002年公開の日本映画。鈴木光司の短編集の一編「浮遊する水」をモチーフに、『リング』を手掛けた中田英夫・監督が映画化した。「水」をモチーフに身近な恐怖から娘を守ろうと奮闘する母を描いた恐怖の作品。

ネタバレを読む

ブレイド3の紹介:2004年制作のアメリカ映画。人間とヴァンパイアの混血として生まれたブレイドが活躍する、シリーズ3部作の完結編にあたる。ブレイドが人間を救うために、元祖ドラキュラとヴァンパイアの集団と戦いを繰り広げる作品である。

ネタバレを読む

ブレイド2の紹介:2002年制作のアメリカ映画。人間とヴァンパイアの混血として生まれたブレイドが活躍する、シリーズ3部作の2作目に当たる。ギレルモ・デル・トロ監督で、第3の敵に対し、ブレイドとヴァンパイアが手を組んで戦う作品である。

ネタバレを読む

フラットライナーズの紹介:1990年制作のアメリカ映画。「フラットライン」とは脳波や心電図が平らになること、「死ぬこと」の意。熱意に満ちた医学生たちが、死後の世界について調査する危険な実験を重ねるうちに、恐ろしい事態に陥るサスペンスである。

ネタバレを読む

ジュラシック・パークⅢの紹介:2001年公開のアメリカ映画。「ジュラシック・パーク」シリーズの3作目にあたる。ジョー・ジョンストンが監督、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務める。4作目「ジュラシック・ワールド」も2015年制作予定。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。