「パニック」映画一覧(4ページ目)

ユナイテッド93の紹介:2006年公開のアメリカ映画。アメリカ同時多発テロでハイジャックされた4機のうちの1機、ユナイテッド空港93便の様子や、地上の関係者たちの姿を描いている。ポール・グリーングラスが監督・脚本を務めた作品。

ネタバレを読む

スタンドオフの紹介:2016年製作のカナダ映画。「ミスト」のトーマス・ジェーンと「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーンがぶつかり合うシチュエーションスリラー。元軍人カーターの家に、暗殺者に追われた少女が逃げ込んでくる。カーターは少女を守るため、銃を手に死闘を繰り広げる。

ネタバレを読む

エンド・オブ・トンネルの紹介:2016年製作のアルゼンチン&スペイン合作映画。「人生スイッチ」のレオナルド・スバラーリャ主演の犯罪スリラー。事故で妻と娘を失い車椅子生活となったホアキンは、生計のために家の2階をストリッパーのベルタと娘に貸す。2人に妻子の姿を重ね、明るさを取り戻していたある日、地下室で奇妙な音を聞く。

ネタバレを読む

エリア0<ゼロ>の紹介:2014年制作のアメリカ映画。失踪が相次いでいるというブラウン山の実話を映画化。未だ謎に包まれている怪光に、ある家族が遭遇して起こる恐怖を描いている。マッティ・ベッカーマンが監督、マイク・フライス、ガイ・イースト、ローレンス・ベンダーが製作を務めた作品。

ネタバレを読む

シャークネードの紹介:2013年製作のアメリカ映画。タイトルのサメ(シャーク)+トルネード(竜巻)の合成語の通り、サメを内包してやってきた竜巻と人間との死闘を描く。『シャークネード カテゴリー2』、『シャークネード エクストリーム・ミッション』、『シャークネード4』と後続作品が公開されている。『シャークネード5』ではドイツ、ロンドン、イタリアに続き日本(東京)でも撮影が行われ(2017年3月)、都内某所がシャークネードに襲われるという設定。

ネタバレを読む

ザ・タワー 超高層ビル大火災の紹介:2012年製作の韓国映画。マンションや商業施設が併設された108階建ての高層ビルで大規模火災が発生、消火活動と人命救助に奔走する消防士たちや、愛する者を守ろうとする人々の姿を描く。監督は『第7鉱区』のキム・ジフン。

ネタバレを読む

マイ・ラブリー・フィアンセの紹介:12世紀から現代にタイムトリップした伯爵と、彼が誤って殺めてしまった婚約者に瓜二つの女性との時空を超えたファンタジー・ラブコメ。
映画『おかしなおかしな訪問者』(‘92仏)をリメイクした2001年のアメリカ映画。両作品共に主演はジャン・レノ、従者役はクリスチャン・クラヴィエの名コンビが熱演。原題は『Just Visiting』。

ネタバレを読む

LOCK DOWN ロックダウンの紹介:2016年製作のアメリカ&イタリア合作映画。『エスクワイア』誌で“最もセクシーな女性”第1位に選ばれたカトリーナ・ボウデン主演のパニック・アクション。完璧なセキュリティを誇るAI搭載車を走らせていたサンドラは、砂漠地帯で車に幼い息子を乗せたまま、車の外に閉めだされる。翌昼、気温が上昇し…。

ネタバレを読む

シャークネード ザ・フォース・アウェイクンズの紹介:2016年製作のアメリカ映画。サメを巻き込んだ竜巻、シャークネードが発生してアメリカを襲う映画『シャークネード』シリーズ第4弾。天候安定システムで竜巻が起こらなくなったはずのアメリカで、またシャークネードが発生し…。

ネタバレを読む

エウロパの紹介:2012年製作のアメリカ映画。木星の第二衛星、エウロパを調査する宇宙飛行士たちの危険な任務を描いた作品。世界中から選ばれた6人の宇宙飛行士の過酷な状況や不測の事態を映し出している。ミカエル・ニクヴィスト、ダニエル・ウー、シャールト・コプリーらが共演したSFスリラー。

ネタバレを読む

シン・ジョーズの紹介:2016年製作のアメリカ映画。核弾頭シャークが人類を絶望の渦に陥れるパニックアクション。サンディエゴのビーチに、突如焼死体が浮かび上がる。ライフセーバーのジーナとカプランが死体を調べると、核実験の影響により進化したサメの犠牲者だと判明する。サメは次々に人を襲い…。

ネタバレを読む

グランド・クロス ドゥームズデイ・プロフェシーの紹介:2011年制作のカナダ映画。現代のノストラダムスと呼ばれた預言者が恐るべき予言をした。彼の言う通り、世界は破滅へと向かっていく。世界を救うため、予言の謎に立ち向かう人々の姿を描いた作品。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。