「パニック」映画一覧(5ページ目)

パニックタグのついている映画は、自然災害や未知の生物からの脅威など、過酷な状況下で出演者が立ち向かう設定の作品が多くなっています。また、ハラハラとドキドキが止まらないストーリー展開の作品も多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ミスト」「ジョーズ」「海猿シリーズ」などがあります。

映画:オキナワノコワイハナシ2

オキナワノコワイハナシ2の紹介:2007~8年に放映された沖縄琉球放送制作のオムニバス・ホラードラマ第2弾。心に傷を持つジムの練習生が怪物(マジムン)と化す「怪物 MAJIMUN」、暗闇に潜む恐怖を描いた「暗隅(クラシミ)」、心霊スポットで拾ったラジカセの怪異「放送禁止」の3作品。監督/脚本は岸本司、川端匠志、高山創一など。

ネタバレを読む
映画:ザシャッフル

ザ・シャッフルの紹介:2016年製作のドイツ映画。閉鎖された倉庫の中、4人の登場人物。そこでは大金の受け渡しが行われようとしている。場面は変わり、テーブルに着く4人。ポーカーのカードが配られるたびに、彼らの運命における立ち位置がシャッフルされ、そのたびに事態は違う展開を迎えていく。同じシチュエーションで、もしも人物だけが入れ替わったら?小さなすれ違いが展開を大きく変えていく、実験的シチュエーション・スリラー。

ネタバレを読む
映画:ホステージX

ホステージXの紹介:2017年製作のオランダ&アメリカ合作映画。記憶を失ったまま、見知らぬ場所に監禁された男の運命を映し出すサスペンス・スリラー。その男は、自分が誰なのか、なぜ監禁されているのか全くわからない。持ち物は携帯電話のみ。屈強な男たちに監視されるなか、手掛かりを求め、男はCIAにアクセスするが…。

ネタバレを読む
映画:戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!FILE-01 恐怖降臨!コックリさん

戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!FILE-01 恐怖降臨!コックリさんの紹介:「ノロイ」「オカルト」などPOVで知られる白石晃士監督による連作で、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズのリ・スタート編、2015年に公開された「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!」シリーズの第1作。おなじみ工藤DとAD市川コンビが廃校に現われる”コックリさん”の怪奇現象に挑む。主演は前シリーズから引き続き大迫茂生、久保山智夏。出演は「家をたてること」の紅甘など。

ネタバレを読む
映画:パラサイトバイティング食人草

パラサイト・バイティング 食人草の紹介:メキシコでバカンス中だった若者が観光気分で謎めいた遺跡に向かうが、そこは人喰いツタが繁茂するマヤ人の禁断の場所だったという、2008年公開のオーストラリアのホラー映画。原作/脚本は「シンプル・プラン」で知られるスコット・スミスの「ルインズ 廃墟の奥へ」。監督は本作が長編デビューとなるカーター・スミス。出演は「ベロニカは死ぬことにした」のジョナサン・タッカー、「ドニー・ダーコ」のジェナ・マローンなど。

ネタバレを読む
映画:プール(2016年)

プールの紹介:2016年製作のアメリカ映画。閉ざされたプールを舞台に描くパニック・シチュエーションスリラー。閉館間際のプールで泳ぐ姉妹。姉のブリーが婚約指輪を失くしたことに気付き、姉妹は指輪を探すが、全員が帰宅したと勘違いした館長がプールの電動カバーを作動させてしまい…。

ネタバレを読む
映画:亜人

亜人の紹介:2017年9月9日公開の日本映画。絶対に死なない新人類“亜人”と人類との戦いを描き、テレビアニメや劇場映画化された桜井画門の人気コミックを佐藤健主演で実写映画化したSFアクション。事故によって自分が亜人だと知り、絶望に苛まれながらも、人類に戦いを挑む亜人たちに立ち向かっていく青年の運命を描く。

ネタバレを読む
映画:シャットアウトSHUTOUT

シャット/アウト SHUT/OUTの紹介:2014年製作のイタリア映画。ギアコモ・レジーナ監督によるソリッド・シチュエーションスリラー。閉じ込められたガレージの車の中で一酸化炭素中毒死寸前で目覚めたエレナ。何とか脱出方法を模索していると、彼女のスマホが鳴り、犯人からのゲームの開始が告げられる。

ネタバレを読む
映画:寄生獣Z

寄生獣Zの紹介:2016年製作のアメリカ映画。ある田舎町に、突如として謎の病気が蔓延。脳に巣食い人間を凶暴化させる寄生虫と、人間との戦いが始まる。新任の保安官・ケリーは恋人の女医・マリアマと共に立ち向かうが、町長が邪魔をして…。

ネタバレを読む
映画:エイリアンZ超感染

エイリアンZ 超感染の紹介:2017年製作のアメリカ映画。最凶の感染系エイリアンが人類に牙を剥くSFバトルアクション。ハンナら男女4人は軍の地下に収容されていたが、収容の理由と経緯を誰も記憶していなかった。時間だけが過ぎゆく中、緊急事態で軍が撤退。4人は脱出を試みるが、エイリアンが立ち塞がる。

ネタバレを読む
映画:超能力者(韓国)

超能力者(韓国)の紹介:幼い頃”見た人間を思い通りに操れる力”により父を殺害、以来孤独に生きていた男が、”操れない男”と出会い、殺戮を重ねていくという、2010年公開の韓国のアクション・サスペンス。監督/脚本は本作が長編デビューとなるキム・ミンソク。主演は「義兄弟 SECRET REUNION」「プリースト 悪魔を葬る者」のカン・ドンウォンと「高地戦」「白夜行-白い闇の中を歩く-」のコ・ス。原題は「HAUNTERS」。2014年には邦版リメイク作品「MONSTERZ モンスターズ」(主演藤原竜也、山田孝之/中田秀夫監督)が公開された。

ネタバレを読む
映画:ボンボヤージュ家族旅行は大暴走

ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~の紹介:2016年製作のフランス映画。制御不能になった車の中という密室で繰り広げられる騒動を描き、本国フランスで大ヒットを記録したコメディ。楽しいはずのバカンスに出かけた一家が、車の故障で度重なるトラブルに見舞われた挙句、家族の危機を迎える姿がつづられる。

ネタバレを読む
映画:カリフォルニアブロウ

カリフォルニア・ブロウの紹介:2017年製作のアメリカ映画。火山噴火によりロサンゼルスが灼熱の地獄と化すディザスターパニック。カリフォルニアの地下で未知の断層が活動を開始し、ロサンゼルスは炎の海に。混乱状態の中、パニック映画の脚本家・ジョシュと女優のカットは、地震学者のアーウィン博士に出会う。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。