「パラレルワールド」映画一覧

パラレルワールドタグのついている映画は、この宇宙と同じ次元で並行して存在する、夢のある世界を設定とした作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「モンスターズ・インク」「パコと魔法の絵本」「パプリカ」などがあります。

映画:レディプレイヤー1

レディ・プレイヤー1の紹介:2018年公開のアメリカ映画。日本のアニメやゲームからの影響も感じさせるアーネスト・クラインのベストセラーを、スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したSFアドベンチャー。2045年の近未来を舞台に、何にでもなれるVRワールド“オアシス”によって人生を一変させていく少年の冒険が描かれる。「機動戦士ガンダム」や「ストリートファイター」のキャラクターなども登場する。

ネタバレを読む
映画:パラレルワールド

パラレルワールドの紹介:LDH JAPAN、国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア、作詞家小竹正人氏による音楽と映像のコラボ『CINEMA FIGHTERS』の第1弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本はカンヌ国際映画祭常連の河瀨直美。製作は2017年、作品原案曲は三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの『Unfair World』。

ネタバレを読む
映画:黒い箱のアリス

黒い箱のアリスの紹介:深い森に佇む瀟洒な邸宅に住む、片腕を失った少女アリスと愛犬”ママ”の前に出現した黒い立方体”キューブ”。深々とした静寂の中で起こる奇妙な事件を描いた2018年公開のスペインのSFミステリー。監督/脚本は本作が長編デビューとなるサドラック・ゴンザレス=ペレジョン。プチョン国際ファンタスティック映画祭審査員賞受賞作品。

ネタバレを読む
映画:スターダスト

スターダストの紹介:2007年に公開されたイギリス・アメリカ映画で、ニール・ゲイマンのファンタジー小説を原作としている。マシュー・ヴォーンが監督を務め、クレア・デインズやミシェル・ファイファー、ロバート・デ・ニーロらが出演したファンタジー。愛する人のため、流れ星を取りに行く青年が、壁を越えて魔法の世界へと旅する姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:サードパーソン

サード・パーソンの紹介:2013年のドラマ映画。監督・脚本は「ミリオンダラー・ベイビー」などで知られるポール・ハギス。主演はリーアム・ニーソン。ニューヨーク、パリ、ローマを舞台にした群像劇。日本公開は2014年。

ネタバレを読む
映画:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の紹介:2017年8月の公開作。岩井俊二監督の1995年の同名原作を、脚本を大根仁、総監督を新房昭之が担当しアニメ化。原作にはない新たなストーリーが追加された。中学生の典道は、転校が決まった片思い中のなずなを助けられなかった。典道が「もしもあの時俺が…」と強く願うと、時間が巻き戻り始めて…。

ネタバレを読む
映画:軽い男じゃないのよ

軽い男じゃないのよの紹介:2018年に制作されたフランス映画で、ヴァンサン・エルバズ主演で贈るコメディ。女性好きで遊び人の独身男性が、ポールに頭をぶつけたことから、男女の立場が逆転した世界へと行って起こる出来事を描いている。

ネタバレを読む
映画:アルビオンの世界

アルビオンの世界の紹介:2016年に制作されたアメリカ・ブルガリア映画で、ジェニファー・モリソンやスティーヴン・ドーフ、リアム・マッキンタイア、デブラ・メッシング、ジョン・クリーズら豪華出演で贈るファンタジー。別世界に引き込まれた少女が、邪悪な将軍に支配された国から、平和を取り戻すために立ち向かう姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:アナイアレイション全滅領域

アナイアレイション -全滅領域-の紹介:2018年公開のアメリカ・イギリス合作映画。不可解な現象が起こるエリアに、調査に向かう者たちの姿を描いている。ジェフ・ヴァンダミアの小説が原作で、アレックス・ガーランドが監督と脚本を務め、ナタリー・ポートマン主演で贈るSFファンタジー。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。