「パラレルワールド」映画一覧

パラレルワールドタグのついている映画は、この宇宙と同じ次元で並行して存在する、夢のある世界を設定とした作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「モンスターズ・インク」「パコと魔法の絵本」「パプリカ」などがあります。

ピクサー長編アニメーション20周年記念とされている2015年公開の映画。頭の中の感情や記憶をキャラクター化させ、それぞれが活躍することで人の内面が形成される様子を描いている。「南の島のラブソング」とともに同時上映された。 ネタバレを読む
映画:HELLO WORLD
HELLO WORLDの紹介:2019年に公開された作品。2027年の京都を舞台に、冴えない男子高校生の主人公の元へ10年後の自分を名乗る人物が現れ、大きな出来事へと巻き込まれていく物語を描いた長編アニメーション作品。監督を務めたのは『時をかける少女』『サマーウォーズ』で助監督を務め、数多くのテレビアニメでも監督経験がある伊藤智彦。高校生の主人公を北村匠海、10年後の主人公を松坂桃李、ヒロインを浜辺美波が演じている。 ネタバレを読む
映画:パラレルワールドラブストーリー
パラレルワールド・ラブストーリーの紹介:2019年5月31日公開の日本映画。映像化不可能と言われた東野圭吾のベストセラーをKis-My-Ft2の玉森裕太主演で映画化したミステリー。恋人と幸せな日々を過ごす世界と、親友が恋人とつきあう別の世界という2つの世界を行き来する男が辿る運命を描く。主人公のミステリアスな恋人を吉岡里帆、中学時代からの親友を染谷将太が演じる。 ネタバレを読む
映画:エンドオブオデッセイ
エンド・オブ・オデッセイの紹介:月面探索に行ったまま、地球へと帰還出来なくなってしまった宇宙飛行士の苦悩と、地上で彼を待つ恋人との物語を描いた作品です。宇宙空間のシーンは少なく、宇宙飛行士がたどり着いた「謎の場所」で見る荒涼とした風景が、印象に残ります。 ネタバレを読む
映画:イエスタデイ(2019)
イエスタデイ(2019)の紹介:2019年公開の映画作品。世界的に有名な伝説のバンドであるビートルズの楽曲をモチーフとした作品に仕上がっている。世界中で有名なバンドであるはずのビートルズの存在とその楽曲が存在しない世界に迷い込んでしまった主人公をコメディチックに描いた作品。監督を務めたのは「28日後…」シリーズや「スラムドッグ$ミリオネア」などの監督として知られるダニー・ボイル。エド・シーランが本人役で出演していることでも話題となった。 ネタバレを読む
映画:K-20 怪人二十面相・伝
K-20 怪人二十面相・伝の紹介:佐藤嗣麻子が監督・脚本をつとめ、2008年に公開された作品です。第二次世界大戦が回避された1949年の日本を舞台に怪人二十面相と明智小五郎、そして二十面相の濡れ衣を着せられてしまう軽業師を主人公に、アクションとドラマチックな構成で描かれた映画となっています。主演は金城武がつとめ、主題歌にはOasisの「The Shock Of The Lightning」が起用されています。 ネタバレを読む
映画:九月の恋と出会うまで
九月の恋と出会うまでの紹介:2019年3月1日公開の日本映画。「書店員が選んだ、もう一度読みたい恋愛小説」で1位に輝いた松尾由美による小説を、高橋一生&川口春奈主演で映画化したラブストーリー。未来の声のおかげで命を救われたものの、タイムパラドックスによって1年後に消えてしまうという運命を背負ったヒロインが、隣人の青年とともに奇跡を起こそうとする姿が描かれる。 ネタバレを読む
映画:ハッピーデスデイ
ハッピー・デス・デイの紹介:2017年アメリカ公開。日本では2019年に続編「ハッピー・デス・デイ2U」のアメリカ公開の時期に合わせて公開された。本作の制作企画は、公開から10年も遡った2007年に発表されていたが、紆余曲折の末に計画は頓挫。その後、2016年に計画が再始動された。監督を務めるのは「パラノーマル・アクティビティ」シリーズなどのホラー映画で知られているクリストファー・B・ランドン。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:相対性理論
相対性理論の紹介:2014年製作。Tick Tack製作の短編映画シリーズの4作目となる作品である。日本人ならば誰でも知っている昔ばなし「浦島太郎」をモチーフとした連作短編映画シリーズの第4弾として製作された。監督・脚本・編集を務めたのは、Tick Tackの中心人物でもある堤真矢が務めている。第一弾の作品から第五弾の「浦島太郎」まで緻密に製作されていることが特徴であり、評価されている。 ネタバレを読む
映画:ホッタラケの島遥と魔法の鏡
ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜の紹介:佐藤信介が監督をつとめ、2009年に公開されたCGアニメーション作品です。人間の世界でほったらかしにされている物が集まる「ホッタラケの島」に迷い込んでしまった主人公が、亡くなった母からもらった鏡を見つけ出すことで、忘れていた大切な気持ちを取り戻すストーリーとなっています。主人公・遥の声は綾瀬はるかがつとめ、第33回日本アカデミー賞では優秀アニメーション作品賞を受賞しています。 ネタバレを読む
映画:コングレス未来学会議
コングレス未来学会議の紹介:2013年のイスラエルとフランスの合作映画。スタニスワフ・レムの原作小説「泰平ヨンの未来学会議」を、「戦場でワルツを」などで知られるアリ・フォルマン監督が実写映画化。主演はロビン・ライト。日本公開は2015年。 ネタバレを読む
映画:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの紹介:2019年公開。MARVELコミック原作の、同一の世界観を共有する作品群「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の第23作目であり、トム・ホランドが演じるMCU版スパイダーマン単独作としては2作目となる。2019年4月公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」のその後の出来事を描いている作品で、シリーズ第一作である2008年公開「アイアンマン」から始まった「インフィニティ・サーガ」の締めくくりとなる作品である。監督は前作「スパイダーマン:ホームカミング」から引き続きジョン・ワッツが務めている。 ネタバレを読む
映画:サカサマのパテマ
サカサマのパテマの紹介:2013年公開。「イヴの時間」「パトレイバーREBOOT」「アルモニ」などの監督として知られている吉浦康裕監督が原作・脚本・監督を務めた長編アニメーション作品である。吉浦が原作・脚本・監督を務めたのは「イヴの時間」に続き二作品目となる。第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞。さらに、スコットランドラブアニメ映画祭2013では観客賞・審査員賞を受賞するなど、海外での評価も高い作品。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×