「政治/経済」映画一覧(2ページ目)

政治/経済タグのついている映画は、歴史的な出来事を設定としていたり、社会の動きやお金の仕組みを学べるストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「英国王のスピーチ」「県庁の星」「ソーシャル・ネットワーク」などがあります。

横山秀男原作の長編小説を、堤真一主演で描いたミステリーヒューマンドラマ。1985年8月12日、夕刻。一機の日航機が御巣鷹山に激突した。第一報が入り、北関東新聞社の遊軍記者、悠木をはじめとして記者達は事故直後の状況を「どれだけスクープできるか」という高度な情報戦と、圧倒的な被害に押しつぶされそうになりながら、戦後最大の国内飛行機事故に迫る。2008年公開作品。原田眞人監督、145分。 ネタバレを読む
ゾンビコメディ「ショーン・オブ・ザ・デッド」で名を上げた、エドガー・ライト監督とサイモン・ペグ&ニック・フロストの主演コンビが、刑事アクションのパロディに挑んだ作品です。生真面目なエリート刑事が田舎町に左遷され、町に隠されていた陰謀を解き明かしていくという内容で、日本では劇場未公開の状態が続いていましたが、ファンの署名運動により公開が実現しました。 ネタバレを読む
2010年のアメリカ映画。アメリカ屈指の名門校ハーバード大学に通うマークは、学生のステータスでもある秘密結社ファイナル・クラブに入会することができず、恋人とも別れて人生を悲観していた。そんなある日、マークはクラブの会員である友人たちから、学生のコミュニティサイトを作ってほしいという依頼を受け…。世界最大SNSサイトの一つであるFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグらを描いたヒューマンドラマ。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2012年製作のアメリカ映画。ブルックリンのショーパブで働くゲイのルディは、障がいを持ち育児放棄された少年マルコと出会う。ルディは心優しくユーモアにあふれるマルコに惹かれていき、ゲイのパートナーであるポールとともにマルコを育てることを決めるが...。実話をもとにした感動作。 ネタバレを読む
2010年イギリス・オーストラリア合作の歴史ドラマ映画。トム・フーパー監督。 吃音で悩まされていた英国王ジョージ6世と、彼を支え障害の克服を手助けした平民の言語療法士との実話を元にした映画。 この作品は第83回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞の4部門を獲得。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋の紹介:2019年製作のアメリカ映画。オスカー女優のシャーリーズ・セロンと『40歳の童貞男』のセス・ローゲンが共演したラブコメディ。才色兼備な国務長官に恋をしたさえないジャーナリストの奮闘を、男女逆転のシンデレラストーリーとして描く。共演は「猿の惑星」新3部作のアンディ・サーキス、『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルドら。監督は『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン。 ネタバレを読む
コンドル(1975年)の紹介:シドニー・ポラック監督、ロバート・レッドフォード主演のポリティカルサスペンス。ジェームズ・グレイディの小説『コンドルの六日間』を映画化した作品で、CIAの裏組織と孤独な戦いを繰り広げる分析官の姿を描いていく。1975年アメリカ製作。 ネタバレを読む
COLD WAR あの歌、2つの心の紹介:パヴェウ・パヴリコフスキ監督による恋愛ドラマ。冷戦下のヨーロッパを舞台に、愛し合いながらも別れと再会を繰り返すポーランド人の男女の物語を描いていく。第71回カンヌ国際映画祭では監督賞を受賞した。2018年ポーランド・イギリス・フランス合作 ネタバレを読む
映画:バイス
バイスの紹介:アダム・マッケイ監督、クリスチャン・ベール主演の政治ドラマ。アメリカ史上最も巨大な権力を手に入れた副大統領ディック・チェイニーの人生をブラックユーモアを交えながら描いていく。第91回アカデミー賞では、メイク・ヘアスタイリング賞を受賞した。2018年アメリカ製作。 ネタバレを読む
映画:暗殺のオペラ
暗殺のオペラの紹介:名匠ベルナルド・ベルトルッチの初期の監督作で、イタリアの田舎町を舞台にした政治サスペンス。ホルヘ・ルイス・ボルヘスの「裏切り者と英雄のテーマ」を原作としており、ファシズムに抵抗した英雄である父がなぜ暗殺されたのか、その謎を追う青年の姿を描く。1970年イタリア製作。 ネタバレを読む
映画:十年 Ten Years Thailand
十年 Ten Years Thailandの紹介:2015年製作の香港のオムニバス映画「十年」のタイ版となる作品。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞のアピチャッポン・ウィーラセタクンが総括を担当し、自身も最終話「都市の歌」の監督を手掛けた。権力により統制を受ける社会や異種族の排斥、都市開発など、様々な表現を用いてタイ社会を描いていく。2018年香港・タイ合作。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×