「爽快」映画一覧(2ページ目)

爽快タグのついている映画は、理不尽な要求に屈せず、正義を貫くヒーローが出演者であったり、ダイナミックでスピード感あふれる演出で、悩みを吹き飛ばす気分爽快な作品が多く、子供から大人まで楽しむことができ、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「REDシリーズ」「TAXi」「トリプルX」などがあります。

2012年制作の日本映画。時代は明治11年。緋村剣心という男は「不殺の誓い」という変わった誓いを立て、日本各地を旅していた。そんな彼は、自分のかつての異名「人斬り抜刀斎」を名乗る偽物と戦うことになる。やがて、剣心は重大な選択を迫られてしまう。 ネタバレを読む
映画「ノッティングヒルの恋人」はジュリア・ロバーツとヒュー・グラントの人気俳優が贈るロマンティックコメディー。ロマンチックコメディ映画の代表とも言われ愛されている、今なお人気の高い作品です。ロンドンのノッティングヒルに住む、バツイチのごく普通の男性ウィルとハリウッドの人気女優のアナ、まるっきり違う人生を歩んでいる2人が、ある日偶然出会い恋に落ちていく…。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2003年製作のアメリカ映画。売れないバンドのデューイは、自身がバンドを作ったにも関わらず解雇されてしまう。家賃も滞納し、なんとかお金を工面しなければならない時、ルームメイトのネッドに成り代わって、ホレス・グリーン学院の補充教師として働くことに。しかしこの学校はマジメすぎるほどマジメで、ロックしか知らないデューイは…。 ネタバレを読む
2010年公開のアメリカ映画。監督は「トップ・ガン」や「ビバリーヒルズ・コップ2」のトニー・スコット。トニー・スコットは、この作品が最後の監督作品となった。主演は「ボーン・コレクター」や「フライト」などのデンゼル・ワシントン、共演に「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン他。 実際にあった貨物列車の暴走事故を基にした物語。無人走行を始めた貨物列車777号には、大量の燃料と共に発火性の強い有毒化学物質が積まれていた。力行(アクセルを踏んだような状態)の列車は加速していく。大惨事を回避するために大ベテランの機関士と、新米車掌が暴走事故の解決に挑む。 ネタバレを読む
2006年アメリカ製作のコメディ映画。第79回アカデミー賞で作品賞を含む4部門ノミネートされ、脚本賞、助演男優賞を獲得。世界興行収入は1億ドルを超え、批評家に高く評価された作品。ぽっちゃりとした眼鏡をかけた可愛い少女オリーヴが、ミスコンに出場することになり、母シェリルの兄のフランクと家族みんなで、黄色い古いバスに乗り、「リトル・ミス・サンシャイン」の会場へ長距離のたびに出ます。旅の途中、家族それぞれの問題が出てきます。 ネタバレを読む
RED/レッドの紹介:2010年製作のアメリカ映画。ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマンらが引退したCIAエージェントに扮し、彼らを抹殺しようとする巨大な陰謀の黒幕を追い詰めていく姿を描く痛快アクション。“若造には負けん!”とばかりに老体にムチを打ち過激なアクションに挑む姿に胸が熱くなる。監督は「フライトプラン」のロベルト・シュヴェンケ。 ネタバレを読む
2011年公開のアメリカ映画。1972年にチャールズ・ブロンソンが主人公を演じた同名の映画のリメイク版であり、主演はジェイソン・ステイサム。凄腕の殺し屋であるビショップは、彼に殺しの技術を教えた師匠とも言うべき相手の殺害を依頼される。葛藤の末、依頼通りに恩人を殺すも、その息子であるスティーブが彼に「弟子入り」することに。父を殺した相手と知らず、スティーブはビショップの元で徐々に殺しの技術を磨いていくのだった。 ネタバレを読む
大ヒットした「ダイ・ハード」シリーズの4作目にあたり、前作のパート3から12年ぶりに製作された作品です。タフな主人公の刑事ジョン・マクレーンが、全米を震撼させるサイバーテロに立ち向かう様を描いています。世代の違う若者とのギャップに戸惑いながらも、次第に相棒として協力し、共にテロに立ち向かっていく姿が新鮮です。 ネタバレを読む
自らに「運び」のルールを課したトランスポーター(運び屋)フランク・マーティンは依頼人からあるバッグを頼まれるが、自分に課した掟を破り中身を見てしまったことから人身売買の組織と渡り合うことになる。 フランスの巨匠リュック・ベンソンが脚本とプロデュースを担当し、本作で世界的に名が知られることとなるジェイソン・ステイサムを主演に、2002年に制作されたフランス・アメリカのカーアクション映画。監督はルイ・レテリエ、コリー・ユン。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
フランク・マーティンは、どんな危ない仕事でも冷静沈着にこなす、依頼者からは絶対の信頼があるトランスポーター(運び屋)だったが、今はアメリカのマイアミにいた。彼の話を聞いた連邦麻薬対策委員長であるジェファーソン・ビリングスからの依頼でフランクは短期間だが彼の息子ジャックの送迎を担当することになる。しかしコロンビアの麻薬カルテルから仕事を依頼された犯罪者たちが、ジャッ クに殺人ウィルスを注射したことで、フランクはジャックを助けるべく犯罪グループに挑んでいく。 2005年公開 フランス・アメリカ合作のカーアクション映画
製作・脚本:リュック・ベンソン  監督:ルイ・レテリエ ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2003年製作のアメリカ映画。2000年公開映画の「チャーリーズ・エンジェル」の続編。 証人保護プログラムの情報が埋め込まれた指輪を奪還する任務にあたるエンジェル達でしたが、捜査を進める中で、ある重要事実にたどり着きます。しかし、事件の裏には、過去にチャーリーの元で働いていた最強のエンジェルが関わっており…。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
2014年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。前作でのセンチネルとメガトロンが引き起こしたシカゴの惨劇から5年後、オートボットたちの協力で地球は守られたが、それでも彼らを否定する人類もいました。そんな時、テキサス州のしがない発明家ケイドは、映画館に眠っていたトレーラートラックを見つけたが…。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2015年公開のアメリカ映画。アダム・サンドラ―主演のSFコメディ作品。ある日、謎の地球外生命体が、アーケードゲームのキャラクターたちを使って地球を攻撃し始める。彼らに立ち向かうのは、かつて80年代にはアーケードゲームの達人の少年たちだったが、今はぱっとしない大人になっているオタクたち。彼らのゲームテクニックが、30年を経てついに輝く時が来たのだ。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×