「爽快」映画一覧(2ページ目)

爽快タグのついている映画は、理不尽な要求に屈せず、正義を貫くヒーローが出演者であったり、ダイナミックでスピード感あふれる演出で、悩みを吹き飛ばす気分爽快な作品が多く、子供から大人まで楽しむことができ、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「REDシリーズ」「TAXi」「トリプルX」などがあります。

96時間 レクイエムの紹介:2015年製作のフランス&アメリカ&スペイン合作映画。家族のために単独で悪に挑んでいく元CIA捜査官の最強の父親の活躍を描く、リーアム・ニーソン主演のアクションの第3弾。何者かに元妻を殺され、残された娘を守るために巨悪に挑んでいく男の姿を、ガン&カーアクション満載で映し出す。監督&脚本は前作同様、オリヴィエ・メガトンとリュック・ベッソンのコンビが務める。 ネタバレを読む
2003年製作のアメリカ映画。第一作に続き、監督はウォシャウスキー姉妹。主演も第一作と同じキアヌ・リーヴス。 救世主としての自覚を持ったネオは次にすべきことを知る為に預言者オラクルに会いに行き、アーキテクト(設計者)に会わなければならないことを知る。その為には古いシステムであるキーメーカーを手に入れなければならない。一方実際に人々が生活するザイオンには機械による一斉攻撃が迫っている。 アーキテクトに会い、人々の命とトリニティの命の選択を迫られるネオ。ザイオンとは?マトリックスとは?内容の本質に迫る第二作目。 ネタバレを読む
2013年製作のアメリカ・フランス合作のクライム・コメディ映画。監督は「レオン」や「トランスポーター」シリーズのリュック・ベッソン。製作総指揮にはマーティン・スコセッシ。主演にロバート・デ・ニーロ、共演にミシェル・ファイファー、ディアナ・アグロン、トミー・リー・ジョーンズ。 FBIの保護のもと、偽名を使って各地を転々として暮らしているフレッド一家。本名は、ジョバンニ・アンゾーニと言うマフィア。今回はノルマンディにやって来て、街に馴染む為にそれぞれが奮闘するが、ちょっとしたことがきっかけで組織に居場所を突き止められる。 家族は無事に切り抜けられるのか、フレッド達一家とマフィアの戦いが始まる。 ネタバレを読む
2003年製作のアメリカ映画。監督は1作目2作目と同じくウォシャウスキー姉妹。主演も同じくキアヌ・リーヴス。今作がマトリックス三部作の完結編となる。 自分自身もシステムの一部だったと気づいたネオはその上で自分が何をすべきなのかを預言者に乞う。ザイオンにはマシンの一斉攻撃が迫り、トリニティと2人でネオは誰も足を踏み入れたことのないマシンシティへ向かう。 全てを破壊する勢いで増幅を続けるスミスとの最終決戦が、ザイオンとマトリックスの人々の命をかけた戦いになる。ネオは救世主となれるのか。   ネタバレを読む
映画「トゥーム・レイダー」は2001年にアメリカで制作されたアドベンチャー・アクション映画。サイモン・ウェスト監督の作品、主演はアンジェリーナ・ジョリーで、この作品の主役ララ・クラフト役が当たり、一気に人気女優へと上り詰めました。同名ゲームの映画化で話題を呼び、全世界でヒットとなりました。ララ・クラフトの父クラフト卿が自宅に隠していた時計の中から、時間を自由自在に操れるという光のトライアングルの在処を示す鍵を見つけ、光のトライアングルを求めララは世界中を駆け巡る…。 ネタバレを読む
トランスポーター3 アンリミテッドの紹介:2008年製作のフランス映画。リュック・ベッソン製作・脚本、ジェイソン・ステイサム主演の人気アクション・シリーズ『トランスポーター』の第3弾。液体爆弾入りのブレスレットをはめられた運び屋フランクの、危険なミッションが始まる! ネタバレを読む
2009年製作のアメリカドキュメンタリー映画。ロンドンO2アリーナでライブ『THIS IS IT』を行う予定だったが、同年6月25日にマイケルが急死してしまう。本作はそのライブのリハーサル映像と舞台裏をもとに構成されている。 ネタバレを読む
2011年製作のアメリカ映画。ディズニー・ピクサーのアニメーション作品。 前作「カーズ」から数年後、「ビストン・カップ」で連続優勝を果たしたライトニング・マックイーンは、束の間の休暇を過ごしていました。ある日、マックイーンのもとに「ワールド・グランプリ」参加要請が来ます。その大会は、マイルズ・アクセルロッド卿という人物が主催する大会で、バイオ燃料の宣伝を行う事を目的としたものでした。最初は参加に躊躇するマックイーンでしたが、ライバルから挑発や、仲間たちから説得で大会への参加を決意するのですが…。 ネタバレを読む
「マルタのやさしい刺繍」は2006年に公開されたスイスで制作の作品です。日本では2008年に公開され、ミニシアター洋画部門興行収入ランキング1位をわずか1週間で獲得し、話題になりました。スイスの小さな村で暮らす80歳のマルタは夫に先立たれたショックから立ち直る為、夢だった下着屋を仲間と共にオープンさせますが、保守的な村では批判され白い眼で見られていたマルタたちですが、それでも負けずに下着を作り続けるマルタ、すると村にも変化が訪れて…。 ネタバレを読む
2002年公開の日本映画。漫画家・松本大洋の短編集『青い春』をベースに豊田利晃監督が映画化。 朝日高校で3年生になった不良グループの九條たちは、屋上の柵を乗り越え手すりから手を放して何回手を叩けるかを競うゲームをやっていた。これは学校を仕切るものを選出するための儀式であり度胸試しでもあった。もし失敗すれば地上に真っ逆さまというゲームで九條は8回手を叩き、番を張ることになるが九條にとってそれはどうでもいいことだった。そんな九條に幼いころからの友人・青木は不満を持ち… ネタバレを読む
精力的な活動を続ける三池崇史監督が、宮藤官九郎の脚本を得て、主演の哀川翔をコスプレヒーローに仕立て上げるという、奇想天外な市民ヒーローもの映画です。防衛庁の役人を演じる渡部篤郎の、素っ気ない態度やセリフが存在感を示し、「ゼブラナース」に扮する鈴木京香の魅力も見どころです。 ネタバレを読む
2003年公開のアメリカ映画。窃盗団のボスであるトニーは、ある人物からの依頼で宝石商にある黒い宝石を奪った。途中でハプニングがあったものの、何とか逃走したトニー達でしたが、この宝石の持ち主を怒らせてしまい、娘を誘拐されてしまう。果たして謎の男スーと協力し、娘を取り返すことができるのか。 ネタバレを読む
ギャングの親分の愛人に手を出した男。見逃してもらう条件は誰も見たことが無い「幻の殺し屋 デラ富樫」を探し出すこと!見つからない殺し屋に、困り果てた男はある売れない俳優をデラ富樫に見立てて乗り切ることを思いつく。三谷幸喜監督作品第四作目。映画のような港町を舞台に、嘘が交差するドタバタコメディ作品です。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×