「爽快」映画一覧(3ページ目)

爽快タグのついている映画は、理不尽な要求に屈せず、正義を貫くヒーローが出演者であったり、ダイナミックでスピード感あふれる演出で、悩みを吹き飛ばす気分爽快な作品が多く、子供から大人まで楽しむことができ、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「REDシリーズ」「TAXi」「トリプルX」などがあります。

映画:ファースター怒りの銃弾

ファースター 怒りの銃弾の紹介:2010年にアメリカで公開された映画です。復讐をテーマとしたアクション映画で、いわゆる群像劇のような雰囲気も持ち合わせています。主役を演じるのは「スコーピオンキング」や「ワイルドスピードシリーズ」などでお馴染みのドウェイン・ジョンソンです。またの名をザ・ロックとも呼ばれているプロレスラーでもあります。本作は肉体を活かしたアクションものではありませんが、プロレスラーだからこその威圧感と存在感が出ているのもこの映画の持ち味の1つだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ミッキーのゲーム 世界停止へのカウントダウン

ミッキーのゲーム 世界停止へのカウントダウンの紹介:2014年に公開された家族で楽しめるファンタジーアドベンチャー映画です。前作「アドベンチャーズ 謎の古代兵器と3つの神話」の続編に当たります。その内容は選ばれし子供たちが集まった特殊部隊の面々が、地球上にある電子機器を破壊しようと企む海賊たちとバトルを繰り広げるというものです。この物語の主人公は前作と同じミッキーで、ヒロインも同じくサリーとなっています。

ネタバレを読む
映画:プラスティック

プラスティックの紹介:2014年に公開されたクライムサスペンス映画です。4人組の大学生がギャングの持ち物を盗んだことで、人生を賭けた詐欺に挑むことになるという内容です。この映画の最大の特徴は、イギリスで起きた事件を元にしているということです。つまり実際にあった詐欺事件をベースに、アレンジを加えたのが本作というわけです。様々な人間の思惑が交差し、互いを騙し裏切り合う点が見どころであり、実際にある詐欺テクニックが出てくるのも特徴だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:2ガンズ

2ガンズの紹介:2013年に公開されたアメリカのアクションコメディ映画です。ティーブン・グラントのグラフィックノベルを原作としており、メインを務めるのはデンゼル・ワシントン氏とマーク・ウォールバーグ氏です。この2人のバディものとなっており、様々な勢力の陰謀に巻き込まれ、ドンパチを繰り広げるといった内容です。原作を元にした映画ではありますが、設定や内容は微妙に異なっているため、コミック版を読んだ方も楽しめることでしょう。

ネタバレを読む
映画:メガシャークVSメカシャーク

メガ・シャークVSメカ・シャークの紹介:B級映画「メガ・シャークシリーズ」の第3弾となります。前作「メガ・シャークVSクロコザウルス」の続編と銘打たれていますが、物語上の直接的な繋がりはないため、単体でも楽しめる作りになっています。今までのシリーズと違い、メガ・シャークと戦うのは巨大生物ではありません。人類が作り出したサメ型の巨大メカです。こうした従来のシリーズとは違うメガ・シャークの相手も本作の特徴だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:デンジャーコール

デンジャー・コールの紹介:原題は「Operator」、2015年にアメリカで制作されたクライムサスペンスです。監督は「アンノウン・コール」「デンンジャラス・ボディ」でお馴染みのアマリヤ&オービン・オルソン兄弟で、ルーク・ゴスとミーシャ・バートンのダブル主演となっています。銃撃戦あり、ド派手なカーチェイスありのスピーディーでスリリングな展開、そして予測不能なストーリーはラストまで息つく暇もありません。

ネタバレを読む
映画:拳精

拳精の紹介:1978年に制作されたカンフー映画です。ジャッキー・チェンが自らの持ち味を活かしたカンフーコメディ「カンニング・モンキー 天中拳」に怒ったロー・ウェイ監督が、「本当のコメディとは何たるかを見せてやる」と豪語し、作られたのが本作となります。こうした経緯もあって、主演のジャッキー・チェンは本作を良くは思っていないそうです。むしろ酷評しており、ジャッキー・チェンが「スネーキーモンキー 蛇拳」で人気を得るまではお蔵入りされたほどの作品です。

ネタバレを読む
映画:デイオブザデッド

デイ・オブ・ザ・デッドの紹介:ゾンビ映画界の大御所ジョージ・A・ロメロ監督の「死霊のえじき」のリメイク作品です。「死霊のえじき」をベースとしてはいますが、アレンジの要素が強いため、ほぼほぼオリジナルな設定と内容になっています。ですのでリメイク元の「死霊のえじき」よりもサバイバルホラーアクションの要素が強いです。なお本作のゾンビは走ったり、飛んだりと、従来のゾンビよりもアグレッシブに動くのも特徴の1つだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:バイオハザードアイランド

バイオハザード・アイランドの紹介:2012年にアメリカで制作されたB級ゾンビ映画です。本作品のジャケットではヒロインのツイーターがでかでかと写っており、いかにも女戦士が主人公の映画といった感じなのですが、、主人公はどう考えてもエルヴィスです。これは本家バイオハザードシリーズに対抗してか、あるいは便乗しようとしたものかもしれませんね。なお原題は『dead season』と、バイオハザードシリーズとは似ても似つかないタイトルとなっています。

ネタバレを読む
映画:ロンドンゾンビ紀行

ロンドンゾンビ紀行の紹介:原題は「Cockneys vs Zombies」で、2012年に公開されたイギリスの映画となります。ゾンビ映画のパロディ的な作品で、ホラーではなくコメディタッチで描かれています。老人対ゾンビ、若者対ゾンビという2つのストーリーが交互に進む、一風変わった作りとなっています。これまでにはなかった「老人対ゾンビ」という新しいテーマを取り扱ったことで、コアな人気を獲得した作品です。

ネタバレを読む
映画:酔拳2

酔拳2の紹介:「ドランクモンキー 酔拳」の続編と銘打たれてはいますが、前作との関連性はあまりありません。どちらかと言えば単独作品に近く、酔拳と父親、土地以外には共通点はないと言えるでしょう。なお本作にはいくつかのエンディングが存在しています。中国版では主人公のフェイフォンが工業用アルコールの影響で失明し頭がおかしくなるというブラックなエンディングになっていますが、国際公開版ではこの皮肉めいたオチはカットされています。

ネタバレを読む
映画:マッスルヒート

マッスルヒートの紹介:ケイン・コスギ氏が全編スタントなしで挑んだアクション映画で、初の主演作品でもあります。日本映画でありながら、どこか香港映画を感じさせるのはジャッキー・チェンチームの1人、サム・ウォンがアクション監督を担当しているからでしょう。さらに香港スタッフやキャストも数多くかかわっており、日本映画ながら国際色豊かでスケールの大きい作品に仕上がっています。作品内に登場する地下格闘場では総勢150人を超えるエキストラが参加しています。

ネタバレを読む
映画:スカイスクレイパー

スカイスクレイパーの紹介:2018年9月21日公開のアメリカ映画。高さ1キロメートル、240階建てという世界最高を誇る、香港の最新ビルを舞台に、突如起きた火災でビル内に取り残された家族を救おうとする男の奮闘を描くパニック・アクション。ドウェイン・ジョンソンが家族の救出のため、奔走する元FBIの捜査官を熱演。ビルからビルに飛び移ろうとするなど、危険なアクションに挑む。

ネタバレを読む
映画:スラムダンク湘北最大の危機!燃えろ桜木花道

スラムダンク 湘北最大の危機! 燃えろ桜木花道の紹介:大人気アニメ「スラムダンク」の映画シリーズ第3弾です。海南大附属との試合を終え、武里高校と試合を行うまでの6日間の出来事を描いています。第13回ゴールデングロス賞優秀銀賞を受賞した作品でもあります。本作に登場する緑風高校は映画オリジナルキャラクターですが、マイケル沖田以外のメンバーはアニメにも登場しています。インターハイ予選の最終試合である湘北と陵南の観戦客として、ちらっと登場しているので探してみると面白いかもしれません。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。