「怖い」映画一覧(4ページ目)

怖いタグのついている映画は、ゾンビや幽霊といった出演者が登場し、暗がりから襲ってくるなど、背筋が凍って夜も眠れなくなるストーリー展開の作品が多くなっています。子供よりも、大人向けで高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「エクソシスト」「オーメン」「エルム街の悪夢」などがあります。

映画:ブタカリ。呪いの使徒

ブタカリ。呪いの使徒の紹介:2012年に公開された日本のホラー映画です。息子を殺された父親と恋人を殺された男の復讐劇を描いています。「ブタカリ」という謎の箱を主題に置いており、人の念を恐ろしいモンスターに変えるという設定です。こうした独自の都市伝説をテーマに据えているのが本作の見どころだと言えるでしょう。なお本作で父親役を演じているのは、数多くのドラマや映画などに出演している有名俳優の石橋保氏となります。

ネタバレを読む
映画:ザモンスター

ザ・モンスターの紹介:アメリカでは2016年、日本では2017年に公開されたパニックホラー映画です。険悪な仲になりつつある母娘が、森の中で怪物に遭遇するという話です。母娘の愛と怪物の恐怖が描かれている作品で、批評家の間ではおおむね好評となっています。「ルビー・スパークス」で有名なゾーイ・カザン氏が主演を務めており、「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」のブライアン・ベルティノ氏が監督と脚本を担当しています。

ネタバレを読む
映画:エイリアンインセプション

エイリアン・インセプションの紹介:2014年に公開されたSFサスペンスで、原題は「Lost Time」です。ある日、まばゆい光に包まれた途端、姉が行方不明になり、がんが完治していたという話です。宇宙人をテーマとした話で、SF感強めです。主人公を演じるロシェル・ヴァレス氏の恋人役ルーク・ゴス氏が制作を努めています。ルーク・ゴス氏が主演だと謳っているところもありますが、実際はロシェル・ヴァレス氏が主人公です。

ネタバレを読む
映画:累かさね

累-かさね-の紹介:2018年9月7日公開の日本映画。イブニングに連載され、累計200万部突破のベストセラーとなった人気コミックを、土屋太鳳&芳根京子のW主演で映画化したミステリアスなドラマ。キスした相手の顔を奪い取ることができる不思議な力を秘めた口紅によって、演技力と美貌を兼ね備えた完璧な女優となった2人の女性が、欲望やお互いへの嫉妬心から数奇な運命を辿る…。

ネタバレを読む
映画:カッターヘッド真夜中の切断魔

カッターヘッド 真夜中の切断魔の紹介:2018年12月29日公開のアメリカ映画。湖畔の別荘を訪れた母と二人の娘に襲いかかる恐怖を映し出すホラー。幼い息子が失踪し、行方不明のままという別荘の前の持ち主の話を聞かされたローラ。日も落ちた頃、突然、娘のマディが腹痛を訴え嘔吐。彼女が吐き出した紙屑には“HELLO”と書かれていた…。正体不明の殺人鬼から娘たちを守る母親役に「アイ・フランケンシュタイン」のイヴォンヌ・ストラホフスキー。その二人の娘を、実生活でも姉妹のアビゲイルとアンナのピニョフスキ姉妹が演じる。

ネタバレを読む
映画:絶対恐怖Boothブース

絶対恐怖 Booth ブースの紹介:深夜の生放送ラジオ番組の収録中に心霊現象が発生し、人気DJの秘密が暴かれるという2005年公開のホラー・サスペンス映画。監督/脚本は「残穢 -住んではいけない部屋-」の中村義洋。「ROOKIES」「木更津キャッツアイ」の佐藤隆太は初主演にして初悪役。連作は玉山鉄二主演の「絶対恐怖 Pray プレイ」。

ネタバレを読む
映画:心霊盗撮ビデオ呪われた鑑賞会

心霊盗撮ビデオ 呪われた鑑賞会の紹介:2010年に公開された日本のホラー映画です。心霊ビデオと盗撮映像を組み合わせた内容になっており、途中途中でインタビューシーンが挟まれるのが特徴的です。登場人物はアルファベットで現わされ、ある動画サイトや某巨大掲示板という表現が出るなど、本当にあった出来事という体で物語は進んでいきます。なのでいわゆるフェイクドキュメンタリー風のホラー映画になっていると言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:呪われた都市伝説紫鏡

呪われた都市伝説 紫鏡の紹介:2011年に公開された日本のホラー映画です。都市伝説「紫鏡」をテーマに据えた作品となっています。この「紫鏡」というのは20歳までに覚えていたら死ぬといった内容です。本作でも20歳までに死ぬという話をベースに、物語が作られています。少々グロいシーンもあり、たくさんの血の描写が散りばめられています。とはいえ基本的には見知らぬ森に閉じ込められた男女の恐怖が描かれているため、そこまでグロいものではありません。

ネタバレを読む
映画:デッドライン境界線

デッドライン 境界線の紹介:2011年に公開された映画です。いわゆるPOVの手法で撮影されたファウンド・フッテージもののホラー映画になります。制作を手掛けているのは「モンスターズ/地球外生命体」のスタッフです。罪人を追いかける猟師と吊るされた魔女の伝説がある森に入った男女3人のストーリーですが、基本的には三角関係のこじれが描かれています。主演はスクート・マクナリー氏で、メインの人物はたった3人だけです。

ネタバレを読む
映画:ウタモノガタリCINEMAFIGHTERSproject「カナリア」

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「カナリア」の紹介:LDH JAPAN、SSFF&ASIAがタッグを組み、作詞家小竹正人の詞を映像化するプロジェクトの『CINEMA FIGHTERS』に続く第2弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は『トイレのピエタ』の松永大司。公開は2018年、作品原案曲はEXILE TAKAHIROの『Canaria』。

ネタバレを読む
映画:アダムチャップリン最強復讐者

アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者の紹介:2010年に公開されたイタリアのスプラッターアクション映画です。主演と監督、脚本、音楽を1人でこなしたエマニュエル・デ・サンティ氏は日本のアニメやサブカルチャーが好きで、本作は「北斗の拳」に影響を受けています。パッケージにも「イタリアからやってきた実写版北斗の拳」と明記されています。といっても主人公は肉体1つで敵の体を破壊するという部分が似ているだけで、世界観やストーリーなどはまったく違います。ただ単に「北斗の拳」にインスパイアを受けた作品だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ファントム・スレッド

ファントム・スレッドの紹介:2017年のアメリカ映画。1950年代のロンドンでオートクチュールの仕立屋として活躍する男と、彼が迎えたミューズとの予測不可能な究極の愛をサスペンス調に描く。監督・脚本はポール・トーマス・アンダーソン。第90回アカデミー賞衣装デザイン賞をはじめとする数々の映画賞に輝いた。主演のダニエル・デイ=ルイスは、今作での俳優引退を表明した。

ネタバレを読む
映画:プレイバック

プレイバックの紹介:2011年に公開されたスリラーサスペンス映画です。シリアルキラーが残したビデオテープを発見したことから、次々とおかしなことが起きるという内容です。ホラー要素もふんだんに含まれており、カメラをキーワードにしているのが特徴的です。クリスチャン・スレイター氏を主演と謳っている宣伝文句もありますが、実際は別の俳優が主人公です。なおルイ・ル・プリンスは実在の人物ですが、当然背景や設定は異なっています。

ネタバレを読む
映画:行方不明

行方不明の紹介:2012年に公開されたモキュメンタリーホラー作品です。無人島で発見されたビデオテープという体裁で、行方不明になった映画同好会の顛末が描かれています。主演の高田里穂氏は本人役で出演しており、モキュメンタリーにこだわった作品だと言えます。さらにお笑い芸人のなだぎ武氏やベテラン俳優の津田寛治氏、「仮面ライダーW」で仮面ライダーアクセルを演じた木ノ本嶺浩氏など、出演俳優も豪華です。そのうえ脚本を担当しているのは、「パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT」の監督を務めた長江俊和氏です。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。