「怖い」映画一覧(49ページ目)

人狼ゲーム ビーストサイドの紹介:2014年公開の日本映画。ヨーロッパで伝統的に伝わり、日本でもテレビやネットで人気に火がついた〝人狼ゲーム〟の映画化第2弾。理由もわからずに拉致された10人の高校生たちが、生き残りを賭けたゲームに挑む。

ネタバレを読む

死霊のはらわた(2013年)の紹介:2013年公開のアメリカ映画。サム・ライミ監督の代表作で、スプラッター・ブームを巻き起こした伝説のホラー映画を、サム・ライミと前作で主演を務めたブルース・キャンベルのプロデュースでリメイク。R18指定。

ネタバレを読む

13日の金曜日(2009年)の紹介:2009年公開のアメリカ映画。『13日の金曜日』シリーズの設定を一から作り直したリブート作品。美しい湖畔で続発する猟奇事件と、怪物・ジェイソンにまつわる新たな謎を描く。

ネタバレを読む

13日の金曜日 完結編の紹介:1984年公開のアメリカ映画。キャンプ地で男女を無差別で惨殺する殺人鬼の恐怖を描く、『13日の金曜日』シリーズ第4弾。完結編とは、第1章終了といった位置づけ。走るジェイソンの見おさめとなる(次作以降は走らず歩く)。

ネタバレを読む

13日の金曜日 PART3の紹介:1982年制作のアメリカ映画。キャンプ地で若い男女を無差別的に惨殺した殺人鬼の恐怖を描く、『13日の金曜日』シリーズ第3弾。今作品からジェイソンがトレードマークのホッケーマスクをかぶる。

ネタバレを読む

13日の金曜日 PART2の紹介:1981年公開のアメリカ映画。『13日の金曜日』シリーズ第2弾で、前作の続編にあたる。ニュージャージー州のキャンプ場を舞台として連続殺人が起こる恐怖映画で、いよいよ怪奇伝説の主・ジェイソンが登場する。

ネタバレを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの紹介:2015年8月1日公開の日本映画。巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題を呼び、第35回講談社漫画賞少年部門に輝いた諫山創の人気コミックを実写映画化。9月19日に後篇が上映予定。

ネタバレを読む

トリハダ 劇場版2の紹介:2014年公開の日本映画。2007年フジテレビ系列で放送されたオムニバスドラマ『トリハダ~夜ふかしのあなたにゾクッとする話を~』の劇場版・第2弾。ドラマ同様、幽霊は全く登場せず、日常にひそむ狂気や恐怖が描かれる。

ネタバレを読む

トリハダ 劇場版の紹介:2012年公開の日本映画。2007年フジテレビ系列で放送されたオムニバスドラマ『トリハダ~夜ふかしのあなたにゾクッとする話を~』の劇場版。ドラマと同様、幽霊はまったく登場せず、日常にひそむ狂気や恐怖が描かれる。

ネタバレを読む

インクレディブル・ハルクの紹介:2008年公開のアメリカ映画。感情の爆発を機に緑色の巨人ハルクに変身する科学者と、彼を軍事利用しようとする軍が壮絶なバトルを展開する。アベンジャーズ・シリーズの第1弾ともなった作品。

ネタバレを読む

ザ・インタープリターの紹介:2005年公開のアメリカ映画。アカデミー賞に輝く名優、ニコール・キッドマン&ショーン・ペンの共演サスペンス。国家機密の陰謀を知ってしまった女性と、彼女を警護する捜査官の奔走を描く。「インタープリター」は通訳の意。

ネタバレを読む

タワーリング・インフェルノの紹介:1974年制作のアメリカ映画。サンフランシスコの地上138階の超高層ビルの火災を描いたパニック映画。1970年代中盤期のパニック映画ブームの中でも、最高傑作として名高い。タイトルは「そびえ立つ地獄」の意。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。