「怖い」映画一覧(5ページ目)

怖いタグのついている映画は、ゾンビや幽霊といった出演者が登場し、暗がりから襲ってくるなど、背筋が凍って夜も眠れなくなるストーリー展開の作品が多くなっています。子供よりも、大人向けで高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「エクソシスト」「オーメン」「エルム街の悪夢」などがあります。

映画:ヴィジット消された過去

ヴィジット 消された過去の紹介:交通事故に逢い記憶を失ってしまった若い女性が、実家に戻って記憶を取り戻そうとするのだが、それは家族と自分にまつわる忌まわしい過去を掘り起こすことになってしまったのだった・・・というサスペンス・スリラー。前半は過去の記憶を巡るサスペンス、後半はヒロインが虐待される監禁ホラーと、前・後半で映画のテイストが微妙に変化する、ちょっと変り種の作品。

ネタバレを読む
映画:ザサスペリア生贄村の惨劇

ザ・サスペリア 生贄村の惨劇の紹介:「隣の家の少女」「ザ・ウーマン」など、ジャック・ケッチャムの小説の映画化などを手がけてきた製作者コンビが贈る、独自の信仰を育み受け継いできた、森の奥にある田舎の村に起きた惨劇を綴る、現代の奇譚物語。「ザ・ウーマン」で父と娘を演じたショーン・ブリジャースとローレン・アシュリー・カーターが本作では、ほのかな思いを寄せ合う男女として出演している。

ネタバレを読む
映画:フルリベンジ

フルリベンジの紹介:カナダのファンタジア映画祭で話題になったチリ映画「Hidden in the woods」を、作品を見て衝撃を受けたというマイケル・ビーンが映画化権を獲得し、オリジナルの監督であるパトリシオ・バラダレス監督を起用して、マイケル・ビーン自らの主演でリメイクした作品。社会の裏側や底辺で生きている人々が次々巻き起こす、常軌を逸した予測のつかない行動がジェットコースター・ムービーのように展開する、「実話を基にした」というのが信じられないほどの壮絶なバイオレンス劇。

ネタバレを読む
映画:デザートストーム

デザート・ストームの紹介:原題「DESERTED」2016年、アメリカで制作されたサバイバルパニック映画です。砂漠を舞台にした若者たちの脱出劇を描いた作品となっています。主人公ジェイ役を演じたミーシャ・バートンは「ノッティングヒルの恋人」「シックス・センス」など、本作以外にも多くの映画作品に出演しています。さらにテレビドラマ「The O.C」のマリッサ役で注目を集めたことで、一躍人気女優の仲間入りを果たしました。

ネタバレを読む
映画:HAUNTING震!悪魔の棲む家

HAUNTING 震!悪魔の棲む家の紹介:2009年に公開されたホラー映画です。アメリカに実際に存在している幽霊屋敷「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」に焦点を当てた作品となっています。タイトルに「悪魔の棲む家」と入ってはいますが、実際のところ大ヒットしたホラー映画「悪魔の棲む家」とは関係がありません。そもそも題材が違います。ただ単に大ヒットホラー映画に便乗して、タイトルをつけただけだと考えられます。とはいえ幽霊屋敷ものであることに違いはありません。

ネタバレを読む
映画:デッドウォーカー

デッド・ウォーカーの紹介:2015年に制作されたゾンビもののホラー映画です。イタリアとカナダの合作映画となっています。世界の映画祭で上映され、いくつかの賞を獲得しているようです。一応ゾンビものではありますが、戦闘がメインではありません。むしろゾンビがはびこる世界になったとき、人々はどうするかといったことに焦点が当てられています。ストーリーとしては夫と妻を殺された女性がとある男と出会い、一方で別の女性は実験体にされているといったものです。基本的には2つの視点で話が進められていきます。

ネタバレを読む
映画:ゴースト・フライト407便

ゴースト・フライト407便の紹介:2012年にタイで公開されたパニックホラーです。世界で一番怖いホラーの制作を目指して生まれたユニット「Ronin Team」の一員、イサラー・ナーディー監督が手掛ける作品となります。飛行機という密室内で、次々と怪奇現象が発生し、人が死んでいくといった内容です。ただのホラーではなく、主人公の過去や乗客たちの人間関係など、人間ドラマが描かれる一種の群像劇のようになっているのも本作の特徴です。

ネタバレを読む
映画:呪島jutou

呪島 jutouの紹介:2008年のホラー映画で、オリジナルビデオ作品でもあります。10人の男女が無人島で正体不明の何者かに襲われるというものです。呪いの島という閉じられた場所を舞台としており、1人1人と死んでいくホラーの王道を行く作品です。本作の特徴として挙げられるのは女性の水着シーンがやたらと多いことでしょう。冒頭はほぼ水着女子たちがワイワイと騒いでいるシーンで進み、そこからじわじわと何かが起こるという感じになっています。

ネタバレを読む
映画:貞子

貞子の紹介:2019年公開。「リング」「らせん」「リング2」などの、国民的な幽霊貞子が登場する「リング」シリーズの最新作。「貞子3D」「貞子3D2」とはストーリー上のつながりは見られず、「リング」「リング2」に出演していた佐藤仁美が当時と同じ役で出演していることから、「リング2」と同じ世界線で起きている出来事であると思われる。監督には、国内リング作品では「リング2」以来の復帰となる中田秀夫監督。

ネタバレを読む
映画:ルイスと不思議の時計

ルイスと不思議の時計の紹介:2018年10月12日公開のアメリカ映画。ジョン・ベレアーズの人気小説を、ジャック・ブラックら個性派俳優の共演で映画化したファンタジー(だけれど怖い、ホラー風味)。事故で両親を亡くした10歳の少年が、魔法使いである伯父が暮らす古い屋敷で恐ろしい力を持った魔法の時計を見つけたことから、不思議な出来事に遭遇する…。

ネタバレを読む
映画:呪怨車JUONSHA

呪怨車 JUON SHAの紹介:2008に公開されたジャパニーズホラーです。「呪怨車」というタイトルですが、日本を代表するホラー映画シリーズ「呪怨」とは何の関係もありません。どころか「呪怨」の要素すらないです。ストーリーは車に女の幽霊が憑いていて、男女5人が不可解な現象に巻き込まれることになるというものです。登場人物も少なく、場面もそこまで変わらないため、わりと初心者向けのホラー映画だと言えるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:ひきこさんVSこっくりさん

ひきこさんVSこっくりさんの紹介:2012年に制作された日本のホラー映画で、「ひきこさんシリーズ」の1つでもあります。そのタイトルからも分かる通り、「ひきこさん」と「こっくりさん」という日本で有名な2体の都市伝説モンスターが登場します。本作はいじめられっ子が復讐のためにこっくりさんを呼び出し、それにひきこさんも関わってくるという内容の映画です。いわゆる対決ものというやつで、その戦いに人間も巻き込まれます。

ネタバレを読む
映画:スクリームガールズ最後の絶叫

スクリーム・ガールズ 最後の絶叫の紹介:2015年に公開されたスリラー映画です。「エルム街の悪夢」や「スクリーム」などで有名なウェス・クレイヴン氏が製作総指揮を務めた作品です。そのためか本作はタイトルにスクリームと付けられています。実際は「スクリームシリーズ」とは関係がなく、そもそも原題は「The Girl in the Photographs」です。なお本作はウェス・クレイヴン氏の遺作となっています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。