「怖い」映画一覧(86ページ目)

怖いタグのついている映画は、ゾンビや幽霊といった出演者が登場し、暗がりから襲ってくるなど、背筋が凍って夜も眠れなくなるストーリー展開の作品が多くなっています。子供よりも、大人向けで高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「エクソシスト」「オーメン」「エルム街の悪夢」などがあります。

映画:ハンガーゲーム1

ハンガー・ゲームの紹介:2012年公開のアメリカのアクション映画。スーザン・コリンズの同名のシリーズ小説(三部作)を原作としている。翌2013年に続編「ハンガー・ゲーム2」も公開され、映画も小説同様、三部作(3は二部構成)になる予定である。

ネタバレを読む
映画:ジョーズ2

ジョーズ2の紹介:1978年のアメリカ映画。1975年の作品『ジョーズ』の続編にあたる。前作の監督・スティーヴン・スピルバーグが辞退し、ヤノット・シュワルツが監督を務める。前作の3年後という設定で、海辺の町アミティを再びサメの恐怖が襲う。

ネタバレを読む
映画:ジョーズ

ジョーズの紹介:1975年のアメリカ映画。1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同名の小説を原作とし、スティーヴン・スピルバーグの監督作品。平和なビーチを襲う巨大人食いサメ(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品。

ネタバレを読む
映画:レクイエム・フォー・ドリーム

レクイエム・フォー・ドリームの紹介:2000年のアメリカ映画。監督は「ブラックスワン」などで知られるダーレン・アロノフスキー。年代問わず、麻薬に侵される恐怖を視覚的に表現した作品。2009年「落ち込む映画」ランキングで1位を獲得した。

ネタバレを読む
映画:マングラー

マングラーの紹介:スティーブン・キング原作の「人間圧搾機」の映像化作品。田舎町のクリーニング工場にあるプレス機。それは次々と人間をプレスしていく呪われたプレス機だった!「駄作」と言われる一方、熱烈なファンも多いB級ホラー映画です。

ネタバレを読む
映画:エスター

エスターの紹介:2009年公開のアメリカ映画。原題の『Orphan』とは「孤児」という意味。3人目の子を流産したケイトは養子のエスターを迎え入れることにしたが…。聡明で物静かな少女が徐々に恐ろしい本性をあらわしていくさまを、子役イザベル・ファーマンが怪演するサイコホラー。

ネタバレを読む
映画:エイリアン4

エイリアン4の紹介:1997年のアメリカ映画。シリーズ第4作。原題「Resurrection」は「復活」を意味し、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している。

ネタバレを読む
映画:エイリアン3

エイリアン3の紹介:1992年のアメリカ映画。シリーズ第3作。今作では撮影にあたってシガニー・ウィーバーは頭髪をすべて刈り、坊主頭にするなど、強い印象を残した。「セブン」「ファイト・クラブ」などで有名なデヴィット・フィンチャーの初監督作品。

ネタバレを読む
映画:エイリアン

エイリアンの紹介:1979年のアメリカ映画。宇宙船の中で異星生物(エイリアン)に襲われる乗組員の恐怖と葛藤を描く。SFホラーの古典として知られ、続編も製作されている。公開時のキャッチコピーは「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。