「学校が舞台」映画一覧(14ページ目)

学校が舞台タグのついている映画は、生徒や教師を出演者とした、夢を叶えるために突き進むストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ハリーポッターシリーズ」「暗殺教室」「ちはやふる」などがあります。

映画:神さまの言うとおり
神さまの言うとおりの紹介:2014年公開の日本映画。〝命をかけた謎のゲーム〟に巻き込まれた高校生たちの姿を描く、人気コミックの映画化。三池崇史が監督を、福士蒼汰をはじめ、神木隆之介、染谷将太など、若手実力派が高校生役に扮する。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:学校Ⅲ
学校Ⅲの紹介:1998年公開の日本映画。1993年から2000年までに全4作が制作された、山田洋次監督の映画シリーズ第3弾。人生の再出発をかけて集まった人々のリストラ・再就職問題を、職業訓練校を舞台に、心の交流を描いた作品。 ネタバレを読む
映画:学校Ⅱ
学校Ⅱの紹介:1996年公開の日本映画。1993年から2000年までに全4作が制作された、山田洋次監督の映画シリーズ第2弾。高等養護学校を舞台に、重い障害を持つ生徒と軽い障害を持つ生徒の交流・葛藤や就職問題等、入学から卒業まで描いた作品。 ネタバレを読む
映画:学校(1993年)
学校(1993年)の紹介:1993年公開の日本映画。1993年から2000年までに全4作が制作された、山田洋次監督の映画シリーズ第1弾。東京・下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇を持つ生徒たちと先生との交流を描くドラマ。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:ソロモンの偽証(後篇・裁判)2完結
ソロモンの偽証 後篇・裁判の紹介:2015年4月11日公開の日本映画。転落死した同級生の死の謎を巡って、中学生たちが隠された真実を暴こうとする姿を描いた、宮部みゆきの同名小説を2部作として映画化したサスペンス・ミステリーの完結編。 ネタバレを読む
映画:暗殺教室
映画 暗殺教室の紹介:2015年公開の日本映画。松井優征による人気コミックを実写映画化。地球を破壊する力を持ちながら、中学校の教師となった謎の生物〝殺せんせー〟と政府からその暗殺を依頼された中学生たちが繰り広げるユニークな攻防を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:ソロモンの偽証(前篇・事件)1
ソロモンの偽証 前篇・事件の紹介:2015年公開の日本映画。学校内で転落死した同級生の死の謎を巡り、中学生たちが生徒のみの校内裁判で隠された真実を暴こうとする姿を描く。宮部みゆきの同名小説を、2部作として映画化したサスペンス・ミステリー。 ネタバレを読む
映画:×(バツ)ゲーム2
×(バツ)ゲーム2の紹介:2012年公開の日本映画。山田悠介の同名作の映画化『×(バツ)ゲーム』の設定をベースにしたホラー・サスペンス映画。過去にいじめに遭った人が、かつてのいじめっ子に復讐するストーリー。 ネタバレを読む
映画:ももドラ(momo+dra)
ももドラ momo+draの紹介:2011年公開の日本映画。ももいろクローバーZのメンバー5人が主演を務め、最初はネット限定ながら好評を博したショートムービーを1本の映画として編集し上映した。思春期の少女が抱える悩みを等身大の魅力で演じる。 ネタバレを読む
映画:桐島、部活やめるってよ
桐島、部活やめるってよの紹介:2012年公開の日本映画。小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウの同名小説を映画化。男子バレーボール部のキャプテン・桐島が、ある日突然部活をやめたことで周囲に起こる変化を描いた作品。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×