「学校が舞台」映画一覧(2ページ目)

学校が舞台タグのついている映画は、生徒や教師を出演者とした、夢を叶えるために突き進むストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ハリーポッターシリーズ」「暗殺教室」「ちはやふる」などがあります。

聖ゾンビ女学院の紹介:アイドルユニット「虹のコンキスタドール」のメンバーが主演を務めた、青春ゾンビ映画です。遊佐和寿監督は、これまで数々の映画でガン・エフェクトを手がけており、これが初監督作になります。クライマックスで明かされる意外な真実も見どころになっています。 ネタバレを読む
映画:書くが、まま
書くが、ままの紹介:2018年に上映された作品で、監督・脚本ともに上村奈帆がつとめています。口下手でいじめられている女子中学生が、保健室の先生とバンドを通じて成長していく様子を描いた作品で、本作は「MOOSIC LAB 2018」において観客賞を受賞しているほか、中村守里は主演女優賞を受賞しています。主題歌にはSWANKY DOGSの「ワンダーライフ」が起用されており、劇中でも重要な役回りとして同バンドが本人役として出演しています。 ネタバレを読む
映画:ねらわれた学園(1981年)
ねらわれた学園(1981年)の紹介:1981年公開の日本映画。平穏な学園を支配しようとする超能力を持った女生徒に立ち向う同じ力を持った少女の活躍を描く。眉村卓の同名の小説の映画化で、脚本は「水戸黄門(1978)」の葉村彰子、監督は「金田一耕助の冒険」の大林宣彦、撮影は「オレンジロード急行」の阪本善尚がそれぞれ担当。 ネタバレを読む
映画:最期の星
最期の星の紹介:2017年に制作された短編映画です。今注目されている若手女優の小川紗良が高校時代の実体験を基にして、早稲田在学在学中に手掛けた作品となります。早稲田大学映像制作実習2017として作られた短編映画で、小川紗良は監督の他、脚本や編集も兼任しています。さらに早稲田大学で教鞭を取る「そして父になる」や「万引き家族」で知られる是枝裕和監督が監修を担当しています。なお本作は宮沢賢治の「シグナルとシグナレス」を引用しています。 ネタバレを読む
仮面学園の紹介:2000年に公開された日本のサスペンス映画で、学園ミステリーの要素も兼ね備えています。前年の1999年に発売された宗田理の小説「2年A組探偵局 仮面学園殺人事件」を原作としています。主演は「デスノート」や「バトル・ロワイアル」でお馴染みの藤原竜也で、この作品が映画初出演作となります。渡辺いっけいや大杉漣、本田博太郎などのベテラン勢が脇を固め、さらにはまだアナウンサーではなかった頃の中村光宏も出演しています。 ネタバレを読む
映画:殺さない彼と死なない彼女
殺さない彼と死なない彼女の紹介:2019年11月15日公開の日本映画。Twitterにて多くのユーザーから熱狂的な支持を集め、単行本化もされた同名の4コマ漫画を実写映画化。「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年と、「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女を中心に、不器用な少年少女たちを巡る3つの物語を描く。『帝一の國』の間宮祥太朗と『ママレード・ボーイ』の桜井日奈子がダブル主演を務め、恒松祐里、堀田真由、ゆうたろう、箭内夢菜ら注目の若手俳優たちが共演する。 ネタバレを読む
映画:HELLO WORLD
HELLO WORLDの紹介:2019年に公開された作品。2027年の京都を舞台に、冴えない男子高校生の主人公の元へ10年後の自分を名乗る人物が現れ、大きな出来事へと巻き込まれていく物語を描いた長編アニメーション作品。監督を務めたのは『時をかける少女』『サマーウォーズ』で助監督を務め、数多くのテレビアニメでも監督経験がある伊藤智彦。高校生の主人公を北村匠海、10年後の主人公を松坂桃李、ヒロインを浜辺美波が演じている。 ネタバレを読む
映画:ペーパータウン
ペーパータウンの紹介:2015年に公開された作品。アメリカの小説家であるジョン・グリーンの小説『ペーパータウン』を原作とした実写映画である。監督を務めたのはジェイク・シュライアー。主人公の冴えない男子高校生クエンティンをナット・ウルフが演じ、その幼馴染で不思議な魅力を放つヒロインのマーゴをカーラ・デルヴィーニュが演じた。日本では劇場公開されず、Amazon Prime Videoなどの動画ストリーミングサービスでの公開となった。 ネタバレを読む
映画:学校の七不思議
学校の七不思議の紹介:2011年に制作された日本のホラー映画で、学校の七不思議を題材にした映画となります。制作はジョリー・ロジャーです。本作のストーリーはタイムカプセルを掘りに来た男女の5人組が、20年前に変死した少女の呪いに巻き込まれるというものです。この少女が残した「七つの歌」を本作では「ナナフシギ」として扱っているため、一般的な学校の七不思議とは違うと言えるでしょう。なお主役を演じているのはグラビアイドルの川崎裕菜です。 ネタバレを読む
映画:坂本君は見た目だけが真面目
坂本君は見た目だけが真面目の紹介:2014年3月15日公開の日本映画。多数のクリエイターを輩出してきた映画美学校の脚本コース初等科で選出された鳥井雅子の脚本を、「姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う」の大工原正樹監督が映画化。学校をさぼってロボット作りに励む男子中学生と、彼を授業に出席させようとする女性教師の戦いを描く。出演は「新大久保物語」の藤本泉、「映画 鈴木先生」の伊藤凌。 ネタバレを読む
映画:共犯
共犯の紹介:2014年に公開された台湾の青春ミステリー映画です。3人の男子生徒が女子高生の死体を偶然発見し、死の真相を探り始めるというストーリーですが、ミステリーの要素もありつつ、少年少女のヒューマンドラマの雰囲気も兼ね備えています。さらにメインキャストの少年少女6人のうち、本格的な演技経験があるのはホアン役のウー・チエンホー氏、チュウ役のウェン・チェンリン氏だけです。他の4人は本作が初めての本格的な演技デビュー作となっています。 ネタバレを読む
ホームステイ ボクと僕の100日間の紹介:2019年10月5日公開のタイ映画。森絵都の小説『カラフル』をバンコクに舞台に映画化。死んだはずの“ボク”の魂が自殺した高校生ミンの肉体に宿ることに。100日間でミンの自殺の原因を見つけないと、“ボク”の魂は永遠に消えると告げられ、“ボク”は新生“ミン”として再び生き始める。 ネタバレを読む
映画:マッドプロフェッサー悪の境界線
マッド・プロフェッサー 悪の境界線の紹介:多額の借金を抱えた大学生が、卒業に必要な単位を落としてしまい、担当である心理学の教授に泣きつきますが、その教授から単位取得の代償に「恐るべき依頼」を受けてしまう・・・!というサスペンス映画で、予想のつかない展開が見ものの作品になっています。 ネタバレを読む
映画:ブラッディリベンジ
ブラッディ・リベンジの紹介:内気で自分に自信のなかった女子美大生が、同じ大学の青年にレイプされたことから、レイプ犯を次々に殺害する「復讐者」へと変貌していく・・・!というサスペンス・スリラーで、痛々しいヒロインを、名優であり名監督であるクリント・イーストウッドの娘、フランチェスカ・イーストウッドが熱演しています。原題の「M.F.A.」は「Master of Fine Arts」の略で、「美術学修士」という意味です。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×