「学校が舞台」映画一覧(3ページ目)

学校が舞台タグのついている映画は、生徒や教師を出演者とした、夢を叶えるために突き進むストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「ハリーポッターシリーズ」「暗殺教室」「ちはやふる」などがあります。

映画:ブラッディスクール
ブラッディ・スクールの紹介:エミネムからAKBまで、数々のミュージック・ビデオを手掛けたジョセフ・カーン監督の作品ですが、タイトルとジャケットから想像されるようなホラーではなく、殺人鬼も出てはくるものの、ストーリーがあちらこちらに脱線しまくる「学園ぶっ飛びコメディ」といった内容になっています。 ネタバレを読む
映画:4月の君スピカ
4月の君、スピカ。の紹介:2019年4月5日公開の日本映画。杉山美和子による人気漫画を「黒執事」の大谷健太郎監督が実写映画化。高校受験に失敗し、うっかり超進学校へ入学した早乙女星。口の悪い秀才・泰陽と無口な美少年・深月と共に天文部に入るが、ふたりは星を意識するようになり、次第に3人は微妙な三角関係に…。出演は「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の福原遥、「センセイ君主」の佐藤大樹、「心に吹く風」の鈴木仁、「ひだまりが聴こえる」の井桁弘恵。脚本を「映画 桜蘭高校ホスト部」の池田奈津子、音楽を「四月は君の嘘」の吉俣良が務める。 ネタバレを読む
映画:となりの岡山田くん
となりの岡山田くんの紹介:2019年に公開された短編映画です。岡山をPRするハレウッドムービーの1つで、岡山県倉敷市出身の俳優、前野朋哉氏が監督を務めています。主演の山田辰介氏は一般公募のオーディションを勝ち抜いた当時現役の高校生で、芝居経験は一切ありません。岡山をPRする短編映画だけあって、出演者のほとんどは岡山県出身です。ただ1人、斉藤陸氏だけが北海道出身の俳優となっています。なお本作にはちょこっとだけ岡山出身のブルゾンちえみ氏や千鳥の2人も出演しています。 ネタバレを読む
映画:町田くんの世界
町田くんの世界の紹介:2019年6月7日公開の日本映画。別冊マーガレットに連載された安藤ゆきの同名コミックを『舟を編む』の石井裕也監督が映画化した青春ムービー。勉強も運動も苦手だけど、“人を愛する”才能に長けた少年が“人が大嫌い”なクラスメイトとの出会いを通して“わからない感情”と向き合う姿を描く。主人公の町田くんを演技経験ゼロの超新人、細田佳央太が演じる。 ネタバレを読む
映画:世界でいちばん長い写真
世界でいちばん長い写真の紹介:誉田哲也の同名小説を、草野翔吾監督・脚本で映画化し2018年に公開された作品です。高校を舞台に写真部に所属する主人公が360度撮影することが可能な珍しいカメラと出会ったことで成長していくストーリーとなっています。原作は世界一長い写真を撮影したという実話をもとに制作されており、作中でも主人公の高校生たちが145mに及ぶ横長の写真を撮影する様子が収められています。 ネタバレを読む
映画:HANA
HANAの紹介:2018年に公開された短編映画です。「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」のプロジェクトの1つ「ブックショート」の第1回大賞作品となり、芥川龍之介氏の「鼻」を女子高に置き換えた内容となっています。胸の小ささに悩む女子高生を主人公としており、ある日胸が大きくなったらという設定のもの、ストーリーは進んでいきます。元となる「鼻」の内容と胸のコンプレックスをうまく結びつけた物語になっているのが特徴的です。 ネタバレを読む
映画:ラブドワンズ
ラブド・ワンズの紹介:日本では2012年に公開された、オーストラリア産の「青春サイコホラー」です。地味で内気な女子高生だと思っていたら、トンデモないサイコJKだったという設定で、サイコJKとその父親のぶっ飛んだイカレっぷりが爽快さすら感じさせる作品です。 ネタバレを読む
映画:ハイキックエンジェルス
ハイキック・エンジェルスの紹介:2014年に公開された日本のアクション映画です。映画「ハイキック・ガール!」の西冬彦監督が原案と脚本を手掛けた作品で、アクション映画部の女子高生が悪者と戦うというストーリーになっています。主演は空手全日本選手権優勝という経歴のモデル・宮原華音氏で、極真空手黒帯の川本まゆ氏、同じく空手の黒帯を持つ青野楓氏など、アクションができる女優たちが1年にも渡る稽古を経て、本作の撮影に臨んでいます。 ネタバレを読む
映画:飢えたライオン
飢えたライオンの紹介:2018年9月15日公開の日本映画。フェイクニュース全盛の現代に潜む人間の邪悪な欲望を焙り出すドラマ。高校生の瞳のクラスの担任が、淫行容疑で警察に連行される。これをきっかけに、校内で瞳が担任と関係があったとの噂が流れ始める。デマはすぐに忘れられると思っていた瞳だったが…。『子宮に沈める』の緒方貴臣・監督作品。 ネタバレを読む
映画:TENBATSU
TENBATSUの紹介:2010年に公開された日本のホラー映画です。学校の怪談をテーマにした都市伝説系ホラー映画となっており、本作独自の噂話が登場します。この映画は渋谷の「UPLINK X」で2週間限定でレイトショーされていました。田中善之監督がこの作品を手掛けていて、同氏にとっては本作がデビュー作となります。「人を呪わば穴二つ」をキャッチコピーにしていて、少女たちが迫りくる恐怖に慄きまくっています。 ネタバレを読む
映画:アナと世界の終わり
アナと世界の終わりの紹介:2017年製作のイギリス映画。平凡な日常から抜け出そうとしていた女子高生が、突如として街に現れたゾンビたちを相手に戦いを繰り広げる青春ゾンビミュージカル。ゾンビと戦うヒロインの活躍を軽快な音楽に乗せて描き、スペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭のミッドナイト・エクストリーム部門で最優秀作品賞に輝くなど、各国の映画祭で話題をさらった痛快作。 ネタバレを読む
映画:怪怪怪怪物!
怪怪怪怪物!の紹介:学校でいじめられていた真面目な生徒が、自分をいじめていた不良たちと共に、怪物の子供を捕獲。抵抗出来ないように怪物を縛り付けると、怪物への恐ろしい「虐待」の日々が始まるのでした・・・という物語で、怪物への凄惨な虐待描写が痛々しく、人の心の闇を描き出すような作品になっています。 ネタバレを読む
映画:KRISTYクリスティ
KRISTY クリスティの紹介:常軌を逸したカルト集団に、付け狙われることになってしまった女子大生・ジャスティン。カルト集団は彼女を「クリスティ」と呼び、大学構内で「人間狩り」を始めるのだった・・・というストーリーで、中盤過ぎまで逃げ回っていたヒロインが、終盤になり逆襲に転じる展開が見ものです。 ネタバレを読む
映画:ホームワーク
ホームワークの紹介:1989年のイラン映画で、日本公開は1995年。息子の宿題に疑問を感じた巨匠アッバス・キアロスタミ監督が、多くの小学生児童に直接インタビューすることで、イランの学校教育や社会問題を抉り出したドキュメンタリー作品。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×