「スクリームシリーズ」映画一覧

スクリームはディメンション・フィルムズ配給の映画。スクリームは悲鳴の意。正体不明の殺人鬼が引き起こした連続殺人事件の顛末を描くホラー・サスペンス。最後まで結末が読めない展開、ホラー映画というジャンルに言及し再構築したシナリオ、恐怖と笑いをブレンドした演出の妙が見もの。ムンクの叫びのような白いマスクと死神のマントがトレードマーク、ハロウィーンの頃にオモチャ店に並ぶことが多く、誰もが目にしたことがある筈。

「スクリーム2」は1997年公開のアメリカの作品です。前作「スクリーム」の続編にあたるスラッシャー映画で、前作と同じ監督ウェス・クレイヴィン制作で、主要の出演者らも前作から続投となっています。前回「ウッズボローの惨劇」から2年の年月が流れ、事件の被害者シドニーは大学に進学、普通の日々を過ごしていましたが、あの不気味なマスクを被った殺人鬼がまたもや現れ、シドニーを恐怖のどん底に突き落とします。 ネタバレを読む
映画:スクリーム3
スクリーム3の紹介:「スクリーム」三部作の完結編。これまでの連続殺人事件には黒幕がいたことが明らかになり、シドニーは隠されていた母の過去と真犯人に対決することになる。2000年、米国。監督:ウェス・クレイヴン。キャリー・フィッシャーが「昔レイア姫のカメラテストを受けてもう少しで合格するところだった元女優」の役で出ている。デューイ役のデヴィッド・アークェットとゲイル役のコートニー・コックスは1999年に結婚したが、その後2013年に離婚した。 ネタバレを読む
映画:スクリーム
スクリームの紹介:女子高生シドニーの周囲で次々と起こる殺人事件。犯人は仮装用の死神マスクをつけ、黒いマントに身を包んだ殺人鬼だった。80年代に流行したスラッシャー系ホラー映画のパターンを解説・パロディ化しつつも新境地を開き、ホラー映画ファンだけでなく幅広い観客層から支持された。内容的にはホラーよりもサスペンス寄り。1996年米国。監督・ウェス・クレイヴン。高校の用務員役で自分の監督作品「エルム街の悪夢」のフレディのコスプレをした監督が出演している。ウェス・クレイヴンは2015年8月30日脳腫瘍のため76歳で死去した。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×