「スポーツ」映画一覧

スポーツタグのついている映画は、自分自身やライバルとの戦い、仲間との友情などを通して、観る人の心を熱くし、感動させてくれるストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「シコふんじゃった。」「少林サッカー」「フィールド・オブ・ドリームズ」などがあります。

映画:ビニー信じる男

ビニー/信じる男の紹介:2016年にアメリカで製作されたスポーツドラマ。不幸な交通事故から復活を遂げ、世界タイトルを手にしたボクサー、ビニー・パジェンサの実話を映画した作品で、「セッション」のマイルズ・テラーが主演を務めた。主人公を支える名コーチをアーロン・エッカートが好演している。

ネタバレを読む
映画:コーチカーター

コーチ・カーターの紹介:2005年に公開されたアメリカ映画で、ジョン・ゲイティンズが脚本を務め、トレヴァー・ラビンが音楽を担当した作品。主演はサミュエル・L・ジャクソンで、チャニング・テイタムやアシャンティらが出演したスポーツドラマ。環境の悪い町の高校を舞台に、OBであり名選手だった男がコーチに赴任して、生徒たちを立ち直らせようとする姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:闘魂先生Mrネバーギブアップ

闘魂先生 Mr.ネバーギブアップの紹介:2012年に公開されたアメリカ映画で、フランク・コラチが監督を務め、アダム・サンドラーが製作総指揮に参加したスポーツコメディ。主演はケヴィン・ジェームズで、多数の格闘家も出演した作品。勤務している高校が経営難に陥り、子供が生まれる予定の音楽教師が解雇されると聞いて、1人の中年生物教師がお金を稼ぐため総合格闘技に挑む姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:ペナルティーキック

ペナルティー・キックの紹介:2018年にリリースされたコロンビア・メキシコ映画。熱心なメキシコのサッカーファンの男性が、愛する人と幸せな未来を勝ち取るため、ワールドカップの出場がかかった試合で賭けをして、それによって起こる騒動を描いている。

ネタバレを読む
映画:コンカッション

コンカッションの紹介:2015年に公開されたアメリカ映画で、ウィル・スミスが主演を務めたスポーツドラマ。真面目で誠実な医師が、英雄でもある元NFLの選手の検視をしたことをきっかけに、巨大な組織に立ち向かう姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:最強のチーム

最強のチームの紹介:2016年に制作されたフランス映画で、ジェラール・ドパルデューが出演したコメディ。短気と傲慢な性格によって大怪我をした有名なサッカー選手が、休養で故郷へと戻り、少年チームの監督を引き受けて起こる騒動を描いている。

ネタバレを読む
映画:ウッドローン

ウッドローンの紹介:2015年製作のアメリカ映画。1970年代を舞台に、人種差別の激しいアラバマ州で、乗り越え戦い抜いた男たちの姿を描いている。実在するアメリカンフットボール選手のトニー・ネイサンの実話を映画化した作品。

ネタバレを読む
映画:アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルの紹介:フィギュアスケートで2度の五輪出場を果たしながらも、スキャンダルまみれだったトーニャ・ハーディングの半生を軽快でコミカルに描いた実話ドラマ。あの事件の真相が語られる!?
2017年のアメリカ映画で、主演のマーゴット・ロビーは自ら製作にも携わった。トーニャの鬼母を演じたアリソン・ジャネイがアカデミー賞助演女優賞やゴールデングローブ賞に輝いたほか、受賞・ノミネートされた映画賞は110以上にも及ぶ。

ネタバレを読む
映画:フェリシーと夢のトウシューズ

フェリシーと夢のトウシューズの紹介:2016年製作のフランス&カナダ合作アニメ映画。エル・ファニングがバレリーナを目指す少女の声を演じるアニメーション。施設で育った少女が持ち前の情熱で度重なる困難を克服し、夢を叶えようとする姿が描かれる。バレエシーンの振付をパリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオレリー・デュポンとジェレミー・ベランガールが担当するなど細部へのこだわりにも注目。

ネタバレを読む
映画:人生はマラソンだ!

人生はマラソンだ!の紹介:2012年制作のオランダ映画。オランダのロッテルダムを舞台に、経営難の工場を立て直すため、4人の中年男がマラソンに挑む姿を描いている。オランダ本国で大ヒットを記録した作品で、愛する家族や仲間たちのため、おじさんたちがゴールを目指す。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。