「スポーツ」映画一覧

スポーツタグのついている映画は、自分自身やライバルとの戦い、仲間との友情などを通して、観る人の心を熱くし、感動させてくれるストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「シコふんじゃった。」「少林サッカー」「フィールド・オブ・ドリームズ」などがあります。

2010年公開の米中合作映画。1984年公開の映画「ベスト・キッド」のリメイク版。ウィル・スミスの息子のジェイデン・スミス(当時12歳)と、香港映画界のスター、ジャッキー・チェンが共演して話題となった作品。母親の転勤によりデトロイトから北京へと移り住んだ少年、ドレは、現地に馴染めない上に、到着して早々、他の子供たちからいじめに遭う。そんな彼を救ったのは、一見冴えない風貌の整備士でありながら、実はカンフーの達人の男・ハンだった。 ネタバレを読む
「この星の一等賞になりたいの卓球で俺は!!」 爽やか王道青春スポーツ映画! ペコ(窪塚洋介)とスマイル(井浦新)、アクマ(大倉孝二)の卓球を通して共に育った幼馴染3人がインターハイでぶつかり合う。 自分の卓球に自信満々なペコ、「卓球なんて死ぬまでの暇つぶし」と語るスマイルは片瀬高校、アクマは卓球の名門、将来を期待された選手である風間率いる海王学園へ。絶対的な王者、ドラゴンこと風間、中国からの留学生孔が立ちはだかる。一球、一球に想いを込め打ち込み、それぞれが抱える卓球に対する想いが交差する。 「絶対に勝てる」そう確信してアクマに挑んだペコはまさかの敗北。ペコは立ち直ることが出来るのか、彼に憧れたスマイルは、勝利しても尚満たされないアクマは何を想うのか。 そしてそれぞれが再びインターハイで対峙する。果たして、勝利の女神は誰に微笑むのか――――― ネタバレを読む
映画:勝利への脱出
勝利への脱出の紹介:ジョン・ヒューストン監督、シルベスター・スタローン、マイケル・ケイン主演のスポーツをテーマにした戦争映画。第二次世界大戦中を舞台に、連合軍の捕虜とドイツ代表とのサッカーの試合と、その裏で進められる捕虜たちの脱走計画を描いていく。1981年イギリス・アメリカ・イタリア合作。 ネタバレを読む
映画:ロッキーザファイナル6完結
ロッキー・ザ・ファイナルの紹介:2007年製作のアメリカ映画。『ロッキー』シリーズの6作目であり、『ロッキー5/最後のドラマ』(1990年)以来、16年ぶりとなる続篇[1]。4作目『ロッキー4/炎の友情』以来、再びシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演を務め、本作がシリーズ完結篇と銘打たれている。なお、その後スピンオフであり、ロッキーも登場する続編として『クリード チャンプを継ぐ男』が製作されている。 ネタバレを読む
カリフォルニア・ドールズの紹介:「男臭い世界」を描いてきたロバート・アルドリッチ監督が女子プロレスの世界を描いた作品で、アルドリッチの遺作でもあります。主役タッグのやさぐれマネージャーを、「刑事コロンボ」で有名なピーター・フォークが好演しています。劇中登場する日本人タッグの1人で、日本の女子プロレスラー・ミミ萩原も出演しています。 ネタバレを読む
映画:ロッキー5最後のドラマ
ロッキー5/最後のドラマの紹介:1990年製作のアメリカ映画。ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきたシリーズの第5弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・S・グリック、製作はロバート・チャートフ、アーウィン・ウィンクラー、「ベスト・キッド3 最後の挑戦」のジョン・G・アヴィルドセンが第1作に続き監督を担当、シルベスター・スタローンが脚本・主演を兼ね、撮影はスティーヴン・ポスター、音楽はビル・コンティ。出演はほかにタリア・シャイアら。 ネタバレを読む
映画:ロッキー4炎の友情
ロッキー4/炎の友情の紹介:1985年製作のアメリカ映画。宿敵であり親友であるファイター、アポロを絶命させたソ連の殺人マシーンドラゴに挑戦するロッキーの雄姿を描く。製作はアーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェイムズ・D・ブルベイカーとアーサー・コバニアン。監督・脚本・主演は「ロッキー3」のシルヴェスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はヴィンス・ディコーラが担当。共演はタリア・シャイア、バート・ヤングなど。 ネタバレを読む
映画:ロッキー3
ロッキー3の紹介:1982年製作のアメリカ映画。しがない4回戦ボーイからヘビー級チャンピオンの座を獲得したボクサーを描く「ロッキー」シリーズ第3弾。製作は「レイジング・ブル」のロバート・チャートフとアーウィン・ウィンクラー、製作総指揮はハーブ・ナナス、監督・脚本・主演は、前作に引き続いてシルベスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はスタローンの他にタリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウェザーズ、バージェス・メレディス、ミスター・T、そしてプロレスラーのハルク・ホーガンがゲスト出演している。 ネタバレを読む
映画:ロッキー2
ロッキー2の紹介:1978年製作のアメリカ映画。前作で、フィラデルフィアのチンピラから、世界ヘビー級タイトル・マッチで、アメリカ中のヒーローとなったロッキーが、結婚、ジュニアの誕生などをへて、苦悩しながらも人間的に成長していく姿を描く。製作はアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフ、監督・脚本はシルベスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はビル・コンティ、編集はダンフォード・B・グリーン、美術はリチャード・バーガーが各々担当。出演はシルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウエザース、バージェス・メレディス、トニー・バートン、ジョー・スピネル、レナード・ゲインズ、シルビア・ミールズ、バドカス・スタローンなど。 ネタバレを読む
映画:グーフィーのテニス教室
グーフィーのテニス教室の紹介:1949年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第24作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたピント・コルヴィグ。グーフィーたちがテニスをする様子が面白可笑しく語られる。 ネタバレを読む
映画:綱引いちゃった!
綱引いちゃった!の紹介:大分県の女性綱引きチームを題材にしたコメディ作品で、水田伸生監督によって2012年に公開された作品です。主演は井上真央がつとめ、町おこしに奔走する市役所職員と、ひょんなことから参加することになった綱引きチームのキャプテン役を演じています。主題歌にはDREAMS COME TRUEの「愛して笑ってうれしくて涙して」が起用されており、劇中でも印象的な曲として使われています。 ネタバレを読む
映画:グーフィーのバスケットボール
グーフィーのバスケットボールの紹介:1946年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第21作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたジャック・ハンナ。グーフィーたちがバスケットボールをする様子が面白可笑しく語られる。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×