「スポーツ」映画一覧(2ページ目)

スポーツタグのついている映画は、自分自身やライバルとの戦い、仲間との友情などを通して、観る人の心を熱くし、感動させてくれるストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「シコふんじゃった。」「少林サッカー」「フィールド・オブ・ドリームズ」などがあります。

映画:ロッキー2
ロッキー2の紹介:1978年製作のアメリカ映画。前作で、フィラデルフィアのチンピラから、世界ヘビー級タイトル・マッチで、アメリカ中のヒーローとなったロッキーが、結婚、ジュニアの誕生などをへて、苦悩しながらも人間的に成長していく姿を描く。製作はアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフ、監督・脚本はシルベスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はビル・コンティ、編集はダンフォード・B・グリーン、美術はリチャード・バーガーが各々担当。出演はシルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウエザース、バージェス・メレディス、トニー・バートン、ジョー・スピネル、レナード・ゲインズ、シルビア・ミールズ、バドカス・スタローンなど。 ネタバレを読む
映画:グーフィーのテニス教室
グーフィーのテニス教室の紹介:1949年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第24作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたピント・コルヴィグ。グーフィーたちがテニスをする様子が面白可笑しく語られる。 ネタバレを読む
映画:綱引いちゃった!
綱引いちゃった!の紹介:大分県の女性綱引きチームを題材にしたコメディ作品で、水田伸生監督によって2012年に公開された作品です。主演は井上真央がつとめ、町おこしに奔走する市役所職員と、ひょんなことから参加することになった綱引きチームのキャプテン役を演じています。主題歌にはDREAMS COME TRUEの「愛して笑ってうれしくて涙して」が起用されており、劇中でも印象的な曲として使われています。 ネタバレを読む
映画:グーフィーのバスケットボール
グーフィーのバスケットボールの紹介:1946年にウォルト・ディズニー・プロダクションによって製作された作品。ディズニーのキャラクターであるグーフィーを主人公としたシリーズの第21作品目にあたる作品である。監督を務めたのはシリーズで多く監督を務め、ウォルト・ディズニー・カンパニーに所属していたジャック・ハンナ。グーフィーたちがバスケットボールをする様子が面白可笑しく語られる。 ネタバレを読む
映画:リスタート:ランウェイ~エピソード0~
リスタート:ランウェイ~エピソード0~の紹介:2019年公開。不慮の事故により車椅子生活となった主人公がレーサーを目指す物語を描く作品。『リスタート』シリーズとして展開されていくシリーズの序章となる物語。主演を務めるのは、実生活で不慮の事故に見舞われ下半身不随となった、アイドルグループ・仮面女子のメンバー猪狩ともか。監督を務めたのは、今作が長編監督3作目となる帆根川廣。Amazon Prime Videoにて配信中。 ネタバレを読む
映画:ローラーガールズダイアリー
ローラーガールズ・ダイアリーの紹介:子役から成長し大人の女優として成功した、ドリュー・バリモアの初監督作品です。「ジュノ」で妊娠する女子高生を演じたエレン・ペイジの初々しい魅力と、女性たちが肉体をぶつけあうローラーゲームの迫力が満点の、青春グラフィティ・スポーツ映画です。 ネタバレを読む
映画:青春☆金属バット
青春☆金属バットの紹介:2006年の公開作。古泉智浩の同名コミックを『夏の終わり』『私の男』の熊切和嘉監督が映画化。公開当時はフォークグループ野狐禅として活躍していた竹原ピストルの映画初主演作。高校時代に野球部の補欠だった難馬はコンビニでバイトしながら、究極のスイングを求めて練習に励んでいた。ところが巨乳で酒乱のエイコという女と出会ったことで、難馬はバットを使った強盗を始めてしまう。そんな中、難馬は野球部のエースだった警官の石岡に再会し…。 ネタバレを読む
映画:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらの紹介:「もしドラ」として社会現象にもなった岩崎夏海のベストセラー小説を、前田敦子主演で2011年に映画化した作品です。映画のキャッチコピーは「私たちの青春は、一冊の本から始まった」となっており、とあるきっかけからドラッカーの「マネジメント」を読んだ女子高生が、その理論を高校野球をに取り入れて改革していく物語となっています。 ネタバレを読む
映画:トラベラー
トラベラーの紹介:1974年に制作されたイラン映画で、日本では約20年後に満を持して公開された。巨匠アッバス・キアロスタミ監督の長編処女作で、今作以降の作品同様に出演者は素人を起用している。落ちこぼれで親にも見放されている少年ガッセムは、サッカーに夢中。イラン代表の一戦をどうしても観戦したい彼は、テヘランのスタジアムへ向かう計画を立てる。様々な悪事を働いて金をかき集めるガッセムだったが…。 ネタバレを読む
映画:風が強く吹いている
風が強く吹いているの紹介:三浦しをんの同名小説を映画化し、大森寿美男が監督・脚本をつとめて2009年に公開された作品です。とある大学の弱小陸上部を舞台に、寄せ集めの個性的なメンバーたちが箱根駅伝を目指すまでの物語が描かれています。小出恵介と林遣都が主演をつとめ、走ることに情熱を燃やすランナーたちの心情を演技で表現してくれています。またタイトルでもある「風が強く吹いている」も、箱根マラソンをあらわす印象的な言葉として劇中に登場しています。 ネタバレを読む
映画:茄子スーツケースの渡り鳥
茄子 スーツケースの渡り鳥の紹介:黒田硫黄の漫画「茄子」に収録されている短編作品を原作としたアニメーション映画で、同じく「茄子」を原作として製作された「茄子 アンダルシアの夏」の続編となっています。主人公・ペペの声は前作同様大泉洋がつとめ、もうひとりの主人公とも言えるチョッチの声は山寺宏一がつとめいます。また監督をはじめ制作陣が「水曜どうでしょう」のファンということもあり、大泉洋とともに出演していたHTBの藤村忠寿と嬉野雅道も声優として本作に出演しています。 ネタバレを読む
映画:茄子アンダルシアの夏
茄子 アンダルシアの夏の紹介:「茄子 アンダルシアの夏」は2003年に劇場公開されたアニメーション映画で、主役・ペペの声は俳優の大泉洋が務めています。世界三大自転車レースの1つである「ブエルタ・ア・エスパーニャ」を舞台に、チームの一員としてレースに参加しているペペと彼の地元で暮らす人々を軸に物語が描かれています。上映時間47分という短編作品ですが、ペペを取り巻く人間模様に加えて自転車レースの魅力が詰まった作品に仕上がっています。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×