「スパイ」映画一覧(9ページ目)

スパイタグのついている映画は、凄腕の工作員や暗殺者を出演者とし、極秘の任務を遂行するストーリー展開の作品が多く、学生からご年配まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「007シリーズ」「ミッション:インポッシブル」「ボーン・アイデンティティ」などがあります。

映画:インセプション

インセプションの紹介:2010年公開のアメリカ映画。人の夢の世界に入り込む企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描いた作品。斬新なストーリー展開と、クリストファー・ノーラン監督独自の、スタイリッシュな映像世界に引き込まれる。

ネタバレを読む
映画:ラストミッション

ラストミッションの紹介:2014年公開のアメリカ映画。マックGが監督、リュック・ベッソンが脚本を担当した。余命3か月を宣告されたエージェントが、史上最高に危険な仕事と娘との関係という2つの問題に振り回される姿が描かれた作品。

ネタバレを読む
映画:ボーンアルティメイタム3完結

ボーン・アルティメイタムの紹介:主演マットデイモンのアクションが光る大ヒットシリーズ完結編。記憶を失った元CIAジェイソン・ボーンはすべての悲劇の始まりである自分のアイデンティティを取り戻すため、いよいよCIA極秘作戦の本拠地へと乗り込む衝撃の最終話

ネタバレを読む
映画:ミッションインポッシブル(ゴーストプロトコル)4

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルの紹介:2011年制作のアメリカ映画。「ミッション・インポッシブル」シリーズの第4作目。「ゴースト・プロトコル」とはアメリカ政府が非合法の秘密作戦に対して一切の関与を否定する取り決めのこと。

ネタバレを読む
映画:MiIIIミッションインポッシブル3

M:i:III〔ミッション:インポッシブル3〕の紹介:2006年制作のアメリカ映画。「ミッション・インポッシブル」シリーズの第3作目。IMF内部にいる裏切り者をあばき、闇商人デイヴィアンとイーサンが戦う作品である。

ネタバレを読む
映画:M:I-2ミッションインポッシブル2

M:I-2〔ミッション:インポッシブル2〕の紹介:2000年制作のアメリカ映画。ジョン・ウー監督。映画「ミッション:インポッシブル」の続編にあたる。感染すると30時間で死に至るキメラウィルスを取り戻すミッションに、イーサンが挑む。

ネタバレを読む
映画:ミッションインポッシブル1

ミッション:インポッシブルの紹介:1996年のアメリカ映画。アメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』を映画化。映画の邦題は原題のままである。2017年7月現在、シリーズが5作目まで作られており、2018年に6作目が公開予定の超人気映画シリーズ。

ネタバレを読む
映画:トゥルーライズ

トゥルーライズの紹介:1994年公開のアメリカ映画。「トゥルーライズ」を直訳すると「本当の嘘」という意味。アーノルド・シュワルツェネッガー演じる凄腕スパイが、正体を家族に隠しつつテロリストと戦う姿をコメディタッチで描いたアクション映画。

ネタバレを読む
映画:ボーンスプレマシー2

ボーン・スプレマシーの紹介:マット・デイモン主演の大ヒットスパイアクション映画の第二弾。世界を逃亡する中で愛するマリ―を殺害されたジェイソン・ボーン。敵を打つべくヨーロッパへを舞い戻り、すべてに関わるトレッドストーン計画を明らかにします。

ネタバレを読む
映画:ボーンアイデンティティー1

ボーン・アイデンティティーの紹介:マット・デイモン主演の新境地のスパイアクション映画です。ヨーロッパの街を縦横無尽に滑走するミニクーパーのカーチェイスは迫力満点。主人公のジェイソン・ボーンは果たして逃げ切れるのか、そして一体何者なのか。

ネタバレを読む
映画:ソード・フィッシュ

ソード・フィッシュの紹介:政府の麻薬取締局の闇資金95億ドルを略奪計画を企む闇組織に、天才ハッカースタンリーは意に反したまま巻き込まれるていく、「マトリックス」のジョエル・シルバーが製作したVFX駆使するサイバーアクションの超大作。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。