「どんでん返し」映画一覧(2ページ目)

どんでん返しタグのついている映画は、伏線を張りながらの、予想がつかない驚愕のストーリー展開の作品が多く、大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「メメント」「シックスセンス」「エスター」などがあります。

福本伸行原作の人気コミック実写化作品第二弾。地下労働施設での「チンチロ」、裏カジノのパチンコ「沼」と原作でも人気のゲームに加え、劇場版オリジナルとして「姫と奴隷」という新ゲームも追加。藤原竜也演じるカイジが109万を元手に仲間たちと自らの借金総額2億円を勝ち取るべく、帝愛グループに立ち向かう。 ネタバレを読む
ギャングの親分の愛人に手を出した男。見逃してもらう条件は誰も見たことが無い「幻の殺し屋 デラ富樫」を探し出すこと!見つからない殺し屋に、困り果てた男はある売れない俳優をデラ富樫に見立てて乗り切ることを思いつく。三谷幸喜監督作品第四作目。映画のような港町を舞台に、嘘が交差するドタバタコメディ作品です。 ネタバレを読む
映画「クロエ」はアトム・エゴヤン監督の作品で、フランス映画の「恍惚」をリメイクした官能サスペンス映画です。キャストにジュリアン・ムーアとリーアム・ニーソンが夫婦役を演じ、「マンマ・ミーア」のアマンダセイフリッドがイメージをガラッと変え、美しくも妖しい娼婦役を演じています。産婦人科医のキャサリンは、大学教授のデビッドと息子のマイケルと3人で不自由なく暮らしていましたが、夫婦はセックスレス気味でした。そんな時、デビッドの浮気しているのではと疑い始め、レストランで出会った娼婦のクロエに夫を誘惑して欲しいと依頼をします。 ネタバレを読む
2012年製作のアメリカ映画。オーランドからアトランタへ向かう飛行機の機長であるウィップ・ウィトカー。彼は機体トラブルにより背面飛行をし、緊急着陸を行って多くの乗客たちの人命を救って、一躍時の人として英雄扱いされる。しかし事故当時の彼からアルコールが検出され、疑問を感じたマスコミたちが騒ぎ立て、一転して容疑者となってしまう…。 ネタバレを読む
2014年に公開された、ミステリードラマ『トリック』の劇場版。監督は堤幸彦、主演は仲間由紀恵・阿部寛。シリーズ4本目の劇場版にして、14年続いた作品の完結編となる。上田は多額の研究資金と引き換えに、ある部族の呪術師のタネを暴くよう依頼される。呪いを恐れた上田は、旅行と嘘をついて山田も連れ出すが……。 ネタバレを読む
プラチナデータの紹介:2012年製作の日本映画。東野圭吾の同名小説を、『るろうに剣心』の大友啓史監督が、二宮和也主演で映画化したSFサスペンス。日本国民全員のDNA情報が管理され、犯罪の検挙率100%、冤罪率が0%になった近未来で、警察庁でDNA捜査システムを作り出すも、連続殺人犯の嫌疑をかけられた天才科学者と、彼を追う捜査一課の刑事の姿をスリリングに描く。 ネタバレを読む
映画「ワイルド・シングス」はアメリカのサスペンス映画で、スティーブン・ピーターズ監督の作品です。作品にも出演している俳優のケビン・ベーコンが制作総指揮を担当しています。ある高校の人気教師が引き起こしたレイプ事件、しかしその裏には、とんでもない事実が隠されており、何度もどんでん返しが起こり、驚愕のラストが待ち受けています。本作のヒットを受け、その後シリーズ化されパート4まで制作されています。 ネタバレを読む
2000年制作イギリス、アメリカ映画。ダイヤ商から86カラットのダイヤを盗み出した、強盗団。宝石をニューヨークを根城にしているボス、アビーに届けようとするが裏では裏切りや陰謀が渦巻いていた。果たして、最後に笑うのは誰か? ネタバレを読む
予告犯の紹介:2015年公開の日本映画。ネット犯罪の恐怖を描いた筒井哲也による同名コミックを生田斗真主演、戸田恵梨香共演で映画化したサスペンス・スリラー。ネットに犯行予告動画を投稿しては実行していく新聞紙製の頭巾を被った謎の集団“シンブンシ”と警視庁の女性捜査官との戦いをスリリングに描き出す。監督は『白ゆき姫殺人事件』の中村義洋。 ネタバレを読む
2015年制作のアメリカ映画。スティーブン・スティルバーグ監督、マット・チャーマンとコーエン兄弟脚本による歴史・伝記・ドラマ・政治・アクション・戦争・スパイ・スリラー映画である。舞台は冷戦下のアメリカ、弁護士のジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、アメリカFBIに捕まったソ連側のスパイであるルドルフ・アベルの弁護をすることになる。冷戦情勢は次第に悪化していき、ソ連側でも同じくアメリカ側のスパイが捕まったことが分かり...。 ネタバレを読む
「セルラー」は何者かに誘拐され監禁された女性が、電話で偶然繋がった男子大学生に助けを求める、手に汗握るクライムサスペンス映画です。監督は「デッドコースター」や「シャーク・ナイト」のデヴィッド・エリスの作品です。主演は「LA.コンフィデンシャル」でアカデミー助演女優賞を獲得したキム・ベイシンガーと、「アベンジャーズ」シリーズにてキャプテン・アメリカのクリス・エヴァンズです。また「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムが誘拐犯役を演じています。 ネタバレを読む
2011年公開のアメリカ映画。1972年にチャールズ・ブロンソンが主人公を演じた同名の映画のリメイク版であり、主演はジェイソン・ステイサム。凄腕の殺し屋であるビショップは、彼に殺しの技術を教えた師匠とも言うべき相手の殺害を依頼される。葛藤の末、依頼通りに恩人を殺すも、その息子であるスティーブが彼に「弟子入り」することに。父を殺した相手と知らず、スティーブはビショップの元で徐々に殺しの技術を磨いていくのだった。 ネタバレを読む
2009年アメリカ制作のコメディ映画。結婚式2日前に独身パーティーのため、親友2人と新婦のちょっと変わった弟と4人でベガスに出かけた新郎。祝杯をあげて酔っぱらって目覚めると、新郎のダグがいない。そして昨晩の記憶すらない。親友のフィルとステュと未来の弟アランが、結婚式に間に合うよう、必死にダグを探しだそうとしますが、いろんな問題が。無事彼らは結婚式に間に合うのでしょうか? ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2014年制作のスペイン映画。第62回サンセバスチャン国際映画祭作品賞・監督賞受賞作。脚本・監督は本作が長編デビュー作となるカルロス・ベルムト。日本の架空のアニメ「魔法少女ユキコ」のコスチュームをきっかけに、登場人物の悲劇的な運命を描いている。日本公開は2016年。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×