「どんでん返し」映画一覧(2ページ目)

どんでん返しタグのついている映画は、伏線を張りながらの、予想がつかない驚愕のストーリー展開の作品が多く、大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「メメント」「シックスセンス」「エスター」などがあります。

映画:アンチヴァイラル

アンチヴァイラルの紹介:華やかなセレブに憧れるあまり、セレブがかかった病気のウイルスを注射することによって、セレブの生活を「疑似体験する」ことが認可された、近未来の世界で。セレブのウイルスを販売する青年シドは、自らもそのウイルスの虜になってしまうのでした・・・という近未来SFで、かのデヴィッド・クローネンバーグ監督の長男、ブランドン・クローネンバーグの長編初監督作にふさわしい、変態チックなドラマに仕上がっています。

ネタバレを読む
映画:血濡られた兄弟

血濡られた兄弟の紹介:経済的に恵まれていた一家の、ゲームやホラー映画好きな「オタクな長男」が、連続猟奇殺人の容疑者として逮捕されてしまいます。被害者の若い女性はみな長男と付き合っていた過去があり、容疑は間違いないと思われましたが、長男は無罪を主張します。長男を救うべく、弟が単独で事件を調査し始めるのですが・・・といった内容の、TVムービーサスペンスです。事件の謎解きと平行して、揺れ動く家族の絆に重点を置いた作品になっています。

ネタバレを読む
映画:完璧なストレンジャー

完璧なストレンジャーの紹介:結婚してまだ3ヵ月の新婚でありながら、母親の死にも関心を示さない妻との生活に、嫌気が差していたジョナタン。その妻が車で事故を起こしたと聞き、病院へ駆けつけると。そこにいたのは妻とは全く別の他人だった・・・!彼女の正体は、そして妻の行方は?というフランス産のサスペンスで、主人公と「妻の名を語る見知らぬ女性」との心の揺れ動きを描く、ラブ・サスペンスになっています。

ネタバレを読む
映画:体温

体温の紹介:2013年公開の日本映画。人形を愛する男と自分を見失いかけた女の孤独と触れ合いを描くラブストーリー。「堀川中立売」の石崎チャベ太郎が世間から隔絶した自分だけの世界を生きる男を、セクシー女優として活動するほか恵比寿マスカッツの一員として歌手デビュー、テレビドラマ『嬢王 Virgin』に出演するなど多岐に渡って活躍する桜木凛が人形とキャバクラ嬢の二役に挑んでいる。

ネタバレを読む
映画:フレディエディ

フレディ/エディの紹介:2016年製作のドイツ映画。妻の浮気で逆上し、暴力を振るったフレディは、それがきっかけで離婚をし、息子の親権もはく奪されてしまう。離婚がきっかけでフレディはその後、幼少期に見ていたもうひとりの自分「エディ」を見るようになるが…。

ネタバレを読む
映画:パシフィックトレジャー大日本帝国の黄金伝説を追え!

パシフィック・トレジャー 大日本帝国の黄金伝説を追え!の紹介:2015年に公開されたアドベンチャー映画です。アクションアドベンチャーと銘打たれてはいますが、アクションの要素はほぼほぼありません。一種の群像劇になっていて、複数の勢力が埋蔵金を手に入れるため、争い合うというストーリーです。アメリカにおける副題は「YAMASHITA’S LOST TREASURE OF BATAAN」で、山下財宝という都市伝説を下敷きにしているようです。

ネタバレを読む
映画:ザボーイ~人形少年の館~

ザ・ボーイ ~人形少年の館~の紹介:イギリスの片田舎にある、森に囲まれた古いお屋敷に子守として雇われた若いアメリカ人女性が体験する、世にも恐ろしい出来事を描いた作品です。ゴシック・ホラー調の物語が素敵な味わいですが、終盤にはあっと驚く「仕掛け」が施されています。

ネタバレを読む
映画:フォーハンズ

フォー・ハンズの紹介:20年前、両親が強盗に殺害される現場に居合わせてしまった姉妹の悲劇を描いた2017年制作のドイツのホラー・サスペンス。監督/脚本は初長編作「Bis aufs Blut–Brüder auf Bewährung」で数々の賞を受賞したオリヴィエ・キーンル。妹役をフリーダ=ロヴィーサ・ハーマン、姉役を「顔のないヒトラーたち」のフリーデリーケ・ベヒトが演じている。

ネタバレを読む
映画:ボイス(2002年韓国)

ボイス(2002年韓国)の紹介:携帯電話を通じて怨恨が伝播し幼い少女が豹変する恐怖を描いた2002年公開の韓国ホラー。監督/脚本は「友引忌」「コックリさん」(2004年制作)のアン・ビョンギ。主演は「デュエリスト」「友引忌」のハ・ジウォン。公開時、韓国では大ヒットを記録し、コリアン・ホラーブームの先駆けとなり、日本でも幼い娘ヨンジュ役ウン・ソウの凄まじい演技が話題になった。

ネタバレを読む
映画:拷問男

拷問男の紹介:2012年製作のオーストラリア映画。想像を絶する拷問描写を通して、社会の闇を描いたスプラッターホラー。幼い娘を殺され、復讐を誓ったシングルファーザーのデレクは犯人を見つけ出し、自宅に監禁する。凄惨な拷問で犯人に苦痛を与えていくうちに、デレクの残忍な本性が現れ…。

ネタバレを読む
映画:マザーハウス恐怖の使者

マザーハウス 恐怖の使者の紹介:日本ではあまり見ることのない、ベネズエラ製作のミステリー・ホラーです。夫と我が子を殺した罪で、30年間服役していた女性が、事件の起きた我が家に戻り。そこで衝撃の真実を知ることになる・・・!という物語で、複数の時制が入り乱れ、謎が解き明かされる終盤は見応え十分です!

ネタバレを読む
映画:リムジンLIMOUSINE

リムジン LIMOUSINEの紹介:長年の功績を認められ映画賞を受賞したベテラン女優が、授賞式に向うはずのリムジンの車中に閉じ込められてしまう。それは、謎の人物による、女優への壮絶な復讐の幕開けだった・・・!という物語で、全編通してほぼ「ひとり芝居」で汚れ役を演じるヒロインの悲痛さと迫力が見ものの作品です。

ネタバレを読む
映画:Miss ライアー

Miss ライアーの紹介:見知らぬ部屋に監禁された、互いに見知らぬ、一見なんの共通点もなさそうに見える人種も人種も違う男女6名が、理不尽な「試練」を与えられ、次第に6人の知られざる過去が明かされていく・・・という、シチュエーション・スリラーです。予備知識なしに、どんな仕掛けが、どんな真相が?とあれこれ推理しながら見るのが、一番の楽しみ方かなと思います。

ネタバレを読む
映画:NO EXITノーイグジット

NO EXIT/ノー・イグジットの紹介:明らかに「小物」な感じの、泥棒家業をしている恋人同士のコンビが、最後の仕事として忍び込んだ家でとんだハプニングに遭遇、「もうひと仕事」するハメに。しかし潜入したその家は、恐るべき殺人鬼の棲み家だった・・・!というクライムサスペンスを、コメディ風味たっぷりに描いた作品です。全体にテンポが良く、心地よい怖さと笑いを楽しめる一作です。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。