「どんでん返し」映画一覧(2ページ目)

どんでん返しタグのついている映画は、伏線を張りながらの、予想がつかない驚愕のストーリー展開の作品が多く、大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「メメント」「シックスセンス」「エスター」などがあります。

2009年アメリカ制作のコメディ映画。結婚式2日前に独身パーティーのため、親友2人と新婦のちょっと変わった弟と4人でベガスに出かけた新郎。祝杯をあげて酔っぱらって目覚めると、新郎のダグがいない。そして昨晩の記憶すらない。親友のフィルとステュと未来の弟アランが、結婚式に間に合うよう、必死にダグを探しだそうとしますが、いろんな問題が。無事彼らは結婚式に間に合うのでしょうか? ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
2009年制作日本映画。定職に就かずフリーターとして過ごす伊藤カイジ。友人の借金の保証人になったことで多額の借金を背負い、借金返済のために命がけのゲームに挑むことに。果たしてカイジは無事に金を手に入れ帰ることができるのか。 ネタバレを読む
2011年公開のアメリカ映画。ジェイク・ジレンホール主演のSFスリラー作品。多くの乗客の命を奪った、シカゴ行きの列車爆破テロ事件。その犠牲者の一人の最後の8分間の意識の中に入り込み。テロの犯人を見つけることをミッションとして課されたコルター。不可能とも思われるようなこの任務を、果たして彼は達成できるのか。 ネタバレを読む
2004年公開のアメリカ映画。スティーヴン・キングの小説『秘密の窓、秘密の庭』を原作とするスリラー作品であり、主演はジョニー・デップ。人気小説家のモートの元へ、ある日、見知らぬ男が訪ねてくる。「俺の小説を盗んだだろう」と、盗作の言いがかりをつけてくる男にモートは困惑するが、男の要求は徐々にエスカレートしていくのだった。 ネタバレを読む
ジョナサン・サフランによる小説を原作とする2011年制作のアメリカ映画。アスペルガー症候群を抱える11歳の少年オスカーは、アメリカ同時多発テロで父親を亡くしてから1年が経った頃、父トーマスの部屋で一本の鍵を見つける。その鍵の秘密を探るため、オスカーは以前父親と一緒に遊んでいた「調査探検」を再開させるのだった。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
日本のライトノベル原作で2014年に制作されたアメリカSF映画。「ギタイ」と呼ばれる宇宙からの侵略者によって滅亡の危機にさらされた近未来の地球が舞台。将軍の命令により機動スーツを身に着け最前線で戦うことになった軍属報道官のウィリアム・ケイジは、初出動した戦場でギタイとともに自爆し死亡するが、目が覚めると出撃前の過去にタイムループしていた...。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
2012年に公開された内田けんじ監督によるコメディです。第36回日本アカデミー賞では最優秀脚本賞を受賞しました。ひょんなことから殺し屋と売れない役者の記憶が入れ替わり、お互いの人生を嗜むというストーリーです。主演を堺雅人さんと香川照之さんが務めました ネタバレを読む
2008年公開のアメリカ映画。 セラピストのクレア・サマーズは、飛行機事故の生存者5名のセラピーを担当する事になりました。グループカウンセリングを行うたびに、患者が減っていき、さらに外にはいつも怪しい人物がいる事に気がつき、飛行機事故の真相を何者かが隠蔽しようとしているのではないかと疑念を抱き始めたクレアは、真相解明のために動き出すのですが…。 ネタバレを読む
映画「スイミング・プール」はフランスとイギリスの合作映画です。監督は「まぼろし」「8人の女たち」のフランソワ・オゾンの作品です。主演はイギリス人女優のシャーロット・ランプリング、フランスの人気女優のリュディヴィーヌ・サニエが出演し、フランスの片田舎を舞台に現実と空想が入り混じるミステリー映画です。 ネタバレを読む
2013年公開のアニメ映画。社会現象を巻き起こした『魔法少女まどか☆マギカ』のその後を描いた物語。深夜アニメとしては異例の、興行収入20億円を突破する大ヒットを記録。まどかたちは魔法少女として、毎晩ナイトメアと戦っていた。しかしほむらはその日常に違和感を抱き……。 ネタバレを読む
ナンシーの紹介:2018年製作のアメリカ映画。サンダンス映画祭で脚本賞に輝いたスリラー。人付き合いが苦手なナンシーは、他人の関心を集めようと嘘ばかりついていた。ある日、5歳で行方不明になった娘を探す夫婦をテレビで見かけた彼女は、その娘の30年後の似顔絵が自分に似ていることに気づき……。主演は「オブリビオン」、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアンドレア・ライズボロー。監督のクリスティーナ・チョーはこれが長編デビュー作。 ネタバレを読む
フィアー・インクの紹介:ホラー映画が好きで、もっと怖い体験がしたい!と思っていた主人公が、現実の世界で本当に「死の恐怖」に晒されることになる・・・!というサスペンスホラーで、劇中に映画マニアの心をくすぐるようなセリフやシーンが散りばめられた構成になっています。 ネタバレを読む
ファミリー・プロットの紹介:サスペンス&スリラー映画の巨匠、アルフレッド・ヒッチコック監督の遺作で、軽いタッチでコメディ要素も加えたサスペンス映画になっています。カレン・ブラック、ブルース・ダーン、ウィリアム・ディベインなど、1970年代を代表する個性派俳優が顔を揃えた作品です。 ネタバレを読む
ボディ・ダブルの紹介:「キャリー」「アンタッチャブル」などで知られるブライアン・デ・パルマ監督が1984年に手がけた、エロチック・サスペンス映画です。アルフレッド・ヒッチコック監督の「めまい」や「裏窓」などへのオマージュをふんだんに取り入れた内容になっています。「ボディ・ダブル」とは、映画に出演する役者のヌードシーンなどを、他の役者が代役で演じることを指します。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×