「どんでん返し」映画一覧(3ページ目)

ファミリー・フィーバー(2014年)の紹介:2014年製作のドイツ映画。ある週末に、カップルがお互いの両親を会わせたことで、重大な秘密が明らかになってしまう様を描いている。お城のようなお家で繰り広げられる騒動を映し出した作品。監督はニコ・ソマーが務め、カトリン・ヴァリグラやピーター・トラブナーらが出演。

ネタバレを読む

ブラッディ・ホワイト 白の襲撃者たちの紹介:2015年製作のアメリカ映画。刑事のウォールズは病院で起こった大規模な爆破事件に巻き込まれる。彼は病院のベッドで目を覚まし、異様なまでに静まり返る院内で警備員と遭遇するが、何者かに銃弾を撃ち込まれ…。予測不能でジャンル分けの難しい作品。

ネタバレを読む

ブラッディ・ツインの紹介:2016年製作のアメリカ映画。自分の中にいる双子に体が乗っ取られるという設定で描くホラー。自転車便ライダーのヘレンは、大事故に巻き込まれたことをきっかけにブラックアウトや幻想などに悩まされるようになる。MRI検査の結果、頭に腫瘍があることが分かるが…。

ネタバレを読む

隣人 ネクストドアの紹介:2005年製作。隣人の魅力的な姉妹に迫られ、追い詰められていく男性の悪夢を描いている。監督・脚本を担当したのは、ポール・シュレットアウネ。過激な性描写と男の内面に隠された闇を映し出す。主演のクリストッフェル・ヨーネルはノルウェー版アカデミー賞で、アマンダ賞最優秀男優賞を受賞した。

ネタバレを読む

ザ・パック 餌になる女の紹介:2010年製作。ヒッチハイクの男性を乗せたことから、化物の餌になるために拉致・監禁された女性の運命を描いている。「尻敷女」の制作陣が参加し、カンヌ国際映画祭で上映されて話題を呼んだ作品。主演はエミリー・ドゥケンヌ。捕まえた人間を化物の餌として与える女性主人をヨランド・モローが演じる。

ネタバレを読む

人狼ゲーム マッドランドの紹介:2017年7月15日公開の日本映画。古くから伝わるゲームをモチーフにしたホラー小説原作の「人狼ゲーム」シリーズ第6弾。高校生たちを殺し合わせる人狼ゲームに参加させられた萌は、人狼側が圧倒的に有利な中、勝利を目指していく…。

ネタバレを読む

ラブ・アフェア 年下の彼(2012年)の紹介:2012年製作のアメリカ映画。夫の出張でイタリアに同行した女性と、年下の男性との恋の行方を描いている。ケイト・ボスワース主演で贈るラブストーリーで、年下の相手役を演じるのはジェイミー・ブラックリー。

ネタバレを読む

ニンフォマニアック Vol.2の紹介:2013年公開のデンマーク映画。幼い頃から性を意識し、様々な男性と関係を持ってきた色情狂の女性の姿を描いている。豪華な顔ぶれで展開され、過激な描写にも注目の作品。Vol.1の前編に引き続き、今作は後編にあたる。鬼才ラース・フォン・トリアーが監督・脚本を務めた映画であり、「アンチクライスト」、「メランコリア」に続く「鬱三部作」の最終作。

ネタバレを読む

ニンフォマニアック Vol.1の紹介:2013年公開のデンマーク映画。幼い頃から性を意識し、様々な男性と関係を持ってきた色情狂の女性の姿を描いている。豪華な顔ぶれで展開され、過激な描写にも注目の二部構成の作品。鬼才ラース・フォン・トリアーが監督・脚本を務めた映画であり、「アンチクライスト」、「メランコリア」に続く「鬱三部作」の最終作である。

ネタバレを読む

荊棘(バラ)の秘密の紹介:2015年製作の韓国映画。『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジン主演によるサスペンススリラー。国会議員に立候補したチョンチャンの娘が選挙を15日後に控えたある日、失踪する。妻のヨンホは選挙しか頭にないチョンチャンに怒り絶望し、ひとりで手掛かりを探し始めるが…。

ネタバレを読む

オフィス 檻の中の群狼の紹介:2015年製作の韓国映画。『チェイサー』の脚本家、ホン・ウォンチャンが初監督を務めたサイコスリラー。勤勉な会社員、キム・ヒョングクが家族を殺害して姿をくらました。刑事のジョンフンが捜査を始めるが事件は迷宮入り。やがて、キムの会社で不可解な事件が起きる…。

ネタバレを読む

クリムゾン・タイドの紹介:1995年のアメリカ映画。ロシアの反乱に端を発する核戦争の危機に際し、究極の選択を強いられたアメリカ海軍の攻撃型原潜の物語。監督はCMディレクター出身で、『トップガン』『ビバリーヒルズ・コップ2』など数多くの大ヒット作を製作してきたトニー・スコット。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーのヒットメーカーコンビ。またクレジットには記載されていないが、脚本のリライトにクエンティン・タランティーノが参加している。1995年度のアカデミー賞では音響効果賞、音響賞、編集賞などにノミネートされ、翌年のMTVムービー・アワードでは主演のデンゼル・ワシントンが男優賞にノミネートされた。

ネタバレを読む

僕らのごはんは明日で待ってるの紹介:2017年1月7日公開の日本映画。正反対の性格の男女の恋を描いた瀬尾まいこの人気小説を、中島裕翔&新木優子主演で映画化したラブストーリー。高校生から社会人になるまで、出会ってから7年間の男女の愛の行方を、『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督が丁寧につづる。

ネタバレを読む

トモダチゲーム 劇場版の紹介:2017年6月3日公開の日本映画。山口ミコト&佐藤友生原作の人気コミックを、テレビドラマと劇場版二部作で映像化したシリーズの劇場版第1弾。200万円の修学旅行費が盗まれたことから高額の借金返済ゲームに巻き込まれた友達同士の高校生5人が、激しい疑心暗鬼の心理戦を繰り広げる。出演は「銀魂」の吉沢亮、「血まみれスケバンチェーンソー」の内田理央、「破裏拳ポリマー」の山田裕貴。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。