「どんでん返し」映画一覧(5ページ目)

どんでん返しタグのついている映画は、伏線を張りながらの、予想がつかない驚愕のストーリー展開の作品が多く、大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「メメント」「シックスセンス」「エスター」などがあります。

映画:2重螺旋の恋人

2重螺旋の恋人の紹介:原因不明の腹痛に苦しんでいたクロエ。精神分析医のポールに出逢ったクロエは、医師と患者の関係を解消し恋人となる。ある日クロエはポールに双子の兄がいることを知るが、ポール曰く自分に兄弟はいないと言う…。
2017年の仏映画で、日本では2018年に公開。ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を鬼才フランソワ・オゾンが翻案したエロティック・スリラー。R-18指定。

ネタバレを読む
映画:リバース

リバースの紹介:2016年に製作されたアメリカ映画で、フラン・クランツやアダム・ゴールドバーグ、パット・ヒーリーらが出演したサスペンス。友人に誘われてセミナーに参加した男性が、心理的に追い詰められていく姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:奏でよインターナショナル

奏でよ、インターナショナルの紹介:2006年に製作されたトルコ映画で、ムハレン・ギュルメズとスッル・スレイヤ・オンデルが監督を務めたドラマ。軍事政権下の中、政権を称える演奏を強いられた楽団員と、その家族の姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:ジグソウソウレガシー8

ジグソウ:ソウ・レガシーの紹介:2017年製作のアメリカ&カナダ合作映画。さまざまな理由で殺戮ゲームに参加するはめになった人々が味わう恐怖と、ゲームの仕掛け人との関係が描かれる人気ホラーシリーズ『ソウ』。一連の事件の犯人だった殺人鬼“ジグソウ”ことジョン・クレイマーの死から10年が経ち、新たなゲームが繰り広げられる。『プリデスティネーション』のスピエリッグ兄弟が監督を手がける。

ネタバレを読む
映画:楳図かずお恐怖劇場DEATHMAKE

楳図かずお恐怖劇場 DEATH MAKEの紹介:楳図かずおのデビュー50周年を記念し制作された2006年公開のホラー作品全6作の1本。心霊スポットでの検証実験イベントに参加した心霊好きの4人が見たモノとは?という同名恐怖漫画の実写化作品。監督は「エコエコアザラク R-page」の太一。脚本は「ガラスの脳」「稀人」などの脚本で知られる小中千昭。主演は映画初出演のモデル、アリスの他、三輪ひとみ、中川安奈、仁科克基など。オープニングテーマはルルティアの「蝶ノ森」。

ネタバレを読む
映画:ファーストキル

ファースト・キルの紹介:2017年製作のアメリカ映画。ブルース・ウィリスと「スターウォーズ」シリーズのヘイデン・クリステンセン共演のクライム・アクション。狩りを楽しもうと森へ入ったウィルと息子ダニー。だが、偶然にも殺人を目撃。息子を人質にとられてしまったウィルは、地元の警察署長と共に犯人を追う…。

ネタバレを読む
映画:シークレットデイあの日少女たちは赤ん坊を殺した

シークレット・デイ あの日少女たちは赤ん坊を殺したの紹介:2014年製作のアメリカ映画。アンソニー賞&バリー賞受賞の小説『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』の映画化。少女ロニーとアリスは炎天下に放置された赤ん坊を見つけ、保護しようと連れ去った。7年後、頻発する幼児誘拐事件を捜査する刑事ナンシーは、少年院を出た二人に目をつける…。

ネタバレを読む
映画:7WISHセブンウィッシュ

7WISH セブン・ウィッシュの紹介:7つの願いが叶うオルゴールを手にした女子高生が願いをかけ、その代償に親しい人間が死んでいくという2017年のホラー映画。監督は「アナベル 死霊館の人形」のジョン・R・レオネッティ、主演は「ラモーナのおきて」のジョーイ・キング、「メイズ・ランナー」のキー・ホン・リー。日本では『未体験ゾーンの映画たち2018』で公開された。

ネタバレを読む
映画:マンソンファミリーの休暇

マンソン・ファミリーの休暇の紹介:2015年に製作されたアメリカ映画で、ジェイ・デュプラスやトビン・ベルら出演で贈るドラマ。家族と平和に暮らしている弁護士が、チャールズ・マンソンの事件に執着している兄に頼まれ、事件の起こった場所を訪ねに行く姿を描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。