「どんでん返し」映画一覧(54ページ目)

どんでん返しタグのついている映画は、伏線を張りながらの、予想がつかない驚愕のストーリー展開の作品が多く、大人向けであり、高い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「メメント」「シックスセンス」「エスター」などがあります。

映画:ソロモンの偽証(後篇・裁判)2完結
ソロモンの偽証 後篇・裁判の紹介:2015年4月11日公開の日本映画。転落死した同級生の死の謎を巡って、中学生たちが隠された真実を暴こうとする姿を描いた、宮部みゆきの同名小説を2部作として映画化したサスペンス・ミステリーの完結編。 ネタバレを読む
映画:パルプ・フィクション
パルプ・フィクションの紹介:1994年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督作品。表題は「くだらない話」という意味。マフィアが絡んだ3つの話が、時間的な流れとは異なる展開(時系列シャッフル)で描かれる。 ネタバレを読む
映画:パッセンジャーズ
パッセンジャーズの紹介:2008年制作のアメリカ映画。ある飛行機事故の生存者たちをめぐる謎を追う、若い女性セラピストの奮闘と不安を描いたサスペンス・スリラー映画。サスペンスタッチだが、意外なラストはファンタジー仕立てである。 ネタバレを読む
映画:ソロモンの偽証(前篇・事件)1
ソロモンの偽証 前篇・事件の紹介:2015年公開の日本映画。学校内で転落死した同級生の死の謎を巡り、中学生たちが生徒のみの校内裁判で隠された真実を暴こうとする姿を描く。宮部みゆきの同名小説を、2部作として映画化したサスペンス・ミステリー。 ネタバレを読む
映画:親指さがし
親指さがしの紹介:2006年公開の日本映画。山田悠介の同名小説の映画化。小学生時代の何気ない遊びで友だちを行方不明にしてしまった青年たちが、次々と恐ろしい目に遭ってゆくストーリー。コックリさんなどに代表される、都市伝説を題材にしたホラー。 ネタバレを読む
映画:ジョーカー・ゲーム
ジョーカー・ゲームの紹介:2015年公開の日本映画。柳広司のミステリー小説を、亀梨和也・主演で映画化したスパイ・サスペンス。第二次世界大戦前夜の日本を舞台に、人類の歴史を変える開発の秘密が隠された文書を巡り、各国のスパイたちの戦いを描く。 ネタバレを読む
映画:人狼ゲーム
人狼ゲームの紹介:2013年公開の日本映画。ヨーロッパで伝統的に伝わり、日本でもテレビやネットで人気に火がついた〝人狼ゲーム〟を映画化。理由もわからずに拉致された10人の高校生たちが、生き残りを賭けたゲームに挑む。 ネタバレを読む みんなの感想が16件届いてます
映画:デスノート(the Last name)後編完結編
デスノート the Last nameの紹介:2006年公開の日本映画。2部連続で映画公開された『デスノート』の後編ならびに完結編にあたる。死神のノートを手に入れた青年と、名探偵・Lとの頭脳対決が始まった。原作とは異なる結末にも注目。 ネタバレを読む
映画:デスノート(前編)
デスノート 前編の紹介:2006年公開の日本映画。人気漫画『DEATH NOTE』を原作とし、公開は邦画史上として初の前・後編の2部連続公開として企画された。死神のノートを手に入れた青年と、彼の周囲で起きる様々な事件を描く。 ネタバレを読む
映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル
オール・ユー・ニード・イズ・キルの紹介:2014年公開のアメリカ映画。桜坂洋による日本のライトノベル『All You Need Is Kill』を原作に、トム・クルーズ主演のSFアクション映画。何度も同じ日を繰り返す男が、現状を打破する話。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。