「ハラハラドキドキ」映画一覧(116ページ目)

ハラハラドキドキタグのついている映画は、窮地に立たされ、何が待ち受けているか分からない、緊張感あふれる設定の作品が多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「リーサル・ウェポンシリーズ」「ダ・ヴィンチ・コードシリーズ」「64(ロクヨン)シリーズ」などがあります。

映画:アメリ
アメリの紹介:空想好きなアメリは人を幸せにすることに喜びを覚え、多くのいたずらを仕掛ける。そんなアメリに突然恋がやってくる。人とのコミュニケーションが苦手で、恋愛に内気なアメリの恋の行方はいかに…。 2001年セザール賞の4部門を獲得したほか、多くの賞を受賞・ノミネートされた。世界的にヒットしたが、特に制作国のフランスと日本で爆発的な大ヒット。日本ではアメリの髪型や劇中に登場するクレームブリュレが流行した。 ネタバレを読む
映画:プラトーン
プラトーンの紹介:1986年公開。ベトナム戦争の地獄のような最前線で戦う兵士達の姿を描いた作品。第59回アカデミー賞作品賞受賞、第44回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞受賞。監督・脚本は「7月4日に生まれて」のオリバー・ストーン。大学を辞めて兵士を志願したクリスは、過酷なベトナム戦争の最前線にきたことに後悔していた。エリアス班長らと死線を超えていき、一人前の兵士となっていくクリス。訪れた村で虐殺をするバーンズ小隊長にエリアスが怒りをあらわにするのだった。 ネタバレを読む
映画:4デイズ
4デイズの紹介:2010年公開。アメリカに仕掛けられた核爆弾をテロリストから聞き出し、解除しようとする尋問官やFBI捜査官、軍関係者達の姿を描いた作品。出演は「スター・ウォーズ」シリーズのウィンドゥ役のサミュエル・L・ジャクソン、「マトリックス」シリーズのトリニティー役のキャリー=アン・モス。アメリカ政府に届いた一本のビデオ。ビデオにはアメリカの主要都市に3つの核爆弾を仕掛けた声明が映されていた。犯人のヤンガーを捕らえて、特別尋問官のHとFBI捜査官のブロディは彼から爆弾の場所を聞き出そうとするのだが…。 ネタバレを読む
映画:ザタウン
ザ・タウンの紹介:2010年公開。犯罪多発地域を舞台に、犯罪集団とFBIとの攻防を描いている。「アルマゲドン」「パール・ハーバー」のベン・アフレックが主演と監督した作品。共演には「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナー。彼は今作で第83回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。ボストンのチャールズタウンと呼ばれる地域では、銀行・現金輸送車強盗が多発していた。犯罪プロ集団のダグ達は銀行を手際よく襲うが、女性支店長のクレアを人質にとったことで事態は変わっていく。 ネタバレを読む
映画:処刑人Ⅱ
処刑人Ⅱの紹介:2009年公開。神の啓示を受け、悪人達を片っ端から処刑するセインツことマクナマス兄弟の活躍を描いた作品。1999年製作の「処刑人」の続編。出演は「インディー・ジョーンズ 若き日の大冒険」のショーン・パトリック・フラナリー、テレビドラマ「ウォーキング・デッド」のノーマン・リーダスなど。前作でイタリアン・マフィアのボス、ジョー・ヤカヴェッタを公衆の面前で始末して8年。友人の神父を何者かに殺され、現場にはセインツが処刑すると残されるコインがあった。事件を聞いて兄弟が再びボストンへ舞い戻る。 ネタバレを読む
映画:ジングルオールザウェイ
ジングル・オール・ザ・ウェイの紹介:1996年公開のアメリカ映画。愛する息子の信頼を勝ち取るため、クリスマス・プレゼント用の人形探しに奔走する父親の奮戦ぶりを描いたコメディ。ブライアン・レヴァントが監督を、アーノルド・シュワルツェネッガーが主演を務めた。アメリカでは1996年11月に、日本など世界各国では同年12月に公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が3件届いてます
映画:サイバーストーカー
サイバー・ストーカーの紹介:2015年製作のアメリカ映画。女性に忍び寄るネットストーカーの恐怖を描いたサスペンススリラー。初めてのひとり暮らしをすることとなった大学院生・エマ。同級生のマイケルとつき合い始めた頃から、無言電話やハッキング被害に遭うようになり…。 ネタバレを読む
映画:悪魔の涙
悪魔の涙の紹介:2010年製作。無差別殺人事件の犯人逮捕のため、筆跡から犯人の手がかりを探す文字鑑識官の活躍を描いた作品。出演は「スピーシーズ」シリーズのナターシャ・ヘンストリッジほか。多数の人達がいる駅構内で無差別殺人事件が発生する。そして犯人から市長宛てに電話と手紙が届く。2000万ドルの要求にFBI捜査官のルーカスが指揮をとることに。手紙から犯人の手がかりを得るために、元凄腕の文字鑑識官のキンカイドに復帰を求めるルーカスだった。 ネタバレを読む
映画:フューリー
フューリー(2014年)の紹介:2014年公開。第2次世界大戦中、ナチス軍に1台の戦車で戦う米軍の5人の兵士を描いた作品。監督は「エンド・オブ・ウィッチ」のデヴィッド・エアー。出演は「マネーボール」のブラッド・ピット、「ウォールフラワー」のローガン・ラーマン、「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ、「エンド・オブ・ウィッチ」のマイケル・ペーニャなど。 ネタバレを読む
映画:ハンナ
ハンナの紹介:2011年公開。世界各地を舞台に、完璧な兵士として創られ育てられた少女の姿を描いた作品。監督は「プライドと偏見」のジョー・ライト。主演は「ラブリーボーン」のシアーシャ・ローナン。「ハルク」のエリック・バナ、「ブルー・ジャスミン」のケイト・ブランシェットが出演。ハンナは幼い頃から元CIA工作員のエリックから多数の言語や格闘技などを教え込まれていた。森の中で育ったハンナは外の世界にでる決意をする。そしてエリックが用意したのは…。 ネタバレを読む
映画:バンディッツ(2001年)
バンディッツ(2001年)の紹介:2001年公開のアメリカ映画。ブルース・ウィリス主演によるテンポの良い犯罪ドラマ。銀行強盗コンビと人妻との奇妙な逃避行を描く。強盗シーンのスリルや、登場人物のかけあいのユーモアは絶品! ネタバレを読む
映画:隙間女劇場版
隙間女 劇場版の紹介:2014年公開の日本映画。AKB48の菊地あやか(「忍道 SHINOBIDO」)主演で“隙間女”の都市伝説を映画化したホラー。呪いに憑りつかれた妹を助けるために、隙間女の謎に挑む女性が体験する恐怖を描く。共演はアイドルグループ“アイドリング!!”の橘ゆりか(「カスタードプリン」)。監督は「たいむすりっぷメガネ」の永江二朗。 ネタバレを読む
映画:アルティメット2マッスルネバーダイ
アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイの紹介:2009年公開。迫力のアクションで悪と戦う者達の姿を描いた作品。2004年公開の「アルティメット」の続編。前作同様、ダミアン役はシリル・ラファエリ、レイト役はダヴィッド・ベル。ダミアンとレイトが活躍して3年、パリの13地区では犯罪が多発していた。ある日、職務質問した警官2人が秘密保安局のDISS達によって殺される。その様子を録画していたサミールがレイトにデータを預けるのだが…。 ネタバレを読む
映画:マンオンワイヤー
マン・オン・ワイヤーの紹介:2008年公開。1974年、当時世界一の高さを誇ったワールドトレードセンターで綱渡りをしたフィリップ・プティの姿を描いたドキュメンタリー映画。第81回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞など世界で多数の映画賞を受賞した作品。17歳のフィリップはワールドトレードセンターの建設を知って興奮していた。綱渡りの芸を始めたフィリップはノートルダム寺院やハーバーブリッジで綱渡りを始め、ついに411メートルの高さのワールドトレードセンターでの綱渡りを思いつく。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×