「ハラハラドキドキ」映画一覧(2ページ目)

ハラハラドキドキタグのついている映画は、窮地に立たされ、何が待ち受けているか分からない、緊張感あふれる設定の作品が多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「リーサル・ウェポンシリーズ」「ダ・ヴィンチ・コードシリーズ」「64(ロクヨン)シリーズ」などがあります。

映画:スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン:スパイダーバースの紹介:2019年公開。サム・ライミ監督「スパイダーマン」シリーズ、マーク・ウェブ監督「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、ジョン・ワッツ監督のMCU版シリーズと、これまで数多くの実写映画化シリーズが制作されてきたスパイダーマンの初めての劇場用長編アニメーション作品となる作品であり、これまでの作品とは異なり、原作では2代目スパイダーマンとして知られているマイルズ・モラレスを主人公に据え、その他にもお馴染みピーター・パーカーや、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのヒロインであり、原作ではスパイダーマンの能力を持って登場するスパイダー・グウェンことグウェン・ステイシー、スパイダー・ハムなど、様々なスパイダーマンが集結する作品。

ネタバレを読む
映画:ファースト・マン

ファースト・マンの紹介:2019年公開。ジェームズ・R・ハンセン著の、人類で初めて月面着陸を果たした男ニール・アームストロングの伝記である「ファースト・マン:ニール・アームストロングの人生」という書籍を、監督デイミアン・チャゼル、主演ライアン・ゴズリングという「ラ・ラ・ランド」でお馴染みのコンビに加え、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮で映画化した作品。第91回アカデミー賞視覚効果賞受賞。

ネタバレを読む
映画:アクアマン

アクアマンの紹介:2018年本国公開、2019年日本公開。スーパーマンやバットマンが登場することで知られる「ジャスティス・リーグ」などの、共通の世界観を持つ「DCエクステンデッド・ユニバース」の第6作目の作品であり、アクアマンの初単独作品である。「SAW」や「死霊館」といったホラー・スリラーシリーズを多く手がけてきたジェームズ・ワンを監督に迎えた作品であり、DCエクステンデッド・ユニバースに組み込まれていながらも、独立性の高い作品となっており、今作のヒットの影響で、DCは独立性の高い作品を生み出していく方針を固めた。

ネタバレを読む
映画:ウォーリー

ウォーリーの紹介:2008年公開。ディズニー・スタジオ配給・ピクサー・アニメーション・スタジオ制作の全編CGアニメ映画。アンドリュー・スタントン監督作品。人類が地球からいなくなった後の地球を舞台に、地球中に散らばっているゴミを収集して集めるお掃除ロボット「ウォーリー」と、宇宙からやってくるロボット「イヴ」の物語を描く。第81回アカデミー賞:長編アニメーション映画部門受賞作品。

ネタバレを読む
映画:ヴェノム

ヴェノムの紹介:2018年公開。ルーベン・フライシャー監督作品。マーベル・コミックス「スパイダーマン」シリーズ等に登場する人気ヴィランを主人公に据え、その誕生を描く作品。同じくマーベルコミック原作の「スパイダーマン」シリーズ、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、「マーベル・シネマティック・ユニバース」とは異なる世界観であり、今後、今作を中心とした新たなユニバースを形成していく。

ネタバレを読む
映画:ちいさな独裁者

ちいさな独裁者の紹介:「RED/レッド」などで知られるロベルト・シュヴェンケ監督が手がける、2017年のドイツ映画。第二次世界大戦末期、敗戦直前のドイツで偶然軍服を手に入れた若き脱走兵の実話を基に描いている。日本公開は2019年。

ネタバレを読む
映画:マイティソー

マイティ・ソーの紹介:2011年公開。マーベル・コミックス原作も「マイティ・ソー」シリーズの記念すべき第1作目であり、世界観を共有するマーベル・シネマティック・ユニバースの第4作目。シェイクスピア役者として名高いケネス・ブラナーを監督に迎え、クリス・ヘムズワースを主人公ソー役に抜擢。2012年公開「アベンジャーズ」のメインヴィランとなるロキも登場し、「アベンジャーズ」の前日談的な立ち位置の作品。

ネタバレを読む
映画:ラビッド

ラビッドの紹介:「ザ・フライ」「ヒストリー・オブ・バイオレンス」などを手がけたデヴィッド・クローネンバーグ監督が、1977年に監督した作品。ヒロインに、アメリカのお茶の間のアイドルからポルノ女優へ転身したマリリン・チェンバースを迎え、皮膚移植手術により人の血を求める体になってしまった女性の運命と、それが原因となって巻き起こる感染災害を描く。

ネタバレを読む
映画:犬猿

犬猿の紹介:2018年2月10日公開の日本映画。『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督が、地方都市に暮らす、まるで正反対な兄弟と姉妹という4人の男女の運命が交錯していくさまを描くユニークな人間ドラマ。マジメな弟を窪田正孝、その兄を新井浩文、印刷会社を切り盛りする姉をお笑いコンビ、ニッチェの江上敬子、その妹を筧美和子と、実力派4人が顔を揃える。

ネタバレを読む
映画:ブレインデッド

ブレインデッドの紹介:「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」でアカデミー賞を総ナメにしたピーター・ジャクソン監督が、監督デビューの頃に製作していた「スプラッタ3部作」の3本目にして、スプラッタ映画史にその名を残す、一大スプラッタ祭り映画。マザコン気味の青年・ライオネルの母親が、動物園で違法輸入した凶暴な猿に噛まれてしまい、ゾンビと化してしまう。そこから巻き起こる、空前絶後、前代未聞の殺戮劇を描く。

ネタバレを読む
映画:鬼月

鬼月の紹介:中国人富豪の屋敷に住込み家政婦として雇われたアメリカ人女性が、中華圏内の風習”鬼月”のタブーを知らずに侵し怪異に巻き込まれるという、2009年制作のアメリカのホラー映画。監督/製作/脚本は「ターミネーターX」のダニー・ドレイヴン。

ネタバレを読む
映画:ナチュラルボーンキラーズ

ナチュラル・ボーン・キラーズの紹介:クエンティン・タランティーノの脚本を元に(クレジットでは「原案」扱い)、「プラトーン」「JFK」など硬派の社会派作品を手がけてきたオリバー・ストーン監督が作り上げた、バイオレンス劇。無軌道に強盗や殺人を繰り返すカップルが、若者たちを中心に人気を集めながらも刑務所に送り込まれ、そこから脱走するまでを、バイオレンス描写をふんだんに織り交ぜながら描く。

ネタバレを読む
映画:親友の彼女

親友の彼女の紹介:2013年製作のスウェーデンの短編映画。監督は他作品で脚本や編集なども手掛けているファザード・ファルザネフ。原題は“愛は気にしない”という意味合いの『Kärleken Bryr Sig Inte』(Love Doesn’t Care)。世界の様々な短編映画祭に出品され、日本ではショートショート フィルムフェスティバル&アジアなどで度々上映された。ラブラブな恋人同士のダグとラケル。ある日ダグの友人がやって来て、2人の関係が大きく変わり始める…。

ネタバレを読む
映画:スノーマン雪闇の殺人鬼

スノーマン 雪闇の殺人鬼の紹介:ノルウェーの人気作家ジョー・ネスボのベストセラー「刑事ハリー・ホーレ」シリーズ第7作「スノーマン」の映画化作品。真冬のオスロで、酔いどれのハリー警部が現場に雪だるまを残す連続猟奇殺人鬼を追う、2016年制作の米/英/スウェーデン合作のホラー・サスペンス。監督は「裏切りのサーカス」「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン。主演は「HUNGER/ハンガー(2008年)」「プロメテウス」のマイケル・ファスベンダー。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。