「ハラハラドキドキ」映画一覧(2ページ目)

ハラハラドキドキタグのついている映画は、窮地に立たされ、何が待ち受けているか分からない、緊張感あふれる設定の作品が多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「リーサル・ウェポンシリーズ」「ダ・ヴィンチ・コードシリーズ」「64(ロクヨン)シリーズ」などがあります。

映画:ナポリ熟れた情事

ナポリ、熟れた情事の紹介:2017年製作のイタリア映画。芸術の街・ナポリで繰り広げられる美をめぐる官能ミステリー。魅力的な青年・アンドレアと関係を持った検死官アドリアーナは、直後、アンドレアの遺体と対面。死を受け入れられないアドリアーナの前に、アンドレアそっくりの青年が再び現れる…。

ネタバレを読む
映画:ビギニング

ビギニングの紹介:2015年に公開されたオーストラリア映画で、監督はマーク・ファーミー氏です。SF映画ではありますが、どちらかと言えば、核戦争を題材にした作品です。核戦争が間近に迫っている世界を背景としており、宇宙から飛来した謎の物体を手に入れた主人公とその物体を突け狙う組織の戦いが描かれています。とはいえアクション映画といった感じでもなく、メッセージ性のあるヒューマンドラマといったほうが近いかもしれません。

ネタバレを読む
映画:黒人魚

黒人魚の紹介:2018年製作のロシア映画。ロシアで長年伝わるルサールカ<水の霊>伝説をモチーフにしたファンタジー・ホラー。湖畔にある別荘に友人たちと静養にやって来たローマ。深夜、一人で湖を泳いでいると謎の女に出会うが、それ以来、彼は恐ろしい幻想に襲われ、日ごとに体力が衰えていく…。

ネタバレを読む
映画:ゾンビウォー101

ゾンビ・ウォー101の紹介:2010年に公開されたゾンビ映画です。ニーリー・ローソン監督が制作を手掛けている作品で、いわゆる群像劇ものです。多種多様な人物の行動が描かれており、目まぐるしく視点が変わるのが特徴です。とはいえ明確な主人公は存在しており、基本的に彼をメインとしたストーリーになっています。もう1つ、特徴的な点を挙げるなら、ゾンビになるまでの時間が早いというものがあります。本作では密造酒から感染するという設定になっていますが、飲んだ瞬間からゾンビになるという感染力の早さも見どころだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ドルフラングレン処刑鮫

ドルフ・ラングレン 処刑鮫の紹介:2015年に公開されたアクション映画です。サメを題材とした映画で、タイトルからも分かる通り、「人間核弾頭」と称されるドルフ・ラングレン氏が出演していますが、実際は主演ではありません。主演を演じているのはサラ・マラクル・レイン氏です。女性保安官が主人公でありながら、なぜかタイトルにはドルフ・ラングレンとついているのが特徴的です。にもかかわらず、ドルフ・ラングレン氏はあまり出てきません。

ネタバレを読む
映画:アメリカンビッグフット

アメリカン・ビッグフットの紹介:2017年に公開されたアメリカ映画で、ビッグフットを題材にしたパニックアクションものとなります。ビッグフットに次々と襲われていくという話で、それに立ち向かう警察官や公園管理官を描いています。主演は何と「グレムリン」の主人公を演じたザック・ギャリガン氏です。メインとなるキャスト勢も多く、ストーリーそのものは非常にシンプルな構成になっているので、とにかく馬鹿馬鹿しい映画を楽しみたい人にはオススメと言えるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:トラベラー

トラベラーの紹介:1974年に制作されたイラン映画で、日本では約20年後に満を持して公開された。巨匠アッバス・キアロスタミ監督の長編処女作で、今作以降の作品同様に出演者は素人を起用している。落ちこぼれで親にも見放されている少年ガッセムは、サッカーに夢中。イラン代表の一戦をどうしても観戦したい彼は、テヘランのスタジアムへ向かう計画を立てる。様々な悪事を働いて金をかき集めるガッセムだったが…。

ネタバレを読む
映画:ネクロメンティア

ネクロメンティアの紹介:部屋の中で1人、妻の死体に優しく話しかける男。男は、死んだ妻をこの世に「取り戻す」ため、ある取引をするのだが。それは、死者に取り付かれた者たちの、怨念の物語だったことが明かされていく・・・という内容で、序盤・中盤・終盤と、主人公が入れ替わる珍しい構成になっています。映像ソフトの初回リリース時のタイトルは「SAW レイザー」で、その後に原題の「ネクロメンティア」に改題されました。

ネタバレを読む
映画:アブダクションプロジェクト遭遇

アブダクション・プロジェクト ~遭遇~の紹介:UFOの目撃談など、世界各国で起きている超常現象についてアツく語るラジオ番組で、DJを務めている主人公。彼のもとに、怪しい「黒い服の男たち」に追われている女性が逃げ込んできて・・・という物語で、「エイリアン・アブダクション=宇宙人による誘拐」だけでなく、様々な超常現象の要素を取り入れた作品になっています。

ネタバレを読む
映画:スリークリミナルズ

スリー・クリミナルズの紹介:人生の転機を迎えて旅に出たいという叔父の希望を叶えるため、キャンピング・カーを購入した甥っ子兄弟。そんな「なんでもない」はずの行動が、2人を犯罪の渦中へ巻き込むことになったのでした・・・!というクライム・サスペンスで、犯罪モノですが出てくる悪人もほとんどが「憎めないキャラ」の、オフビートな感覚のドラマになっています。

ネタバレを読む
映画:ゴーストチームワン

ゴースト・チーム・ワンの紹介:低予算ながら大ヒットした「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」以来、数多く製作されるようになった「POVホラー」の形式を用いて、それを徹底的にチャカしまくったパロディ・ホラーです。POVホラーの定番である、ドキッとさせるシーンはちゃんと作り込まれていて、ゾンビ・パロディ映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」のPOVホラー版とも言える作品になっています。

ネタバレを読む
映画:KEY(キー)死体の中の遺留品

KEY(キー)/死体の中の遺留品の紹介:妻を惨殺され、その犯人が見つからず、事件が迷宮入りしてしまったという過去を持つ検死官。ある日、彼が検死した死体から、謎めいた古びた「鍵」が発見される。それ以来、彼はその鍵の虜になってしまう・・・というサスペンス・ドラマで、「謎めいた鍵」に魅入られてしまった人々の悲劇を描いた作品です。

ネタバレを読む
映画:ザ・マミー(2017年メキシコ)

ザ・マミー(2017年メキシコ)の紹介:2006年麻薬戦争時代のメキシコ。ギャングに母親を奪われた少女が、孤児たちと共に不可思議な助力を得て闘う姿を描いた2017年のメキシコのホラー・ファンタジー。監督/脚本は本作が長編デビューとなるイッサ・ロペス。ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭では48部門もの賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:永遠に僕のもの

永遠に僕のものの紹介:2018年のアルゼンチン・スペインの合作で、日本公開は2019年。かつてアルゼンチンを震撼させた連続殺人犯がいた。実在する天使のような美貌の犯人のパーソナリティに脚色して贈るクライムムービー。主演は今作が映画初出演となる話題のロレンソ・フェロ。監督は俊英ルイス・オルデガ、プロデュースは巨匠ペドロ・アルモドバル。美少年カルリートスは罪の意識もなく盗みを働いていた。学校で出会ったラモンと共に窃盗を始めたカルリートスだったが、満たされない感情により凶悪さを増していくのだった。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。