「ハラハラドキドキ」映画一覧(3ページ目)

ハラハラドキドキタグのついている映画は、窮地に立たされ、何が待ち受けているか分からない、緊張感あふれる設定の作品が多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「リーサル・ウェポンシリーズ」「ダ・ヴィンチ・コードシリーズ」「64(ロクヨン)シリーズ」などがあります。

新・極道の妻たち 惚れたら地獄の紹介:1994年製作の日本映画。極道とその妻たちとの愛や権力争いを描く『極道の妻たち』シリーズ第7弾。監督はシリーズ3作目「極道の妻たち 三代目姐」も手がけた降旗康男。脚本は「継承盃」の松田寛夫、撮影は「わが愛の譜 滝廉太郎物語」の木村大作が担当。1作目以降シリーズの大半に主演している岩下志麻が今回も主役の姐を演じる。 ネタバレを読む
ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖の紹介:「ゾンビ映画の父」と呼ばれるジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた、細菌兵器によるパニックを描いた映画です。日本では劇場未公開で、「第2のカサンドラ・クロス事件!?/細菌兵器に襲われた街」のタイトルでTV放映されました。 ネタバレを読む
DRONE/ドローンの紹介:可愛いビーバーがゾンビ化して人を襲うという!というアニマルゾンビコメディ「ゾンビーバー」を撮ったジョーダン・ルービン監督の長編2作目で、殺人鬼の魂を宿したドローンが人を襲う恐怖を描いた作品です。壊されても自ら修理を施し、殺人マシーンに変化していくドローンの暴れっぷりが見どころです。 ネタバレを読む
EXITの紹介:韓国で大ヒットした脱出アクション映画で、学生時代にロッククライミングをしていた主人公が、毒ガスが散布された高層ビルからの脱出に挑む!という物語です。主人公と共に脱出劇に挑むヒロインを、人気ガールズ・グループ「少女時代」のメンバー・ユナが演じています。 ネタバレを読む
フィアー・インクの紹介:ホラー映画が好きで、もっと怖い体験がしたい!と思っていた主人公が、現実の世界で本当に「死の恐怖」に晒されることになる・・・!というサスペンスホラーで、劇中に映画マニアの心をくすぐるようなセリフやシーンが散りばめられた構成になっています。 ネタバレを読む
レディ・オア・ノットの紹介:大富豪の一族に「嫁入り」に来た花嫁が、結婚式の夜に「新しい家族」の正体を知り、予想もしなかった恐怖に直面することになる・・・!というホラー映画で、血まみれになって「戦う花嫁」を演じたヒロインの奮闘っぷりが見ものになっています。 ネタバレを読む
サンズ・オブ・ザ・デッドの紹介:ゾンビがはびこる事態となってしまった都市部から逃げのびようとしていた女性が、砂漠地帯のど真ん中で、一匹のゾンビに付け狙われてしまう・・・!という物語で、砂漠をどこまでもノロノロと着いてくるゾンビとヒロインとの、「一風変わったロードムービー」とも言える作品になっています。 ネタバレを読む
バンデットQの紹介:「バロン」「未来世紀ブラジル」などを手掛けたテリー・ギリアム監督が1981年に撮った作品で、突如部屋の中に現れた小人たちと共に、過去の様々な時代を行き来することになる少年の冒険を描いた作品です。古代ギリシャ時代のシーンで、「007」シリーズで有名なショーン・コネリーが出演しています。 ネタバレを読む
カリフォルニア・ゾンビ逃避行の紹介:冴えない高校生が、ゾンビはびこる世界を生き抜きながら、ずっと片思いだった女子を探して旅を続ける・・・という青春ゾンビコメディで、主人公の高校生が最初にゾンビに噛まれてしまう設定が意表を突いた作品になっています。 ネタバレを読む
ファミリー・プロットの紹介:サスペンス&スリラー映画の巨匠、アルフレッド・ヒッチコック監督の遺作で、軽いタッチでコメディ要素も加えたサスペンス映画になっています。カレン・ブラック、ブルース・ダーン、ウィリアム・ディベインなど、1970年代を代表する個性派俳優が顔を揃えた作品です。 ネタバレを読む
サンダーボルトの紹介:クリント・イーストウッドが主演を務め、本作の後に「ディア・ハンター」でアカデミー賞を受賞したマイケル・チミノが監督を手がけた、1974年製作の作品です。銀行強盗を狙う派手なアクションというより、イーストウッドを中心とした人物たちを描いたロードムービー的な作品になっています。 ネタバレを読む
DEADLAND デッドランドの紹介:世界大戦が勃発した後、生き残った人々を軍部が支配するようになった世界で、生き別れになった妻を探して旅を続ける男を描いた作品です。主演のゲイリー・ウィークスが、製作と脚本も担当しています。「ビッグ・ウェンズデー」などで有名な70・80年代の青春スター、ウィリアム・カットがゲスト出演しています。 ネタバレを読む
ボディ・ダブルの紹介:「キャリー」「アンタッチャブル」などで知られるブライアン・デ・パルマ監督が1984年に手がけた、エロチック・サスペンス映画です。アルフレッド・ヒッチコック監督の「めまい」や「裏窓」などへのオマージュをふんだんに取り入れた内容になっています。「ボディ・ダブル」とは、映画に出演する役者のヌードシーンなどを、他の役者が代役で演じることを指します。 ネタバレを読む
男はつらいよ お帰り 寅さんの紹介:2019年12月27日公開の日本映画。山田洋次監督による国民的人気映画シリーズ「男はつらいよ」の、22年ぶりの新作にして通算50作目。葛飾柴又を舞台に、心温まるストーリーが描かれる。4Kデジタル修復されて甦る寅さん役の渥美清をはじめ、倍賞千恵子、吉岡秀隆、前田吟らおなじみの面々が再結集。さらに、後藤久美子が久々の女優業にカムバックを果たす。オープニング主題歌「男はつらいよ」を歌うのは桑田佳祐。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×