「ハラハラドキドキ」映画一覧(4ページ目)

ハラハラドキドキタグのついている映画は、窮地に立たされ、何が待ち受けているか分からない、緊張感あふれる設定の作品が多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「リーサル・ウェポンシリーズ」「ダ・ヴィンチ・コードシリーズ」「64(ロクヨン)シリーズ」などがあります。

映画:クロール ー凶暴領域ー

クロール ー凶暴領域ーの紹介:「死霊のはらわた」「スパイダーマン(トビー・マクガイア主演)」シリーズのサム・ライミが製作を担当し、「ヒルズ・ハブ・アイズ」「ピラニア3D」のアレクサンドル・アジャが監督を務めた、凶暴なワニの脅威を描いた作品です。残酷・ショック描写では定評のある「両巨頭」がタッグを組んだことにより、巷に溢れる「B級アニマルパニック映画」とは一線を画す、期待以上の仕上がりになっています。

ネタバレを読む
映画:4×4殺人四駆

4×4殺人四駆の紹介:2018年製作のアルゼンチン&スペイン合作映画。外から中は見えず、防弾ガラスで傷一つつかず、防音で声は一切届かない。車上荒らしで押し入った車に閉じ込められ、脱出不可能な状況に陥った男に待ち受ける衝撃の結末とは…。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。

ネタバレを読む
映画:ザフォーリナー復讐者

ザ・フォーリナー/復讐者の紹介:2017年制作のイギリス&中国合作映画。ジャッキー・チェン&ピアース・ブロスナン共演によるサスペンス・アクション。愛する娘をテロによって奪われてしまったクァン・ノク・ミン。復讐を誓った彼は、元特殊部隊のスキルを活かし犯人を捜索するなか、北アイルランドの副首相が絡んでいることを掴むが…。

ネタバレを読む
映画:スリーキラーズ

スリー・キラーズの紹介:2016年に公開されたSFアクション映画です。登場人物はたった3人だけという映画で、いわゆるループものとなります。ストーリーはいたってシンプルで、ループの中で殺し合いをしていくというもので、舞台もほぼ豪邸だけで進んでいます。さらにバイオレンスなアクションシーンも展開されていきます。なおこの映画はカナダで制作されていますが、主役を演じるのは中国系カナダ人です。そのためぱっと見は中国映画っぽいです。

ネタバレを読む
映画:あなたの知らない怖い話劇場版

あなたの知らない怖い話 劇場版の紹介:2012年に公開された日本のホラー映画です。監督は数々の映画祭で受賞を果たした川村清人です。元々はDVDとしてリリースされて人気を博した「あなたの知らない怖い話」シリーズの劇場版となっています。主演を務める森田涼花はアイドルグループ「アイドリング」の元メンバーで、他に「青春女子学園」の山川りな、グラビアアイドルの吉川麻衣子など、多数のアイドルが出演していることでも話題となりました。

ネタバレを読む
映画:ジョニーイングリッシュ3アナログの逆襲

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲の紹介:2018年制作のイギリス映画。ローワン・アトキンソン扮する英国諜報部員が抱腹絶倒の騒動を巻き起こすアクション・コメディ第3弾。英国の諜報機関MI7がサイバー攻撃を受ける事件が発生。この危機に立ち向かうため、隠居していた諜報員ジョニー・イングリッシュが呼び出されるが…。

ネタバレを読む
映画:ジョニーイングリッシュ2気休めの報酬

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬の紹介:2011年制作のイギリス映画。『Mr.ビーン』のローワン・アトキンソンが敏腕スパイに扮し、ドタバタ騒動を繰り広げるアクション・コメディの8年ぶりとなる第2作。世界を股にかけてのスパイ、イングリッシュの活躍が、『007』シリーズのパロディを交えて描かれる。『X-ファイル』シリーズのジリアン・アンダーソンがイングリッシュに振り回される上司役に。

ネタバレを読む
映画:ジョニーイングリッシュ1

ジョニー・イングリッシュの紹介:2003年制作のイギリス映画。「ビーン」の人気コメディアン、ローワン・アトキンソン主演の最新コメディが登場。スパイにあこがれる、ドジな男が巻き起こすドタバタ騒動をアクション満載で描く痛快作、第1弾!

ネタバレを読む
映画:ザデッドインディア

ザ・デッド:インディアの紹介:2013年に公開されたゾンビ映画です。「ゾンビ大陸 アフリカン」で注目を浴びたハワード・J・フォード氏とジョン・フォード氏の兄弟が監督を務める映画で、続編に当たります。とはいえストーリー的な繋がりはなく、話自体は独立しているため、本作から見始めても問題はありません。タイトルからも分かるように本作はインドを舞台としたゾンビ映画になっており、主人公はアメリカ人でいわゆるロードムービーのような要素もあります。

ネタバレを読む
映画:ぼくが処刑される未来

ぼくが処刑される未来の紹介:2012年に公開された映画です。「スーパー戦隊シリーズ」や「仮面ライダー」俳優のステップアップのための企画「TOEI HERO NEXT」の第2弾に当たる作品となります。「仮面ライダーフォーゼ」で仮面ライダーを演じた福士蒼汰氏と吉沢亮氏がメインキャストを務めています。本作は裁判員制度開始直前に思いついたアイデアが原案となっており、死刑制度が廃止された代わりに犯罪者の過去を処刑する近未来を舞台としています。

ネタバレを読む
映画:エグジットスピード

エグジット・スピードの紹介:2008年に公開されたサバイバルアクション映画です。バスの乗客と暴走族のカーチェイスから籠城戦と、いわゆるB級映画でありながら、テンポの良いアクションと個性的なキャラで評価の高い作品となっています。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のリー・トンプソン氏が主役と謳っているところもありますが、実際はデズモンド・ハリントン氏やジュリー・モンド氏のほうが主人公として描かれています。

ネタバレを読む
映画:逃走中殺人ハンター

逃走中 殺人ハンターの紹介:2010年に公開された日本の作品です。タイトルからも分かる通り、大人気バラエティ番組「逃走中」のパロディ映画となります。もしも「逃走中」が命を懸けたサバイバルゲームだったらというストーリーになっており、「逃走中」を見たことのある人ならニヤリとできる部分があるかもしれません。命がけという点を除けば、基本的な流れは「逃走中」とほぼ一緒で、ハンターから逃げつつミッションをクリアするというものになっています。

ネタバレを読む
映画:ZOMBEE ゾンビー~最凶ゾンビ蜂 襲来~

ZOMBEE ゾンビー ~最凶ゾンビ蜂 襲来~の紹介:2015年に公開されたホラー映画です。タイトルに「最凶ゾンビ蜂」とついてはいますが、蜂がゾンビ化するわけではありません。蜂に刺された人がゾンビ化します。しかもゾンビはほぼ出て来ず、基本的には蜂が人を襲う構図になっています。ですのでゾンビもの映画だと期待して観るのはオススメしません。ゾンビはおまけ的な要素で、メインは大量の蜂に襲われるシーンだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~

サイコ・ウォード 封鎖病棟~絶体絶命~の紹介:2007年に公開されたカナダのホラー映画です。「ソウ」シリーズを手掛けるLIONSGATEが買い付けた映画として話題になった作品となります。もちろん買い付けたというだけで、「ソウ」シリーズの監督が手掛けているわけではありません。いわゆるソリッドシチュエーションホラーで、封鎖された刑務所にてサイコキラーに襲われるという物語です。なお本作はPG-12に指定されています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。