「ハラハラドキドキ」映画一覧(4ページ目)

ハラハラドキドキタグのついている映画は、窮地に立たされ、何が待ち受けているか分からない、緊張感あふれる設定の作品が多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「リーサル・ウェポンシリーズ」「ダ・ヴィンチ・コードシリーズ」「64(ロクヨン)シリーズ」などがあります。

映画:危いことなら銭になる
危(やば)いことなら銭になるの紹介:1962年公開の日本映画。都筑道夫原作“紙の罠”より「黒いダイス」のコンビ池田一朗と山崎忠昭が共同で脚色、「若くて、悪くて、凄いこいつら」の中平康が監督したアクション喜劇。撮影もコンビの姫田真佐久。 ネタバレを読む
映画:アサイメント 人体制御
アサイメント 人体制御の紹介:2010年に制作されたアメリカの映画です。原題は「Caller ID: Identity」となります。心理実験をテーマとしたSFスリラーというジャンルに当てはまり、陰謀めいたストーリーが展開されていきます。複数の人物の視点から物語が描かれているのも特徴的で、映像もいろいろと飛びます。そうした複雑な構成が本作のウリでもあり、まさに心理実験と呼ぶにふさわしい内容だと言えるでしょう。 ネタバレを読む
映画:蛇娘と白髪魔
蛇娘と白髪魔の紹介:1968年製作の日本映画。楳図かずおの原作を「女賭博師絶縁状」の長谷川公之が脚色し、「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の湯浅憲明が監督した怪奇もの。撮影は「闇を裂く一発」の上原明と、特撮の藤井和文が担当。 ネタバレを読む
映画:新ポリスストーリー
新ポリス・ストーリーの紹介:1993年に公開されたジャッキー・チェン主演の映画です。1990年に香港で起きた「資産家誘拐事件」をベースにしており、実際に事件が起きた現場の一部がロケ地として使用されています。そのため従来のジャッキー映画よりもシリアスさが前面に押し出されているのが特徴的です。とはいえ警察当局からの要請もあって捜査内容は簡略化されており、すべてが実話ベースではありません。ちなみにジェット・リーが主演をするという話もあったそうです。 ネタバレを読む
映画:ゴーストホームアローン
ゴーストホーム・アローンの紹介:2019年製作のアメリカ映画。『ホーム・アローン』×『ゴーストバスターズ』×『IT/イット』! メカオタクの少年イーライは「バーグリーの怪物」を信じている。そして、パパもママも出掛けて、ひとりぼっちの夜、世にも邪悪な存在が、イーライに忍び寄る…! ネタバレを読む
映画:KILLERSキラーズ10人の殺し屋たち
KILLERS/キラーズ 10人の殺し屋たちの紹介:2019年12月20日公開のアメリカ映画。10人の殺し屋たちが騙し合いと殺し合いを繰り広げる、ニコラス・ケイジ主演のサスペンス・アクション。寂れた場末のホテル“デル・フランコ”に吸い寄せられるように集まった客は全員殺し屋。そこには正体を見せない何者かが仕掛けた恐るべき罠が隠されていた。共演はTV『ヴェロニカ・マーズ』のエンリコ・コラントーニ、「ワイルド・ストーム」のライアン・クワンテン、『命の相続人』のアンジー・セペダ。監督・脚本は「リプレイスメント・キラー」の脚本を手がけたケン・サンゼル。特集企画『MDGP(モースト・デンジャラス・シネマグランプリ)2019』にて上映。 ネタバレを読む
映画:アストロ
アストロの紹介:2018年にアメリカで制作されたSFサスペンス映画です。主演は元キックボクサーのゲイリー・ダニエルズで、日本でもお馴染みの漫画「北斗の拳」の実写映画でケンシロウ役を務めたことで話題になった人物です。その他、「シティー・ハンター」でジャッキー・チェンと共演するなど、経歴を生かしたアクションで活躍しています。もちろんこの映画でもゲイリーダニエルズのアクションは炸裂しており、その点も見どころの一つだと言えるでしょう。 ネタバレを読む
映画:リベンジタイム
リベンジ・タイムの紹介:2018年製作のアメリカ映画。ジェマ・ダーレンダーとコスタス・マンディロア共演によるリベンジスリラー。アメリカの田舎町。母を亡くしたゾーイは、義父・ジョンに毎晩のように犯され、さらに“ある仕事”の手伝いをさせられていた。ふたりは夜の街で美しい女性に狙いを定め…。 ネタバレを読む
映画:アングリーバード2
アングリーバード2の紹介:2019年製作のフィンランド&アメリカ合作映画。全世界で40億ダウンロードを超える人気ゲームアプリ「アングリーバード」の映画第2弾。飛べないトリたちが暮らす島「バード・アイランド」と、敵対するブタたちが暮らす島「ピギー・アイランド」。この2つの島を揺るがす危機が迫り、それぞれの島の住人たちは力を合わせる。主人公のトリ・レッドの声を、前作に引き続き坂上忍が務め、新キャラクターのシルヴァー役で竹達彩奈が参加。 ネタバレを読む
映画:エクスクロス魔境伝説
エクスクロス 魔境伝説の紹介:2007年に公開されたアクションホラー映画です。第1回『このミステリーがすごい!』大賞の隠し玉として出版された小説「そのケータイはXXで」を原作としています。「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」の深作健太氏と「デスノート」の大石哲也氏が、それぞれ監督と脚本を務めています。深作監督曰く、本作は「ツッコミを入れながら見てほしい映画」だそうです。そのためホラー映画でありながら、コミカルな要素も多めとなっています。 ネタバレを読む
映画:坂本君は見た目だけが真面目
坂本君は見た目だけが真面目の紹介:2014年3月15日公開の日本映画。多数のクリエイターを輩出してきた映画美学校の脚本コース初等科で選出された鳥井雅子の脚本を、「姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う」の大工原正樹監督が映画化。学校をさぼってロボット作りに励む男子中学生と、彼を授業に出席させようとする女性教師の戦いを描く。出演は「新大久保物語」の藤本泉、「映画 鈴木先生」の伊藤凌。 ネタバレを読む
映画:チャーリーズ・エンジェル(2019)
チャーリーズ・エンジェル(2019)の紹介:TVシリーズとして1970年代に放映され人気を博し、2000年代にも映画化された「チャーリーズ・エンジェル」の最新映画化です。「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが出演し、女優のエリザベス・バンクスが監督・脚本を担当。バンクスは、自らもエンジェルたちを率いる「女性ボスレー」役で出演しています。 ネタバレを読む
映画:マッドネス闇に潜む者
マッドネス 闇に潜む者の紹介:2016年に制作されたオーストラリアのホラー映画です。超低予算のホラー映画であるため、メインキャストの数も4人と少なく、制作に携わっているスタッフもそこまで多くはありません。舞台となっている古い発電所は本物の廃墟のようです。本作はクリス・ブロードハースト氏とジェームス・ブロードハースト氏の兄弟が監督と製作を担っており、片方のジェームス氏はメインキャストの1人として出演しています。 ネタバレを読む
映画:ジョンウィック3パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラムの紹介:2019年10月4日公開のアメリカ映画。キアヌ・リーブスが最強の元殺し屋に扮する「ジョン・ウィック」シリーズ第3弾。前作で組織の掟を破り、追われる身となったジョン。次々と現われる刺客との攻防で満身創痍となった彼は、かつて“血の誓印”を交わしたソフィアに協力を求めるべくモロッコへと飛ぶ…。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。