「ハラハラドキドキ」映画一覧(5ページ目)

ハラハラドキドキタグのついている映画は、窮地に立たされ、何が待ち受けているか分からない、緊張感あふれる設定の作品が多く、学生から社会人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「リーサル・ウェポンシリーズ」「ダ・ヴィンチ・コードシリーズ」「64(ロクヨン)シリーズ」などがあります。

映画:DAGON

DAGONの紹介:「ZOMBIO/死霊のしたたり」の、製作ブライアン・ユズナ&監督スチュアート・ゴードンのコンビが贈る、H・P・ラブクラフトの「インスマウスの影」を原作としたホラー映画。友人たちとボートで休暇旅行のはずが嵐に巻き込まれ、救助を求めてたどり着いた怪しい村で主人公たちが遭遇する、おぞましい恐怖体験を描く。

ネタバレを読む
映画:ドラキュリア

ドラキュリアの紹介:古典の名作として名高いブラム・ストーカーの「ドラキュラ」を原作に、大胆なアレンジを加えた映画です。大人気ホラー映画「スクリーム」の監督が手掛けるヴァンパイアアクションものです。原作の「ドラキュラ」とは全く異なる独自の設定が付け加えられており、ヴァンパイアを相手取ったアクションが見ものです。この「ドラキュリア」は人気が高く、続編が二作も作られているほどです。原作を知らなくても楽しめる作りにはなっていますが、原作を知っているとより面白いネタもあります。

ネタバレを読む
映画:エラ連続殺人鬼

エラ 連続殺人鬼の紹介:2015年製作のアメリカ映画。女子大生がシリアルキラーへと変貌を遂げるサスペンススリラー。小さな田舎町に住むエラは、心理学の課題に取り組むうちに自身に劣等感を抱いてしまう。悩んだ彼女の身にある衝動が沸き起こり、ストリップクラブへ向かったエラは人を殺してしまう。

ネタバレを読む
映画:イコライザー2

イコライザー2の紹介:2018年10月5日公開のアメリカ映画。昼は堅気の仕事に就き、夜は法で裁けない社会の悪を退治する仕事請負人(=イコライザー)に変身。2つの顔を持つ男の活躍を描く、デンゼル・ワシントン主演によるサスペンス・アクションの第2弾。CIA時代の元上司を何者かに殺されたマッコールの壮絶な復讐劇が繰り広げられる。

ネタバレを読む
映画:スチームボーイ

スチームボーイの紹介:大友克洋監督により製作され、2004年に公開された劇場用アニメ作品です。製作期間に9年を費やすなど、作画に関してかなりのこだわりを詰め込んだ作品となっており、細部にいたるまで緻密に描かれた映像が印象的な作品です。19世紀のイギリスを舞台に、発明好きの少年が画期的なエネルギーを秘めた装置であるスチームボールをめぐる争いに巻き込まれる様子を描き、科学と平和について問いかける内容となっています。

ネタバレを読む
映画:いつだってやめられる闘う名誉教授たち3完結

いつだってやめられる 闘う名誉教授たちの紹介:2018年11月16日公開のイタリア映画。落ちこぼれインテリ教授たちがドラッグ製造に手を染めるイタリア発コメディシリーズ最終章となる第3作目。服役中の神経生物学者ピエトロは、ある男が神経ガスによるテロを企てていることを突き止める。テロを阻止するため、ピエトロはかつての仲間を集める…。

ネタバレを読む
映画:いつだってやめられる10人の怒れる教授たち2

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの紹介:2018年5月26日公開のイタリア映画。2009年の欧州危機を踏まえ、学問の道を絶たれた研究者たちが日常の鬱屈を吹き飛ばすイタリア発の風刺コメディ。合法ドラッグ製造で逮捕された神経生物学者のズィンニは、警察からスマートドラッグ蔓延防止のミッションを依頼され、仲間と共に再起を図るのだが…。

ネタバレを読む
映画:いつだってやめられる7人の危ない教授たち1

いつだってやめられる 7人の危ない教授たちの紹介:2018年6月30日公開のイタリア映画。素人ギャングの顛末を独特のビジュアル感覚と小気味良いリズムで活写し、イタリアでスマッシュヒットを記録したクライム・コメディー。『いつだってやめられる』三部作の1作め。予算削減により大学の職を失ったピエトロは、元同僚で不遇をかこつ研究者たちを呼び集め、合法ドラッグを製造するが…。

ネタバレを読む
映画:クワイエットプレイス

クワイエット・プレイスの紹介:2018年9月28日公開のアメリカ映画。姿の見えない“何か”から身を潜め、物音を立てないように必死に生きる家族に迫る恐怖を描く、サスペンス・ホラー。『ヴィクトリア女王 世紀の愛』での主人公役で、数々の賞に輝いたエミリー・ブラントがヒロインのエヴリンを演じる。

ネタバレを読む
映画:ナチスインセンターオブジアース

ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アースの紹介:B級パチもん映画の総本山・アサイラム社が、タイトルからしてもう何の映画をどれだけパクったのかわからなくなるほど気合の入ったカオスっぷりを見せ付けてくれる、悪ノリアクション映画。南極の地下深くに潜んでいたナチスの残党が、現代に新生ドイツ帝国を築かんと、奇想天外な陰謀を企てる様を描く。

ネタバレを読む
映画:サイコシスター呪われた修道女

サイコ・シスター~呪われた修道女~の紹介:18年前、女生徒に殺害されたシスターの悪霊が成人した元生徒たちを殺害するという2005年制作のスペインのホラー映画。監督はルイス・デ・ラ・マドリッド。原案/脚本は「REC/レック」「機械じかけの小児病棟」のジャウマ・バラゲロ。「死霊のしたたり」シリーズで知られるブライアン・ユズナが製作総指揮に参加している。

ネタバレを読む
映画:メガピラニア

メガ・ピラニアの紹介:B級パチもん映画の総本山・アサイラム社が送る、悪ノリ動物パニック映画のひとつ。巨大化したピラニアの群れが人々を襲うという映画だが、巨大化はともかく陸地に飛び出してまで人を食いまくるメガピラニアの常識外れな捕食本能に、感動を覚えざるを得ない怪作。

ネタバレを読む
映画:シャンハイナイト

シャンハイ・ナイトの紹介:2000年公開の「シャンハイ・ヌーン」の続編です。本作はジャッキー・チェンとオーウェン・ウィルソンが共演する映画の第二弾となりますが、なんとあのカンフースター、ドニー・イェンも出演しています。ドニー・イェンは敵役として出演しており、滅多にない共演だけあって、カンフーアクション好きには堪らないものがあるかもしれません。なおシャンハイというタイトルはついていますが、実はイギリスが舞台の物語になっています。もちろん中国テイストの設定も盛り込まれています。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。