「キュンキュンする」映画一覧(16ページ目)

キュンキュンするタグのついている映画は、誰かを好きになって胸が高鳴る、苦しくなるといった気分にさせてくれるストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に支持されており、特に女性に好まれている傾向があります。代表的な映画として、「きみに読む物語」「世界の中心で、愛をさけぶ」「君に届け」などがあります。

早春物語の紹介:1985年公開の日本映画。赤川次郎・原作の同名小説の内容・設定を大幅に変更した上で映画化した。角川映画10周年記念映画。大人に変わりつつある17歳の少女が春休みに経験した恋を通じて成長していく過程を描く。

ネタバレを読む

イングリッシュ・ペイシェントの紹介:1996年制作のアメリカ映画。第二次大戦時代の北アフリカを舞台に繰り広げられる愛のロマンを描く、官能的な映像叙事詩。タイトルは『イギリス人の患者』の意。

ネタバレを読む

Wの悲劇の紹介:1984年公開の日本映画。夏樹静子の小説『Wの悲劇』が原作とクレジットされるが、小説は本映画中で上演される舞台劇の原作という形になっており、ストーリーはその舞台を演じる女優の成長と恋を描いた青春映画である。

ネタバレを読む

新しい靴を買わなくちゃの紹介:2012年公開の日本映画。脚本家として『恋愛の神様』と呼ばれ、数々のラブ・ストーリーを生み出す北川悦吏子が監督を務めた作品。中山美穂&向井理を主演に迎え、パリで出会った男女の3日間の物語が描かれる。

ネタバレを読む

ハチミツとクローバーの紹介:羽海野チカによる人気コミック『ハチミツとクローバー』を実写化した青春群像劇。一途な恋心を抱く美大生たちの報われない恋愛模様や、自分の生き方に惑う若者の姿を描いている。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。