「キュンキュンする」映画一覧(30ページ目)

キュンキュンするタグのついている映画は、誰かを好きになって胸が高鳴る、苦しくなるといった気分にさせてくれるストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に支持されており、特に女性に好まれている傾向があります。代表的な映画として、「きみに読む物語」「世界の中心で、愛をさけぶ」「君に届け」などがあります。

映画:母なる証明
母なる証明の紹介:2009年に韓国で公開され、観客動員数約300万人という大ヒット映画。精神薄弱児である息子と共に生きていくことを決意し、何もかもに背を向けてでも守ろうとする、母の強さを感じる壮絶なドラマ…という裏に、とんでもないどんでん返しを抱えている作品。 ネタバレを読む みんなの感想が11件届いてます
映画:キャント・バイ・ミー・ラブ
キャント・バイ・ミー・ラブの紹介:題名そのままにビートルズの名曲をテーマにした、ほろ苦くも微笑ましい80年代のアメリカ青春ロマンティックコメディの代表作の一つで、パトリックデンプシ―の出世作。スティ―ブ・ラッシュの自伝という話もあり。 ネタバレを読む
映画:パシフィック・リム
興行収入ランキングでは初登場6位で、2013年に開催されたハリウッド映画祭において、ジョン・ノールが視覚効果賞を受賞した。日本では通常のテレビCMに加え、日本語吹き替え版やその映像に往年の東宝特撮映画風の手書き字幕を重ねたテレビCMも公開された。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
映画:オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
現在放映中のティルダ・スウィントン・トム・ヒドルストンが主演を勤めるヴァンパイア映画。何世紀にも渡って生き続ける宿命のヴァンパイアの生き様を現代の自己破滅的な人間の多さを嘆いた風刺的映画。 ネタバレを読む
映画:ヘルタースケルター
ヘルタースケルターの紹介:2012年7月14日に公開された日本映画。R15+指定。主演・沢尻エリカの5年ぶりの映画出演作。手塚治虫文化賞漫画大賞を受賞している岡崎京子の同名コミックを実写化した、蜷川実花の監督2作目の映画。芸能界で輝くりりこの、繁栄から衰退までを描いている。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×