「キュンキュンする」映画一覧(4ページ目)

キュンキュンするタグのついている映画は、誰かを好きになって胸が高鳴る、苦しくなるといった気分にさせてくれるストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に支持されており、特に女性に好まれている傾向があります。代表的な映画として、「きみに読む物語」「世界の中心で、愛をさけぶ」「君に届け」などがあります。

2004年に公開された、スタジオジブリ製作のアニメ映画。宮崎駿監督が手掛けた長編アニメ映画としては第8作目に当たる。興行収入においては邦画歴代第3位を記録している。ソフィーは、荒地の魔女の嫌がらせでお婆さんの姿に変えられてしまう。魔法を解いてもらうため、町で噂の魔法使いハウルに会いに行くが……。 ネタバレを読む みんなの感想が4件届いてます
2007年製作のアメリカ映画。2001年のドイツ映画「マーサの幸せレシピ」のリメイク作品でもある。マンハッタンのレストランで料理長を務める完璧主義者のケイトは、突然亡くなった姉の娘ゾーイと一緒に暮らすことになる。その頃、新たな副料理長としてお気楽なニックが入ってくるが、性格が正反対のふたりは馬が合わず厨房で喧嘩ばかりすることに...。 ネタバレを読む
有川浩さん原作の大人気小説を2013年に実写化! そのヒロイン・笠原郁を榮倉奈々、彼女の憧れの王子様・堂上篤を岡田准一が演じたのですが、そのカップリングは雑誌「ダ・ヴィンチ」の誌上アンケートでぶっちぎりのトップをとったキャスティングでした。 監督はアクションを得意とする佐藤信介氏。 航空自衛隊・陸上自衛隊の協力を得てその描写もリアルな作品に仕上がりましたました。   ネタバレを読む
2015年公開のアメリカの作品。日本でも大ヒットを記録した2013年公開の「アナと雪の女王」のスピンオフ作品で、実写映画 『シンデレラ』 と同時上映された作品です。 大ヒット作「アナと雪の女王」に登場した、アナ、エルサ、クリストフ、スヴェンなどおなじみのキャラクターたちのその後を描いた短編アニメーションです。アナの誕生日をサプライズで祝うべく一生懸命準備していたエルサとクリストフでしたが、エルサの魔法の力のせいで、サプライズ誕生日パーティはちょっとおかしなことになってしまい…。   ネタバレを読む
2013年のアメリカ映画。2011年制作の「マイティ・ソー」の続編。 2012年制作の「アベンジャーズ」の戦いの1年後、アスガルドに戻ったソーは、宇宙の9つの世界で起こっていた混乱を解決すべく奮闘していました。そんな時、インフィニティ・ストーンの一つ”エーテル”の力を使い、世界を闇に包もうとするダークエルフのマレキスが現れます。果たしてソーは、マレキスの邪悪な野望を阻止することができるのか…。世界を救うため、マイティ・ソーの新たな戦いが始まる! ネタバレを読む
2014年公開の日本映画。早逝の作家・佐藤泰志による小説を新進気鋭の女性監督・呉美保が映画化、その脚本に惚れ込んだ綾野剛さんが主人公・佐藤達夫を静かに熱演しています。同じく佐藤泰志原作の2010年「海炭市叙景」、2016年「オーバー・フェンス」とともに”函館三部作”とも呼ばれており、根強いファンがいます。 ネタバレを読む
「ラブソングができるまで」は2007年に公開されたアメリカの映画です。「トゥー・ウィークス・ノーティス」「噂のモーガン」などのマーク・ローレンス監督で、キャストはヒュー・グラントとドリュー・バリモアが出演。音楽が織りなすロマンティックコメディーで作中に使用される様々なジャンルの音楽にも注目です。 ネタバレを読む
フィンランド・ヘルシンキを舞台に「かもめ食堂」という日本食の食堂を一眼勃起して開いたサチエは、図書館で一人ムーミンの本を読むミドリに声を掛ける。フィンランドにビビっときて日本を飛びだしたマサコ、日本かぶれの青年トンミも加わり、ゆったりと流れるヘルシンキの時間と、北欧独特の色彩の街を、美味しい食事で彩りながら日々を暮らす人々との交流を丁寧に描く。郡ようこ原作、荻上直子監督。2006年公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が6件届いてます
ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋の紹介:2019年製作のアメリカ映画。オスカー女優のシャーリーズ・セロンと『40歳の童貞男』のセス・ローゲンが共演したラブコメディ。才色兼備な国務長官に恋をしたさえないジャーナリストの奮闘を、男女逆転のシンデレラストーリーとして描く。共演は「猿の惑星」新3部作のアンディ・サーキス、『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルドら。監督は『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン。 ネタバレを読む
男はつらいよ お帰り 寅さんの紹介:2019年12月27日公開の日本映画。山田洋次監督による国民的人気映画シリーズ「男はつらいよ」の、22年ぶりの新作にして通算50作目。葛飾柴又を舞台に、心温まるストーリーが描かれる。4Kデジタル修復されて甦る寅さん役の渥美清をはじめ、倍賞千恵子、吉岡秀隆、前田吟らおなじみの面々が再結集。さらに、後藤久美子が久々の女優業にカムバックを果たす。オープニング主題歌「男はつらいよ」を歌うのは桑田佳祐。 ネタバレを読む
午前0時、キスしに来てよの紹介:2019年12月6日公開の日本映画。みきもと凜の同名少女漫画をGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」の橋本環奈主演で映画化。おとぎ話のような恋に憧れる優等生の日奈々は、撮影に来た国民的スターの楓と運命的な出会いをする。監督は「ひるなかの流星」の新城毅彦。普通の女子高生がスーパースターと恋に落ちるシンデレラストーリーを描く。 ネタバレを読む
ラブ&ドラッグの紹介:2010年に公開された作品。バイアグラを一躍ヒット商品にしたセールスマンのジェイミー・レイデイのノンフィクション自伝小説『涙と笑いの奮闘記 全米セールスNo.1に輝いた<バイアグラ>セールスマン』を原作としている作品である。監督を務めたのは『ラストサムライ』などの監督として知られるエドワード・ズウィック。主演はジェイク・ギレンホールとアン・ハサウェイ。 ネタバレを読む
わんわん物語(2019)の紹介:2019年公開のウォルト・ディズニー・スタジオ製作の作品。1955年公開の『わんわん物語』の実写リメイク作品であり、主人公とヒロインの犬に実際の犬を起用して製作された。ディズニーが展開する動画ストリーミングサービス『Disney+』オリジナル作品として製作され、サービス開始と同時に配信が開始された。監督はチャーリー・ビーン。(商品画像はリメイク前の原作。) ネタバレを読む
ロマンスドールの紹介:2020年1月24日公開の日本映画。『百万円と苦虫女』のタナダユキが脚本・監督を務め、自らが執筆した小説を映画化したラブストーリー。ひょんなことからラブドール職人となった夫と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻、それぞれ抱える夫婦の嘘や秘密を描きだす。高橋一生がラブドール職人の夫を、蒼井優がその妻を演じ、『リリィ・シュシュのすべて』以来、19年ぶりにスクリーンで共演を果たす。 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×