「キュンキュンする」映画一覧(5ページ目)

キュンキュンするタグのついている映画は、誰かを好きになって胸が高鳴る、苦しくなるといった気分にさせてくれるストーリー展開の作品が多く、学生から大人まで、幅広い年齢層に支持されており、特に女性に好まれている傾向があります。代表的な映画として、「きみに読む物語」「世界の中心で、愛をさけぶ」「君に届け」などがあります。

映画:エンシェンと魔法のタブレット(もうひとつのひるね姫)

エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~の紹介:2017年公開。神山健治監督によるオリジナル長編劇場版アニメ「ひるね姫 知らないワタシの物語」へとつながる短編作品。「ひるね姫」本編の主人公である高校生・森川ココネの夢に現れる、もうひとりの主人公エンシェンの冒険が描かれ、その他のキャラクターたちの映画では描かれないエピソードも展開する。監督・原作・脚本を「ひるね姫」本編同様に神山健治が務め、キャストも高畑充希ら映画版と同じ声優陣が揃う。映画公開に先駆けてHuluで配信された。

ネタバレを読む
映画:フェリックスとローラ

フェリックスとローラの紹介:謎多き孤独な女性と、彼女に一途に想いを寄せる男性との濃密な愛の物語をサスペンス調に綴る。
2000年のフランス映画。監督・脚本は『髪結いの亭主』や『仕立て屋の恋』などの巨匠パトリス・ルコント。

ネタバレを読む
映画:夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女の紹介:冴えない先輩と彼が恋する後輩。2人は個性的な仲間と不思議な事件に巻き込まれながら、季節を過ごしていく。2人それぞれの視点で描かれ、1年が一夜で過ぎるというファンタスティックな恋愛アニメ。
山本周五郎賞を受賞した森見登美彦の同名小説を、アニメーション監督の湯浅政明により2017年に映画化。多数の国際映画祭に出品され、オタワ国際アニメーションフェスティバル長編部門では日本作品として初めてグランプリを受賞、日本アカデミー賞では最優秀アニメーション作品賞に輝いた。

ネタバレを読む
映画:ひるなかの流星

ひるなかの流星の紹介:2017年3月24日公開の日本映画。女子高生の初恋の行方を描き、同世代から絶大な人気を誇る、やまもり三香の人気コミックを永野芽郁ら注目の若手キャストの共演で映画化したラブストーリー。まだ恋を知らない女子高生と担任教師、クラスメイトとの三角関係がつづられる。

ネタバレを読む
映画:ファーストタイム素敵な恋の始め方

ファースト・タイム 素敵な恋の始め方の紹介:2012年制作のアメリカ映画。恋の初心者の男女が、手探りで素敵な恋を始めていく姿を描いている。ブリット・ロバートソンとディラン・オブライエン共演で贈るラブコメディ。

ネタバレを読む
映画:ピーチガール

ピーチガールの紹介:2017年5月20日公開の日本映画。上田美和の人気コミックを、山本美月とHey! Say! JUMPの伊野尾慧主演で実写映画化した青春ラブストーリー。ギャル風な外見から遊び人と疑われているピュアな女子高生の恋の行方が描かれる。

ネタバレを読む
映画:今日、キミに会えたら

今日、キミに会えたらの紹介:2011年制作のアメリカ映画。不法滞在の経歴から、遠距離恋愛となったカップルの姿を描いている。サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した作品。アントン・イェルチン、フェリシティ・ジョーンズ、ジェニファー・ローレンスらが出演したラブストーリー。今作はキャノンの一眼レフで全編撮影され、台詞や演技はすべて即興で行われた。

ネタバレを読む
映画:美しい絵の崩壊

美しい絵の崩壊の紹介:大親友の女性同士が、互いの息子と恋に落ちる。愛情の裏に生まれる苦悩や戸惑いを描いた濃密なラブストーリー。
2013年のオーストラリア・フランスの合作で、イギリスのノーベル文学賞作家ドリス・レッシングの小説『グランド・マザーズ』を大幅に脚色した。監督は『ココ・アヴァンシャネル』『ボヴァリー夫人とパン屋』のアンヌ・フォンテーヌ。R15+指定作品で、原題は『TWO MOTHERS』。

ネタバレを読む
映画:今年の恋

今年の恋の紹介:小料理屋の看板娘とエリート大学院生。いがみ合い素直になれない2人には口げんかが絶えないが、次第に互いに惹かれていく。
1962年のお正月映画として公開された木下恵介の脚本・監督作。軽妙洒脱な喜劇調のラブストーリー。

ネタバレを読む
映画:好きになるその瞬間を告白実行委員会2

好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~の紹介:2016年12月17日公開の日本アニメーション映画。クリエーターユニット『HoneyWorks』の曲を中心にしたプロジェクト『告白実行委員会~恋愛シリーズ~』アニメ映画第2弾。中学の先輩・恋雪に恋する雛は、彼と同じ高校に進学。一方恋雪は片思いの相手を振り向かせようと、イメージチェンジを図る。

ネタバレを読む
映画:きょうのキラ君

きょうのキラ君の紹介:2017年2月25日公開の日本映画。『近キョリ恋愛』などで有名な作者・みきもと凛の同名作を、中川大志&飯豊まりえ主演で映画化したラブストーリー。誰にも言えない秘密を抱えた学校一のモテ男と不器用な女子高生の純愛を描く。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。