「実話/ノンフィクション」映画一覧(17ページ目)

火垂るの墓(2008年 実写版)の紹介:2008年公開の日本映画。野坂昭如の原作で1988年にアニメ映画化されている『火垂るの墓』を、新たに実写映画化。混乱した戦時下を自力で生き抜こうとする兄妹の痛切な運命を描く。

ネタバレを読む

キタキツネ物語 35周年リニューアル版の紹介:2013年公開の日本映画。1978年に公開されヒットした『キタキツネ物語』をリニューアルした感動作。厳しい北の大自然の中で、野生動物として必死に生きるキタキツネ一家の誕生から子別れまでを描く。

ネタバレを読む

愛のむきだし(ディスク2)の紹介:2009年公開の日本映画。園子温監督の代表作。3時間57分に及ぶ純粋かつ壮絶な恋愛叙事詩&謎の新興宗教団体に脅かされる少年少女の愛と闘いを濃密に描く完結編。出会った若者3人が辿りつく、究極の結末とは!?

ネタバレを読む

日本のいちばん長い日(2015年)の紹介:2015年8月8日公開の日本映画。混迷極める太平洋戦争末期の日本において国の行く末を模索する人々の姿を描いた、半藤一利のノンフィクション小説を、戦後70年を控えて映画化。

ネタバレを読む

マイ・バック・ページの紹介:2011年公開の日本映画。川本三郎による同名ノンフィクション小説を基に、1960年代後半という激動の時代に出会った2人の青年が理想と現実の狭間で揺れ動く姿を描く。タイトルはボブ・ディランの曲名から。

ネタバレを読む

ブラックホーク・ダウンの紹介:2001年制作のアメリカ映画。リドリー・スコット監督が、実際にソマリアで起こった15時間に及ぶ壮絶な激闘を映画化。敵地に取り残された兵士たちの姿を、圧倒的な臨場感で描き出す戦争映画。

ネタバレを読む

ファッションが教えてくれることの紹介:2009年公開のアメリカ映画。ファッション雑誌『ヴォーグ』アメリカ版の編集長アナ・ウィンターと、雑誌編集に密着したドキュメンタリー。ファッション界におけるアナの仕事ぶりや私生活について描く。

ネタバレを読む

瀬戸内少年野球団・青春篇 最後の楽園の紹介:1987年公開の日本映画。1984年の『瀬戸内少年野球団』の続編。瀬戸内の淡路島で終戦を迎えた野球少年少女の、10年後の東京での青春模様を描く。

ネタバレを読む

クライマーズ・ハイの紹介:2008年公開の日本映画。『半落ち』の作家・横山秀夫の同名小説を、堤真一ら実力派俳優共演で映画化。1985年の日航機墜落事故取材に奔走する新聞記者たちの姿を、パワフルな演出で追う社会派ドラマ。

ネタバレを読む

沈まぬ太陽の紹介:2009年公開の日本映画。『白い巨塔』などで知られる国民的作家・山崎豊子の同名小説を、渡辺謙主演で映画化。昭和40~60年代という激動の時代を舞台に、会社のために心血を注ぐ男のドラマが描かれる。

ネタバレを読む

フラガールの紹介:2006年公開の日本映画。町興しのためレジャー施設の誕生に向けて奔走する人たちの話を描く感動作。松雪泰子が、東京からフラダンスを教えに来るダンスの先生役で主演。豊川悦司、蒼井優らと競演している。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。