「実話/ノンフィクション」映画一覧(2ページ目)

実話/ノンフィクションタグのついている映画は、実際にあった出来事を設定にしており、説得力のある、深く脳裏に焼き付くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「それでも夜は明ける」「ダンケルク」「シンドラーのリスト」などがあります。

映画:ほんとにあった!呪いのビデオ59

ほんとにあった!呪いのビデオ59の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2014年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第59作。57巻から続く三部作の完結編「邪心 後編」、転落死の現場に異様なモノが映り込む「現場」、つぶれたキャンプ場での怪異「テープ」など7本を紹介する。演出/構成/編集は本シリーズと深い因縁があり長年演出補として活躍してきた菊池宣秀。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:ビューティフル・ボーイ(2019年)

ビューティフル・ボーイの紹介:2018年のアメリカ映画で、日本公開は2019年4月。8年もの歳月をかけ薬物依存を克服し、現在は脚本家として活動する息子と、彼を支え続けた父や家族の姿を切実に描き出した感動の実話。父と息子それぞれの回顧録を原作に、ベルギー人監督のフェリックス・ヴァン・フルーニンゲンが見事に映像化した。タイトルはジョン・レノンの同名曲に由来。R15+作品。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ58

ほんとにあった!呪いのビデオ58の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2014年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第58作。前巻57巻の続編「邪心 中編」、古い吊り橋での怪異「吊り橋」、楽しげな遊園地の映像にかぶる不気味な人影「遊園地」など7本を紹介する。演出/構成/編集は本シリーズと深い因縁があり長年演出補として活躍してきた菊池宣秀。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:リグレッション

リグレッションの紹介:2015年公開のアメリカ&カナダ&スペイン合作映画。スペインの鬼才アレハンドロ・アメナーバル監督が、80年代にアメリカで起きた悪魔崇拝者による事件を基に描くサスペンス・スリラー。父親からの虐待を告発した少女の取り調べを始めた刑事が、事件の裏に潜む巨大な闇の存在に迫っていく姿がつづられる。刑事をイーサン・ホーク、被害者の少女をエマ・ワトソンが演じる。

ネタバレを読む
映画:ミッション

ミッションの紹介:1986年のイギリス・フランス合作の歴史ドラマ。18世紀末の南アメリカ先住民の悲劇を描いた作品で、主演はロバート・デ・ニーロ、ジェレミー・アイアンズが務めた。第39回カンヌ国際映画祭ではパルムドールを受賞し、第59回アカデミー賞では撮影賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ57

ほんとにあった!呪いのビデオ57の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2014年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第57作。”復讐サイト”にまつわる奇異な事件を追う3部作「邪心 前編」、廃墟で映り込んだ異様な存在「棲んでいる」など7本を紹介する。演出/構成/編集は本シリーズと深い因縁があり長年演出補として活躍してきた菊池宣秀。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ56

ほんとにあった!呪いのビデオ56の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2014年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第56作。交際中の動画を流布され自殺を遂げた女性の怨念「リベンジ」、拾った手鏡に映り込んだ怪異「手鏡」など7本を紹介する。演出/構成/編集は本シリーズと深い因縁があり長年演出補として活躍してきた菊池宣秀。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
映画:ミッドナイトエクスプレス

ミッドナイト・エクスプレスの紹介:「エンゼル・ハート」「ミシシッピー・バーニング」などを手がけたアラン・パーカーが監督を務め、「プラトーン」「JFK」のオリヴァー・ストーンの書いた脚本を映画化した作品。トルコから麻薬のハシシをアメリカへ持ち帰ろうとして捕まり、トルコ政府により見せしめのため、30年に渡る刑期を言い渡された青年の苦悩の日々を描き出す。

ネタバレを読む
映画:海難1890

海難1890の紹介:1890年に日本で起こった海難事故「エルトゥールル号遭難事件」とイラン・イラク戦争におけるトルコの邦人救出を描いた作品で、制作は日本とトルコの合同で行われています。第39回日本アカデミー賞では10部門にノミネートされるなど多くの評価を受けた話題作でもあります。主演女優の忽那汐里とトルコ人俳優のケナン・エジェは2つの時代にまたがった異なる役を演じており、英語でのやりとりも多く見られる作品です。

ネタバレを読む
映画:ファースト・マン

ファースト・マンの紹介:2019年公開。ジェームズ・R・ハンセン著の、人類で初めて月面着陸を果たした男ニール・アームストロングの伝記である「ファースト・マン:ニール・アームストロングの人生」という書籍を、監督デイミアン・チャゼル、主演ライアン・ゴズリングという「ラ・ラ・ランド」でお馴染みのコンビに加え、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮で映画化した作品。第91回アカデミー賞視覚効果賞受賞。

ネタバレを読む
映画:誰も知らない

誰も知らないの紹介:2004年に製作された是枝裕和監督によるヒューマンドラマ。実際に起きた事件を原案に、母親の家出により生活が困窮していく子どもたちの姿を描いていく。主人公を演じた柳楽優弥の演技は高く評価され、第57回カンヌ国際映画祭では史上最年少で男優賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:OK牧場の決斗

OK牧場の決斗の紹介:1957年にアメリカで製作された西部劇。実際に起きたワイアット・アープとクラントン兄弟との闘いを映像化した作品で、主演はバート・ランカスター、カーク・ダグラスが務めた。保安官と無法者のギャンブラーの友情と、悪党一味との激しい争いを描いていく。

ネタバレを読む
映画:その街のこども劇場版

その街のこども 劇場版の紹介:2010年11月20日公開の日本映画。阪神・淡路大震災をテーマに、NHKで放送されたドラマ「その街のこども」に新たな映像を加え、再編集バージョンで映画化。「メゾン・ド・ヒミコ」の渡辺あやが脚本を担当し、子どものころに震災を体験した男女が抱える傷や未来への希望を描く。実際に震災を体験している森山未來と佐藤江梨子の真に迫った演技に心を揺さぶられる。

ネタバレを読む
映画:ラビング 愛という名のふたり

ラビング 愛という名のふたりの紹介:2016年の英・米合作。異人種間の結婚を禁じる州があった1950年代のアメリカ。法律に抗いながらも夫婦愛を貫いたラビング夫妻の実話を、名優コリン・ファースがプロデューサーに名乗り出て映画化。監督・脚本は『MUD マッド』のジェフ・ニコルズ。主演のジョエル・エドガートンとルース・ネッガの演技が各映画祭で高い評価を受けた。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。