「実話/ノンフィクション」映画一覧(20ページ目)

真夏のオリオンの紹介:2009年公開の日本映画。池上司の小説『雷撃深度一九・五』を原作とする。64年前に書かれた楽譜「真夏のオリオン」をめぐって繰り広げられる人々の思い、男たちの絆を描いた作品。

ネタバレを読む

八甲田山の紹介:1977年公開の日本映画。新田次郎の小説『八甲田山死の彷徨』をもとに、八甲田雪中行軍遭難事件を題材に扱った作品。劇中での北大路欣也の台詞「天は我々を見放した」は、当時の流行語にもなった。

ネタバレを読む

チェンジリングの紹介:2008年制作のアメリカ映画。1920年代に起きた実話をもとに映画化。「チェンジリング」とは「取り替え子」という意味で、自分の子が醜い子に取り替えられるヨーロッパの伝承に基づいた言葉。

ネタバレを読む

夏の終りの紹介:瀬戸内寂聴が自らの体験を基に描いたロングセラー同名小説を映画化。妻子がありながら不倫を続ける男、昔関係を持っていた年下の男、二人の間で揺れ動く女性の心情を描いている。2013年公開。

ネタバレを読む

「抱きしめたい~真実の物語~」の紹介:実話に基づいた話で、山本つかさは不運な交通事故により一人では歩けない体と記憶障害になってしまいます。ある日、タクシードライバーの小柳雅己と出会い、互いに惹かれ合いさまざまな困難を乗り越えていきます。

ネタバレを読む

レナードの朝の紹介:1990年制作のアメリカ映画。オリバー・サックス医師の実体験による著作を基として描いたヒューマンドラマ。30年昏睡状態であった患者と、その担当医師との闘病生活を描いた感動的な作品である。

ネタバレを読む

きな子~見習い警察犬の物語~の紹介:2010年公開の日本映画。警察犬試験に何度も失敗している見習い警察犬きな子と、見習い訓練士・杏子の成長物語。きな子は香川県丸亀警察犬訓練所に実際に所属している「ズッコケ見習い警察犬」をモデルとしている。

ネタバレを読む

太平洋ひとりぼっちの紹介:1963年公開の日本映画。海洋冒険家の堀江謙一が出版した手記を映画化した、石原プロモーションの映画製作第一回作品である。当時設立間もない円谷プロが特撮を手掛けたことでも有名である。

ネタバレを読む

硫黄島からの手紙の紹介:2006年公開のアメリカ映画。『父親たちの星条旗』につづく、第二次世界大戦においての硫黄島での戦いを、日米双方の立場から描いた「硫黄島プロジェクト」の、日本側の視点からの作品である。

ネタバレを読む

シャインの紹介:1996年公開のオーストラリア映画。ピアノの天才少年と呼ばれて、一度は精神を病みながらハンディキャップを乗り越えて復帰した実在のピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴッド(1948-)の半生を基に描く感動の音楽ドラマである。

ネタバレを読む

300<スリーハンドレッド>の紹介:2007年公開のアメリカ映画。フランク・ミラー原作のグラフィックノベル『300』を元に、ペルシア戦争のテルモピュライの戦いを描いた作品。日本ではR15+指定。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。