「実話/ノンフィクション」映画一覧(3ページ目)

実話/ノンフィクションタグのついている映画は、実際にあった出来事を設定にしており、説得力のある、深く脳裏に焼き付くストーリー展開の作品が多く、子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれています。代表的な映画として、「それでも夜は明ける」「ダンケルク」「シンドラーのリスト」などがあります。

カポーティの紹介:2005年制作のアメリカ映画。「フォックスキャッチャー」などで知られるベネット・ミラー監督の長編映画デビュー作で、作家のトルーマン・カポーティが代表作「冷血」を書き上げるまでの6年間を描いている。主演のフィリップ・シーモア・ホフマンは、本作の演技で第78回アカデミー賞の主演男優賞を受賞した。日本公開は2006年。 ネタバレを読む
日本版のキャッチコピーは「愛と美味しい料理があれば、人生は三つ星★★★」。普段はペンキ職人だが一流料理人の味を再現できる男と、三つ星レストランシェフだが新作メニューが浮かばない男との可笑しくも暖かな交流を描くヒューマンコメディ。春の新作メニューで人生の一発逆転は狙えるのか...!? ジャン・レノ主演のフランス映画。2012年公開作品、85分。 ネタバレを読む
2012年製作のアメリカ映画。オーランドからアトランタへ向かう飛行機の機長であるウィップ・ウィトカー。彼は機体トラブルにより背面飛行をし、緊急着陸を行って多くの乗客たちの人命を救って、一躍時の人として英雄扱いされる。しかし事故当時の彼からアルコールが検出され、疑問を感じたマスコミたちが騒ぎ立て、一転して容疑者となってしまう…。 ネタバレを読む
2010年公開の日本映画です。 「かつて、刀ではなく算盤で家族を守った武士がいた」___という言葉の通り、これは実在する”家計簿”から紐解かれた一人の武士と、その家族の物語です。 自身の算盤バカぶりと、徹底した教育により次世代に至るまで多くのものを守り通した男。 維新を経て、明治へと時代が変わる中でも揺るがなかったその絆を森田芳光監督が丹念に描いています。 ネタバレを読む
2200人もの乗客と乗員を乗せたまま沈没した大型豪華客船タイタニック号の海難事故をベースに、上流階級の娘と貧しい青年の悲恋を描く感動のスペクタクル。 アカデミー作品賞、監督賞をはじめ11部門を受賞するという快挙を達成し、世界中で大ヒットを記録しました。 日本国内でも異例のロングラン公開となり、レオナルド・ディカプリオの人気を決定づけた作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が5件届いてます
2002年公開の日本映画です。 世界のビデオの標準となったVHSの開発を、一人のエンジニアの姿を通して描いています。 日本ビクター、ソニー、松下電器など、当時の会社名がリアルに登場し、まるでNHKの”プロジェクトX”を見ているかのような、胸の熱くなる物語です。 ネタバレを読む
アメリカのワイオミング州中西部に位置するウインド・リバーは厳寒の大自然に囲まれたインディアン居住地である。野生動物局のハンターであるコリー・ランバットは、そのウインド・リバーに家畜を荒らす害獣を駆除しに向かったが、雪原に裸足の少女の遺体を発見する。FBIからジェーン・バナーが派遣され、コリーがジェーンをサポートしながら厳寒の地で捜査が始まると、その過程でアメリカ社会の闇も見えてくることになる。 2017年 アメリカ合衆国で公開 テイラー・シェリダン監督 ネタバレを読む
2008年9月公開の日本映画。 東京でチェロ奏者として暮らしていた男が失業し、故郷・山形に戻った。 仕事を探す彼の目に留まったの「旅のお手伝い」という求人広告。 高給保障という文字に惹かれてその会社を訪ねてみると、それは”納棺師”という未知のお仕事だったのです。 ネタバレを読む
2011年10月公開の日本映画です。 売れない漫画家の妻・ハルさんと、真面目なサラリーマンの夫・ツレ。 結婚五年目に訪れた夫婦の危機…それは突然のツレのうつ病発症でした。 これは漫画家・細川貂々さんが自らと夫におこったことを記したコミックエッセイをもとに実写化した夫婦の軌跡です。 ネタバレを読む
2015年制作のアメリカ映画。スティーブン・スティルバーグ監督、マット・チャーマンとコーエン兄弟脚本による歴史・伝記・ドラマ・政治・アクション・戦争・スパイ・スリラー映画である。舞台は冷戦下のアメリカ、弁護士のジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、アメリカFBIに捕まったソ連側のスパイであるルドルフ・アベルの弁護をすることになる。冷戦情勢は次第に悪化していき、ソ連側でも同じくアメリカ側のスパイが捕まったことが分かり...。 ネタバレを読む
2010年公開のアメリカ映画。監督は「トップ・ガン」や「ビバリーヒルズ・コップ2」のトニー・スコット。トニー・スコットは、この作品が最後の監督作品となった。主演は「ボーン・コレクター」や「フライト」などのデンゼル・ワシントン、共演に「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン他。 実際にあった貨物列車の暴走事故を基にした物語。無人走行を始めた貨物列車777号には、大量の燃料と共に発火性の強い有毒化学物質が積まれていた。力行(アクセルを踏んだような状態)の列車は加速していく。大惨事を回避するために大ベテランの機関士と、新米車掌が暴走事故の解決に挑む。 ネタバレを読む
横山秀男原作の長編小説を、堤真一主演で描いたミステリーヒューマンドラマ。1985年8月12日、夕刻。一機の日航機が御巣鷹山に激突した。第一報が入り、北関東新聞社の遊軍記者、悠木をはじめとして記者達は事故直後の状況を「どれだけスクープできるか」という高度な情報戦と、圧倒的な被害に押しつぶされそうになりながら、戦後最大の国内飛行機事故に迫る。2008年公開作品。原田眞人監督、145分。 ネタバレを読む
2006年のアメリカ映画。 原作は、マーヴェルヒーローのデアデビルの生みの親であり、アメコミ業界改革の足掛かりともなった傑作『バットマン:ダークナイト・リターンズ』の作者であるフランク・ミラーのグラフィック・ノヴェル。 古代ギリシア史に燦然と輝く大英雄・スパルタ王レオニダス一世が、300人の兵士たちと共にペルシア帝国100万の軍勢を迎え撃ったデュルモピライの激闘を、鬼才ザック・スナイダーが描いた。   ネタバレを読む
名古屋の女子高校に通う工藤さやかはいつも遊び惚けていて学校では一番できの悪いクラスに入れられていた。 ある日さやかは、カバンの中にタバコを入れていることを学校に見つかり自宅謹慎となってしまう。 自宅謹慎となったさやかは、母親から勧められた学習塾の入校テストを受け、目標とする受験校をイケメンが多そうと慶應義塾大学に決めた。 そして母親の支えや自分の可能性を信じてくれる塾の先生と出会い、全く勉強してこなかったさやかはそこから確実に変わり始める。 2015年の日本映画 監督:土井裕泰 ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。

×